「思わずクスッと笑ってしまうものを世界に」。

 

そんな同じ目標のために、見知らぬ人達と一丸になっていくことってあります。

 

それが国境を超えることも。
 

見知らぬ人たちがクリエイトした作品の凄さやバカバカしさ(褒め言葉)に感心したり感動したり。 

 

まるで一時的に電車で隣り合わせて少し喋るような感覚で出会って別れていくような感じですが、その一時的なやり取りでも心が温かくなったり、元気をもらったりします。 

 

そんな経験をこの一週間楽しんでいました。

チャリティイベントの一コマ。なんでこんなことをしているのか?
 気になるひとは会った時にお尋ねください(笑)


暑い日が続いていますね。こんなに暑いと何かをする気も起きない・・・なんてなりがちな中・・・ 私はこの一週間、まるで夏休みの自由研究のように、あるイベントに参加していました。 

 

それはワールドワイドで開催されているとあるチャリティイベント。 車のCMに『常識を疑え』なんていう言葉がありますが・・・

   

大人が本気でバカをするようなお題が200個くらい出題されて(その中で日本で実現できるのは数が少ない)、創造性炸裂させないとクリアできない謎の(くだらないといえばくだらない)ものばかり。  いわゆる『スカベンジャーハント』

真剣にバカやって楽しむ。

欧米では結構メジャーな遊びです。

 

登録費が募金(金額設定あり)になるので、今までは登録だけで参加はしていませんでした。
なにしろお題をクリアするためにはチームを編成をしなければなりません。
 

でも今回はどうしてもこのイベントに参加してお題をやっていきたかった私は思い切って知らない人達にコンタクトをとったのです。
 

力を合わせて、手分けして、お題をクリアして提出するという目的が思いもよらない楽しい交流へ。

 

チーム内だけではなく、海外の方達へもコンタクトをとって一緒にお題をクリアする必要のあるものも。

 

厳密なルールのもと運営されていて、お題も規約もなにからなにまで全部英文だから翻訳からして大変😅 さらにお題を理解するのに頭をひねりまくり。

 

でも楽しい。

 

 私はかつて、音楽関係の仕事をしていた時、ちょっと変わった(ほかではやらないような)イベントを企画していたことがあります。 

 

今となっては日本でも広く知られるようになった元メガデスのギタリスト:マーティ・フリードマンに落書きをしてもらって、それをプリントした「どんぶり」と「湯のみ」を新作アルバムの特典にしたり(笑)

 

 そんなことをしていた頃を思い出して臨んだのです。

手話で歌を歌うというお題で動画撮影。編集は深夜までかかりました

シンプルで覚えやすい手話の歌で海外でも知られているだろう曲を選曲。

手話を一生懸命覚えて撮影に臨みました。

 

ロボットに口紅を塗ってもらうというお題に扇風機導入

 

なんのことかさっぱりわからないようなお題をどう読み解いて、とんちを聞かせ、面白く作品にしていくか。 

 

これは『創造性』の刺激になりますね〜!。

水族館でカクテルパーティ!?
(本当は水中カクテルパーティしている写真がお題)

 

水中でカクテルパーティの写真撮影というお題。 

そんなことができない私たちは水族館でパーティしている感じで撮影に臨みました。 

 

水族館では偶然イルカショーが始まって、撮影ポイントにお客さん誰もいない状態に。 そんなラッキーな状態でパーティっぽいものを持ち寄って、わぁーーっと撮影&撤収(笑) おかげでとても幻想的な写真が撮れました↑ 

 

見知らぬ人と一つのお題を作り上げていくためにコミュニケーションしていく。 国境を超えて外国の人達とも連絡して情報交換していく。 

 

そうやって交流しながら楽しみながら競い合うチャリティイベント。 眉間にしわを寄せてがんばるチャリティも悪くありませんが、 楽しんでチャリティに繋げて、かつ参加者達が知恵を絞って「思わずくすっと笑ってしまうものを作り上げていく」という。。。 

 

気持ちが暗くなっている人がいたら、これを見てクスッと笑ってもらいたい。 そんな感じです。

いろいろな人たちのクリエイトした作品を見てすごく刺激になりました。 そういう切り口があったか!!と。 

 

 中には、お年寄りに自分の作った滑り止め付き靴下をプレゼントしたり、昔好きだった食べ物についてインタビューするなんていうお題をきっかけにおじいちゃんおばあちゃんと話す機会ができたという人も。 

 

今までチャリティ募金をしていただけで、アクティビティには参加していなかったのですけれど、思い切って参加してすごく楽しみました。 

 

私は仕事の合間を縫っての動画撮影や編集をしていましたが、メンバーそれぞれ主婦やOL、学生さんもいますから自由時間がままならないこともある中で集まったり、銘々ができることをしました。   

 

このイベントで駆使した創造性と試行錯誤と達成感。

 

そして交流と充実感はミーラニューロンも活性しまくったはず。

 

これからの仕事やプライベートでも大きな力になっていくと思います。