武将な街道めぐり | 鳥居畑古戦場!阿部加賀守、数千の大軍に切り込み討ち死に! | 地図付き | 武るる 武将と城の旅。時々観光とグルメ(地図付き)
新型コロナウイルスに関する情報について
「武るる 日本全国の武将と城の旅。ときどき観光とグルメ」 武将な寺社街道めぐり、
鳥居畑古戦場の紹介です。
武田勝頼vs織田信長、「信長怒涛の甲州征伐~勝頼滅びへの道~天目山の戦い」の史跡めぐりの旅
ともリンクしていますので、よろしくお願いします。

史跡名 ゆかりの武将 住所
鳥居畑古戦場 武田軍:阿部加賀守、秋山民部少輔、秋山弥十郎、小山田平左衛門、同弥介、齋藤作藏、武田勝頼
織田軍:織田信忠、河尻肥前守、滝川左近将監、毛利河内守、水野監物·、同惣兵衛、津田孫十郎、稲葉彦六郎、丹羽勘介、織田源吾、同赤千代丸、塚本小大膳、簗田彦次郎、梶原平二、関甚五兵衛、辻弥兵衛
山梨県甲州市大和町田野
誤字やリンク切れ等がございましたら、コメントにてお知らせくださいますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _ )m
スマホで地図が表示されない場合、一度前の記事に戻ってもらい再度次の記事を読み込みすると表示されるようです。
鳥居畑古戦場は武田勝頼の菩提寺・景徳院へ向かう途中にあります。
石碑があるので見逃さないよう、ご注意ください。

くるまr駐車場はありません。 交通量が少ないのでちょっとなら路駐も大丈夫かなはてなマーク

阿部加賀守、先陣を切り討ち死に
ここ鳥居畑古戦場は織田軍対武田軍最後の激戦地です。
勝頼は後方の本陣 (現・景徳院の位置)にあり、なんとしてでもここで敵を食い止めたいところでした。
史料と現地の地形を参考にすると、阿部加賀守が討死したのはこの鳥居畑なのかもしれません。
以下、各史料による阿部加賀守の最期の様子です。要約抜粋します。

※記事は色文字を使っています。スマホで表示されない場合、一度前の記事に戻ってもらい再度次の記事を読むと表示されるようです。
「武田三代軍記」

勝頼、田野の奥、天目山におります!と織田信忠の本陣へ報せが入る。
信忠は、(寝返った)甲州先方の関甚五兵衛、辻弥兵衛を案内者とし、河尻肥前守、滝川左近将監、毛利河内守、水野監物·、同惣兵衛、津田孫十郎、稲葉彦六郎、丹羽勘介、織田源吾、同赤千代丸、塚本小大膳、簗田彦次郎、梶原平二、以下3万あまり、田野郷ヘ出陣させた。

勝頼、これを聞き、よき要塞に籠って大軍を待ち受け、一気に突撃し、勝頼が最期の合戦が目を瞠るものであったと、後世に伝えん。と言う。

夜が明ければ、川尻肥前守の釣笠の馬印、はるかに見ゆる。

阿部加賀守が言上。
先陣を給り、河尻が先陣を追い散らしましょう。
その間に、勝頼さまは御最期の御用 を遂げらるべし。
阿部加賀守以下、秋山民部少輔、同弥十郎、小山田平左衛門、同弥介、齋藤作藏、以上6騎、おのおの得意な武器を持って、勝頼親子に最期の御暇を給わり、天目山の麓に下り、川を前にして待ち伏せた
左右難所にて、敵の軍勢は一列になって川を越えて来る
小山田平左衛門、同弥介両人は、音に聞こえた鉄砲の名手で、橫田十郎兵衛が秘術を伝授した者であったので、道の左右に別れ、続けざまに鉄砲を放ち、屈強の足軽30余人、枕を並べて討ち死にした。

滝川の先手の津田小平治、篠岡平右衛門、真っ先に進んで、敵は小勢なるぞ、進めや者共と制して懸るを、小山田が放つ鉄砲にて、津田小平次、真ん中を打貫かれ、逆様に落ちれば、隊下の軍勢、進み兼ねて色めいた。

阿部加賀守、秋山民部少輔の両人は、強弓で早打ちなれば、敵を弓手(左手)に引付け、続けざまに矢を射、27騎を射落した。
その後、6騎の面々(阿部加賀守、秋山民部少輔、同弥十郎、小山田平左衛門、同弥介、齋藤作藏)は、太刀を抜き、向かってくる敵、数千人の中へ割って入り、十文字に駈け廻り、巴の字に廻って戦った。
河尻の先手1600人が戸惑う所を、なおも進んで、敵兵5、60人薙伏せたが、引きあげた時には、阿部加賀守、秋山民部少輔は討たれていた

「甲陽軍鑑」

阿部加賀守は先の戦いで、川端にて討死に

「三河後風土記」

阿部加賀は初度の戦いに川端にて討死に



toriihata01
鳥居畑古戦場の碑。


toriihata05
織田軍から見た鳥居畑古戦場。
武田軍は川を前に陣取った。狭小地に陣取り、少数ながらも善戦したと思われます。


toriihata03
武田軍(鳥居畑古戦場)から織田軍方面を見る。当時は大軍が押し寄せてきたことでしょう。


武田勝頼対織田信長、いよいよ、クライマックスですビックリマーク




武将な寺社、街道めぐりTOPへ戻る

アメブロ以外の方のご意見・ご質問等はこちら まで。
※返信までに時間を要する場合、お答えできかねる場合もございます。ご了承ください。

ライン宣伝07 ラインスタンプ作りました。
喜怒哀楽を兜の前立てで表現した可愛い「武将の日々と日常なサムライスタンプ」
かわいい「たぬきサムライのスタンプ」などなど。
気に入ったら使ってくださいね。よろしくお願いします。
スタンプはこちらから。

ブログランキングへ参加中です。ご協力お願いしますm(_ _ )m
パクリはやめましょう!
このブログの記事や画像の無断使用、転載は絶対やめてくださいね。まとめサイトとかもダメです!neverなんて論外です!
この記事作るのにいろんな史料を調べたり、現地に行って写真撮ったり、時間・お金がたくさんかかってます!ズルしちゃだめですよ。
© 2010-2020 siro-sengoku-bushou.