シリウスステークスの予想。レース傾向データ2017。

シリウスステークスの予想。レース傾向データ2017。

第21回 シリウスステークス2017(GIII) 【3歳オープン 2,000 (ダ) ハンデ】 出走馬、オッズ公開。軸馬、買い目考察。


テーマ:

9/30(土)の阪神11R・ダ2000mにて
《シリウスステークス》が開催されます。

 

 




チャンピオンズCのステップレースであり
新興勢力の台頭が目立つ注目の一戦。

ダート王者を目指して秋の飛躍を誓う。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===========
シリウスSの出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ブライトアイディア 54.0 鮫島良太
1 2 メイショウイチオシ 53.0 秋山真一
2 3 モルトベーネ 57.5 デムーロ
2 4 メイショウスミトモ 55.0 古川吉洋
3 5 ドラゴンバローズ 54.0 和田竜二
3 6 マスクゾロ 57.5 酒井学
4 7 タムロミラクル 56.0 藤岡康太
4 8 キクノソル 54.0 小牧太
5 9 トラキチシャチョウ 55.0 池添謙一
5 10 スリータイタン 54.0 岩田康誠
6 11 マインシャッツ 55.0 武豊
6 12 ミツバ 57.5 松山弘平
7 13 ピオネロ 56.0 福永祐一
7 14 タガノゴールド 54.0 松若風馬
8 15 トップディーヴォ 56.0 横山典弘
8 16 タイニーダンサー 53.0 浜中俊


以上、出走馬16頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!



==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ミツバ

連勝でマーキュリーCを快勝し、
重賞ウイナーの仲間入りを果たした。

脚質に幅も出てきており、
充実期を迎えたと言っていいだろう。

ただ、前走時54kgから今回は57.5kgと
トップハンデを背負うことに。

ここを克服することができれば、
これからの大レースでも楽しみな存在。

勝って賞金を積み上げたいところだ。


マスクゾロ

昨年の当レースの勝ち馬。

前走のBSN賞は競走除外を挟んでの
長期休養明けだったが2着を死守。

短期間でしっかりと立て直した
厩舎の力には脱帽だが、
この馬の力も再認識させられた。

ひと叩きされた上積みも見込めるし
連覇の可能性は大いにある。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


モルトベーネ

アンタレスS勝ち以来の出走。

そのアンタレスSはロンドンタウンに
2馬身差をつける快勝。

今年は4戦走って[2.1.0.1]と
いずれも掲示板を確保し安定感が光る。

距離延長、休み明け、トップハンデと
課題は多いが、今後のG1戦線を見据え
なんとか結果を残したい。


ピオネロ

昨年の同レースの2着馬。

前走のエルムSでは7着と、
ダート転向後初めて崩れる結果だったが
出負けしてたので度外視でいいだろう。

その分、今回はハンデ56kgとなり
斤量面でチャンスがありそう。

出遅れずに昨年並みの競馬が出来れば
逆転の可能性は“大”だ。


ドラゴンバローズ

今回のシリウスSが重賞初挑戦。

前走のオークランドRCTは好位から
抜け出す競馬で完勝している。

ハンデも54kgと恵まれたし、
オークランドRCTを勝ってここに臨んだ
馬は過去10年で4勝とデータも後押し。

厩舎に重賞初タイトルをもたらすか。

遅咲き5歳での重賞初勝利に期待が高まる。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-2-1-3】
2番人気【1-1-2-6】
3番人気【2-3-0-5】
4番人気【0-2-3-5】
5番人気【2-0-1-7】
6番人気【1-1-1-7】
7~9番人気【0-1-2-27】
10番人気以下【0-0-0-48】


1番人気は複勝率70%と堅実。

1~6番人気が馬券内30頭中27頭を占めており
7番人気以下は3頭しか馬券に絡んでいない。

また、二桁人気は全滅しており、
人気薄の出番はほぼ無いので注意。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【3-0-2-9】
2枠【1-0-1-12】
3枠【2-0-2-11】
4枠【1-0-0-15】
5枠【1-1-2-15】
6枠【0-4-1-15】
7枠【0-5-1-13】
8枠【1-0-1-18】


枠順に有利不利はほとんど無い。

3勝を挙げている1枠の成績が良いが
2着馬が6,7枠に集中しており、
内と外両方から好走馬を出ている。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-0-0-10】
先行【4-7-5-22】
差し【4-1-3-40】
追込【1-2-2-33】
マクリ【0-0-0-2】


基本的には前有利のコース形態。

ただし、最後の直線が352mと
比較的長いので差しの台頭も。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==========
予想情報局の総括
==========

 

右回りコースで芝スタートの
ダート2000mという条件は、

この新阪神で初めて採用された
距離設定であり、世界中を見渡しても
おそらくココにしかない舞台だろう。


そんな、変則的なトラックでの戦いだけに
これまでの重賞実績とかは関係なく
馬券になるのがシリウスステークスだ。


さて、馬券を買う上で注意したいのは
芝からレースが始まる点だ。


中央のダート重賞では珍しくもない話だが
他の短距離レースとは分けて考えたい。


芝スタートのダート重賞で
このレースを除くと、

最も長い距離でさえ
フェブラリーSの1600どまりである。


このレースに関しては、
~~~~~~~~~~
芝で好勝負している馬に警戒が必要。
~~~~~~~~~~~~~~~~



その他の傾向としては、
前年度の同レースで馬券に絡んだ馬が
連続して馬券に絡むことが多いレースで
過去10年で6回を数える。


また、過去10年で前走G1からの出走で
馬券に絡んだ馬はいない。

それに対し、前走1600万下から
勝ち馬は6頭も出ている。


特にオークランドRCTだった馬の好走が多い。


前走の成績は連体した馬が好成績。

脚質は先行した馬が抜群にいい。


よって前年度同レースで馬券に絡んだ馬と
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
条件戦を走って勢いのある馬を中心視。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【マスクゾロ
==========

去年の同レースの勝ち馬で先行脚質。

データ上は勝ち馬候補だ。


対抗は【トップディーヴォ
=============

前走はBSN賞をマスクゾロを
抑えて勝った馬。

この馬も勝ち負けしそうだ。


以上を加味した馬券戦略は

◎:マスクゾロ
◯:トップディーヴォ
▲:ドラゴンバローズ
△:ミツバ
△:ピオネロ



過去10年で二桁人気が馬券に絡んだ事はない。

今年も手堅く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

 

最新の競馬ニュースは下記の無料アプリか

各種SNSでリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://rtl.yakudatsu.info/ads/facebook

【Twitter】
http://rtl.yakudatsu.info/ads/twitter

【LINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40keibaheadline


こちらも併せてフォロー頂けますと幸いです。


テーマ:
10/1(土)阪神11R・ダ2000mにて
《シリウスステークス》が開催されます。





チャンピオンズCのステップレースで
新興勢力の台頭が目立つ注目の一戦。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?



まずは出走馬を見ていきましょう。


===========
シリウスSの出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 マスクゾロ 56.0 秋山真一
2 2 シンゼンレンジャー 53.0 武豊
3 3 トウシンイーグル 54.0 菱田裕二
4 4 キョウエイギア 56.0 M.デムーロ
5 5 ジュンファイトクン 48.0 酒井学
6 6 ランウェイワルツ 56.0 松若風馬
6 7 カゼノコ 58.0 北村友一
7 8 ピオネロ 56.0 福永祐一
7 9 アポロケンタッキー 57.5 和田竜二
8 10 メイショウイチオシ 55.0 岩田康誠
8 11 ミツバ 54.0 松山弘平


以上、出走馬11頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


アポロケンタッキー

ダート2000m以上を使うようになってから
5戦4勝・2着1回と文句無しの戦績。

目下3連勝中で、前走後は休養を取り
馬がリフレッシュしている。

4連勝で一気の重賞制覇の可能性は十分。

ただ、ハンデ57.5kgはこの馬にしては
ちょっと見込まれすぎた感が。


ピオネロ

2連勝中のダート界の新星。

初めてダート戦に臨んだのが
2走前の白川郷S。

これを好位から抜け出して快勝し、
続くBSN賞を連勝。

5歳にして新境地を開いた。

まだ底を見せていないだけに不気味な存在。




キョウエイギア

前走でジャパンダートダービーを制し、
世代のチャンピオンに輝いた。

初めての古馬との対決なので
未知数な部分があるが、
実力は間違いなくトップクラス。

ミルコとの新コンビで古馬を破り
飛躍の秋へとつなげたい。


マスクゾロ

今年に入り本格化の兆し。

前々走は3馬身半差をつけて、
前走は6馬身差をつけての2連勝で
再度重賞の舞台に挑む。

良馬場でも不良馬場でも
結果を残しており、

これまでの善戦止まりを克服し
勝てるだけの力をつけてきた。

ここが試金石となる一戦。


カゼノコ

一昨年のJDDの覇者だが、
その後は勝ち星から遠ざかっている。

さすがに近走の成績から58kgは厳しいが
JDDを勝った馬の宿命とも言える。

流れが向かなければ
凡走してしまう1頭ではあるが

差しが決まる流れになれば
十分に上昇の気配はある。

実力馬の復活なるか。




============
過去9年のデータ考察
============


まずは過去9年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-2-1-3】
2番人気【1-0-2-6】
3番人気【2-3-0-4】
4番人気【0-2-2-5】
5番人気【2-0-1-6】
6番人気【1-1-1-6】
7~9番人気【0-1-2-24】
10番人気以下【0-0-0-46】


1番人気は複勝率66.7%と堅実。

1~6番人気が馬券圏内27頭中24頭を
占めており、二桁人気は全滅。

人気薄の出番はほぼない。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【2-0-2-9】
2枠【1-0-1-11】
3枠【2-0-2-10】
4枠【1-0-0-14】
5枠【1-1-2-14】
6枠【0-4-1-13】
7枠【1-4-0-13】
8枠【1-0-1-16】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-10】
先行【4-6-4-21】
差し【4-1-3-36】
追込【1-2-2-30】
マクリ【0-0-0-2】


基本的には前有利のコース形態。

ただし、最後の直線が352mと
比較的長いので差しの台頭も。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


=========
予想情報局の総括
=========


シリウスSは阪神ダート2000mで行われる。


レースの傾向としては、
前有利の展開になることが多いが
差しも比較的決まりやすい。


2007年以降の過去9年のデータからは
当日10人気以下は馬券に絡んだことは無く、
比較的人気サイドでの決着が多い。


7歳以上の馬は過去に1連対のみで、割引きが必要。


52キロ以下の軽ハンデの馬の
好走は少なく、3着が1回のみ。


前走の着順や人気に比例して
好走しており、素直に前走での
実績は評価としたいところだ。


前走中央重賞だった馬が3勝なのに対し、
条件戦だった馬は6勝と好走が多い。


前走10番人気以下、10着以下の連対なし。


よって、前走の人気、着順、ハンデに
~~~~~~~~~~~~~~~~~
注目し予想を組み立てていきたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~




本命は【ミツバ

前走・阪神で勝利した。

今回、重賞初挑戦だが、
阪神では掲示板を外したことはなく
ただいま2連勝中。

斤量も54キロと悪くない。

ここは一気に重賞初勝利だ。


対抗は【アポロケンタッキー


この馬も重賞初挑戦だが、
目下3連勝中。

勢いに期待したい。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ミツバ
◯:アポロケンタッキー
▲:キョウエイギア
△:ピオネロ
△:マスクゾロ


人気サイドでの決着が多い。

素直に前走を評価したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら
ブログを更新させて頂きます。


テーマ:

コース・脚質の傾向

スタート地点は内回りの4コーナーポケットからで、芝スタート。芝部分はさほど長くないので、純粋なダート馬がここで遅れを取ることは考えなくて良い。
1コーナーまでの距離は503m。途中にゴール前の急坂があるが、テン3Fは35秒台後半と、2000mの距離を考えればかなり速い。


ただ、その後は一旦ペースがガクンと落ち、オープンクラスでも必ず13秒台、場合によっては14秒台のラップが刻まれ、結果的に前半1000mの通過タイムは遅くなる。そのため、比較的上がりが速く、ダート戦では珍しく、上級条件で後傾ラップとなる。逃げ切りは少ないが、好位で流れに乗ることができる先行馬が有利。


→シリウスステークスの詳しい予想はコチラ


前走の傾向

比較的新しいコースなのでデータ自体が少ないのですが、前走1800mを走っていてなおかつ前走人気も3番人気以内、3着以内の馬が好走してます。前走芝コースからダートへ替わりでも好走が出ています。


→シリウスステークスの詳しい予想はコチラ


2013年の勝馬ケイアイレオーネ

昨年の2013年の勝馬はケイアイレオーネ。



ケイアイレオーネはシリウスステークス以来勝ちは無く、惨敗続き。しばらく復調の兆しが見えずにいたが、前走の阿蘇S(OP)でやっと馬券圏内の3着に入ってきた。
上手く馬体も戻してきたか。今年も連覇を狙ってシリウスSへと進む予定だ。

→シリウスステークスの詳しい予想はコチラ


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。