大学受験逆転合格法☆偏差値20台⇒80台へ

大学受験逆転合格法☆偏差値20台⇒80台へ

1年で、私が
偏差値20台の5教科を
すべて80台にした要領を公開します★★

東大、京大、早慶、国公立医学部、旧帝大、MARCH、関関同立すべてに通用する考え方を
本気で人生を切り拓くべく頑張ってる人に向けて発信しています

頑張ってるのに点数が上がらない
どうしても来春合格したい
という人だけのために
教材も販売しています
https://jukenkouryaku.stores.jp/
NEW !
テーマ:
成果が出てないときには

果たして一生懸命頑張ってるんだろうか?

と考えてください



必死さが足りない

やり方がマズイかもしれない



でも

最大の悪徳は

一生懸命になれてない

ということなんじゃないでしょうか?



必死に頑張っていく

ということに恥ずかしさやためらいを

持っていませんか?



勉強は

スマートにやれるものであるけど

そこにたどりつくまでに

泥臭く汗まみれになってる姿を

必ず通過してきてるものなのです



はじめから

うまい勉強をしてる人なんていません



色々試して

これだ!

と思うものを自分なりに見つけて

実直に必死に努力する姿が

出来る人の根本を支えたりしてるのです




あいつはエライから、、、

とか

あいつは真面目だから、、、

とか

ごちゃごちゃ羨むことを言ってる前に

やるべきことを必死になってやってみなさい!



何もやってなくては

えらくなるわけもないし

出来るようにはなりません



やるかやらないか

で立ち止まっている受験生が

なんと多いことか…







出来の悪さは

必死になってやってないことが

原因なのは明白なのに

動こうとしない

または

そんなことすら考えてない





どんくさくても

必死になってる人には

勝機をたぐり寄せる運が味方することも

あります



人生を変えるような恩人との出会いが

あるかもしれませんし

誰かが助け舟を出してくれるかもしれません




でも

必死でなければ

そういう人たちも

手を差し延べてはくれない

ただの通過人かもしれませんし

手を差し延べてくれてることにさえ

気がつかないかもしれません









あなたは

いま、人生の挑戦をしてるのです






この瞬間に

力を尽くさない人が

この先

頑張っていけるものなのでしょうか?





逃げてては何もはじまりません





頑張って

立ちはだかる壁に

激突して砕いてでも

前に進まないといけないときに

差し掛かってるのではないでしょうか?





やらないやつは

勉強の世界では

無意味な存在となります





まだ、時間はあります




必死に頑張っていく自分を

奮い起こしてください!




そして

合格しましょう












頑張って!!









目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。

NEW !
テーマ:

国公立医学部に合格するために

理数をとにかく頑張っておけ!

ということをお聞きの人は多いかもしれませんが...

 

英語が

センターで190以上

国公立二次で8割

を取れる前提での言葉だということを

忘れてはいけないと思います

 


間違っても

英語が少し苦手

(まあ度合いにもよりますが...)

(例えば...センターで160あたり、二次は...半分くらいかな)

な状態なので

(英語を勉強しても点数はそんなに上がらないと思うから)

英語の勉強に見切りをつけて

(まあ、適当に継続だけはしとくか)

(好きなor得意な)理数を超頑張る方がうまくいくんじゃね?

思ってしまうのは...非常にまずいと思います

 

 

他の国公立医学部合格者は

ほとんどの人が英語を先ほどのラインには

仕上げてくるのが普通です

(医学部を目指す人は、基本的に真面目でコツコツ勉強するのを当たり前と思っているので、コツコツが反映されやすい(難問が少ない科目である)英語は仕上げてくると思います)

 

二次やセンターの傾斜次第ですが

仮にセンターを素点の200点満点、

二次が英語300、数学400、理科300くらいの配点だとすると...

センター190二次7割のAさん

センター170二次5割のBさん

では

合計的にこの時点で80点の差となります

 

センター国語が同じ点数を取ったとして

理数で80点の「差」がビハインドになるわけです

理数で合計700点、問題レベルを標準クラスだとすると、、、

Aさん→8割を取って560点は取ってくるでしょうから、、、

Bさんは...640点つまり9割を取らなくてはいけなくなります

 

これって現実的に取れる点数でしょうか...?

数学、化学、物理をそれぞれ9割...

うまく揃えてこれますかね...?

 

 

 

この仮説は、かなり極端ではあるかもしれませんが...概ねこんな感じの挽回をしなくてはいけないと思います

 

合格者は取れるところできっちりと点数を取ってくるという意味では、周りがコケることを期待するのは難しいわけですから...

自身が予定通りコケる確率の方が遥かに高いと思います

 

もちろんセンター比率が低い&二次配点が高い&二次の理数の難易度が高い

という単科医大などを選ぶのもありですが...

 

難問がある程度揃う問題では

周りも取れないかもしれませんが

Bさんもそう簡単に取れないのではないでしょうか?

 

1つの科目はミラクルヒットでアタリになるかもしれませんが、他の2つは大したことはないような点数となり、あ、、、英語が...

ということになるような気がします

 

 

 

国公立医学部を合格するためには

英語を必要なレベルに保ちつつ

理数をしっかりやっておかないと

合格には程遠い結果となる可能性が高いので

理数をメインで勉強しすぎないよう

『英語がメイン』+『理数をしっかり頑張る(難問率を上げる勉強は...NGですよ)』

というイメージで頑張っていきたいですね

 

 

 

 

 

あ、国語と社会も付録ではありませんので

あとでまとめて...ということを考えず

『うまく分散させて勉強しておいて』

終盤戦でさらに詰め込んでいくイメージで勉強しておいてくださいね

 








目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
NEW !
テーマ:
たとえ医学部志望といえど

1日の勉強時間は
頭をフル集中
フル回転させて
最大でも
8時間~9時間

にすべきです!!



ハッキリ言います

それ以上の時間の勉強は

頭を休めてる自己満足にすぎません



長時間の勉強を強いると、、、

頭が勉強をしたがらなくなります



毎日、時間に溺れた

やった気分が続くだけで

結局、身についてない

という状況に陥ります



疲れた頭に鞭を打っても

頭は働かなくなる一方なんです



それなら

頭をしっかり休めてください!!




8時間~9時間以内しかできない

と思えば

時間を大切に使えるようになります




出来れば

5時間MAX集中くらいでやるのが

ベストなのですが

ムダも多く出てだろうから

8時間~9時間に設定しておきました




医学部志望の生徒にありがちな

無駄な時間をかけた勉強は

そろそろ潮時なんじゃないかと

思います




入試問題、配点、合格者の平均点を見て

それが理解できないようなら

今年の勉強も無駄になりかねませんよ




ほとんどの医学部志望者は

そういうところに全く気がつかず

あさっての方向の勉強をしたがる

というか

そうしろと言われるがままの流れに

なって

さらに浪人を重ねても

その方向性を強化?した形で

勉強していくのです




ここに

二浪、三浪の人が合格しにくい原因が

潜んでいるのですが、、、

分かってもらえないでしょうね…








そして

他学部を受ける人にも言っておきます



なぜ、医学部志望の人のためのやり方を

アップしてるか

お分かりでしょうか?



センターのパーセンテージや

二次での獲得点数の割合が多少変わる

だけで

ほとんどのすべき勉強内容は同じ

だからです



利用しない手は

ないとは思いますよ!!







予備校に通う人も

授業減らして

自分の勉強としての

8時間~9時間を確保してください



授業は一生懸命聞いても

所詮は休憩みたいなもので

頭に入るわけでも

実践できるわけでもありませんので!






8時間~9時間勉強で結果出せない人は

15時間勉強をやっても結果は出せません


それが真実です








長時間やって
満足した
ってのは
単なる満足感でしかないと思っていてください


その内容がマスターできたのか?

結果、点数が上がることにつながっていたのか?

弱点を補強した勉強となっていたのか?






進歩してなきゃ
意味がないんです







中身を濃く
短時間で済ます
工夫こそ
受験として
一番考えておかなきゃいけないことですよ!!!







ナンセンスな勉強になってませんか?









目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
NEW !
テーマ:
勉強には目的、目標を持って取り組むべき

ということは、誰もが意識しているものです




ところが、、、

なんのために、どんな力をつけるために

そして

それが第一志望合格とどうつながってるのか?

具体的にイメージして考えてる人は

少ないんやないかな?




そこをきちんと考えないと

明後日の方向の練習を重ねているだけに

すぎない結果となります




つまり

点数が具体的に伸びてこない

志望校の過去問は解けない

合格する自信が生まれない

諦めるor玉砕覚悟で突っ込む

ということになるわけです




基礎訓練も大切なことです

そこを知ってる人は

徹底的にそこを練習するわけですが、、、

少しレベルの高いことになると

手を付けようとしない

→出来ないのが怖いのです・・・

過去問も解くのが怖くなったり

少しやってみて点数が取れないと

基礎訓練が足りないと

また元の練習にまで戻って

居心地のいい練習だけやるわけです



合格が目的なのか

ただその教材を回すのが目的なのか

分からないような段階の練習で

ストップしてしまうわけです







いいですか??





逆転して合格したいなら

段階を踏んで

固めながらも

次のステップの練習でももがく必要が

あるわけです




英語なら

基礎訓練・・・単語熟語文法暗記+短文読解(構造確認)+短い長文読解訓練

だとすると

ここを出来るだけさっさと

「ある程度の量(全てでなくて構いません)」を固めて

すぐに

応用訓練・・・マーク模試や過去問練習やそれに準じた段階の訓練

をも採り入れるべきです



もちろん応用訓練をやりながらも

基礎訓練は回すのです(ライフワークです)



使える知識にするには

ベース練習で身につけたものを

応用訓練で発見→意識→無意識

という取り込み方をしながら

吸収&自然開放

出来るレベルに引き上げなくてはなりません




基礎訓練の丸暗記はもちろんですが

使い方&利用訓練の仕方次第で

合格にも不合格にもなるのが入試です




基礎を使いこなすことが

いかに難しいことなのか?

これを応用訓練でもがきながらも

体験していかないと

急成長はありえません




入試日なんて

あっという間に来るわけですから

日数計算をしっかりさせておかないと

本当に基礎訓練の段階で勉強が終わって

しまいます



そして

基礎訓練が完全になったら

標準レベルの練習がスラスラ出来て

さらに

少し練習したら

テストで合格点が取れるようになる

とも思わないでくださいね





レベルを上げる事に

本当に苦しい訓練が待っていて

そこを突破するのに

それ相応の手間と時間がかかります




そうしたことを

これから毎日意識しながらの

その日の勉強であってくださいね!!








目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
NEW !
テーマ:
勉強って
開花するまでに
少し時間が
かかるものです



テストで
悪かったからと
やり方を
ゴッソリ変える
のは
少しマズイですね


正しい方向性の
演習と基礎を
一体化させる勉強
なら
結果は出てきます


まだ、やろうと思ってできてないことが多いのではないかな?


インプットと
アウトプットとの
バランスを保ち
高速回転させつつ
必要なことは
暗記してしまって
ください!!



インプットしたことをアウトプットして確認することは命とも思える核となる部分です



この両輪を
甘く緩めないで
くださいね!!









あなたの勉強は

赤ちゃんから子供へと脱皮しようと

している最中です



勉強はここが一番苦しい時期なので

しっかり耐えつつ

バネをギューっと縮めていってください



繰り返し繰り返し粘っていくと

いつしか

ぽーんっと弾き出されて飛び出している自分に

気がつくハズです


あともう少しでお宝がゲットできる状況かも

しれませんので

ここで諦めたり

方針を変えすぎるのはよくありません

(マズイやり方と思えるならもちろん再考です)





しっかり
耐え抜いて
秋の終わりに
しっかり
季節ハズレだけど
今の自分を支える
花を咲かせて
やりましょう!!




目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
NEW !
テーマ:

旧帝レベルなどでなく

普通の国公立医学部に合格するために、最適なシステムがあります。



無駄なことを徹底的に省き

センター試験で90%以上

国公立二次で80%以上

を実現させるためのサポートシステムを

紹介させていただきます。



シンプルかつ合理的な繰り返し

を軸に、通話なども通じて必要な力を確実につけてもらいますので、苦手な人や伸び悩んでる人にもきちんと対応出来るシステムとなっています。




【英語】

①センター英語を解く高速テクニックを習得

②国公立二次英語長文を「解くことに特化」し答案の書き方まで解説した200〜300題を頭にインストール(→コツが高得点のための全てです)

③自由英作文の簡単な書き方を身につける

という手順で、

センター200点(-5点前後)

国公立二次85%以上

を確保してもらいます。



【数学】

①センター数2B(一応1Aも)を満点にするために徹底的して分野別に解きまくる

②同時に数3の基礎〜標準を過去問で脳内にインストール

③二次の1Aと2Bの中で比較的解きやすい確率をやり込む

④志望校の過去問で仕上げる



【センター国語】

暗記はほぼ不要で問題を解くコツを過去問で徹底的にインストールする。

(センター国語に無駄な暗記は不要です。ほぼ現代語的に解けます)

あとは数回過去問を繰り返し、アウトプットは完成です。

現時点での不得意に関わらず

180点以上を確保してもらいます。



【化学】

入試直結の回しやすい問題集1冊(5日〜1週間である程度完成できます)と

有機分野を徹底的にまとめ豊富な演習を備えたプリント教材をやり込んで

標準クラスの過去問(→教材として作成しています)を50〜70年分頭にインストールして

直前期に志望校の過去問を仕上げ終了です。


化学を徹底的に鍛え、ここを軸にしながら

点数が揺れやすい物理or生物である程度の点数を確保する

というプランにしています。

(対費用効果を考えたらこれが最も得策です)



【生物・物理】

回しやすい基礎〜標準問題集をとりあえず1冊やり込んだら、基礎〜標準レベルの過去問を50年分インストールして勉強を終えます。

(正直、そんなに時間はかかりません。)




【センター社会】

得意なものがあるならそれでOKですが、80点手前で止まったレベルや、90点以上が見込めない教科なら、さっさと見切って

倫理政経(または倫理or政経)をやった方が早く完成します。

それを実現するためのプリントを作成しました。

特徴は

センターで満点を取るために内容を徹底的に減らし、なおかつそれに対応したほぼ全てのセンター過去問をすぐに確認してもらえるプリントに仕上げました。

初心者の方でも

1日1時間の勉強で

倫理なら最短10日、政経なら最短15日で満点が取れるようにして完成させておきました。

秋からなら1日10〜20分程度の勉強で十分満点が狙えます。





難しい内容や面倒な内容が力をつけるための真実とばかり、やたら遠回りしてませんか?


3ヶ月あれば成果にハッキリ表れ

河合の全統記述なら偏差値70以上

マークなら9割出るものです。


それが達成出来てないために

ひたすら焦り

参考書巡り、講義巡りなどを展開してませんか?



合格への希望を失ったりしてませんか?



国公立医学部合格は

まだ間に合います!


あなたの遠回りの勉強を徹底矯正して

必要な勉強だけに特化し

何も心配せず勉強だけに打ち込めるようにしませんか?




あなたがすべきことは

・必要な問題集(&教科書)+プリント教材。

・分からない時はすぐに質問解決。

・国語、英語の解き方はニュアンスが伝わるようグループ通話でも勉強。

以上です。


メンバーは皆実力を伸ばしてきてますので

良い競争&相談相手となると思います。




迷ってても時間が勿体ないので

今の自分に必要なシステムだと感じたら

即ご連絡ください。


なお、

どうしても国公立医学部に合格したい

どうしても何とか間に合わたい

という強い気持ちを持った方のみの募集ですので、自分で何とかなる、なんかやり方に不安があるかな…と思える方はメールしないでください。


ヤル気のある方のみに私も時間を割きたいですので。

(日々、時間の限界までプリント作成をしたりしてますから、私も時間が惜しいのです)




まだ合格には間に合います!

国公立医学部合格を果たすべく

徹底的に勉強しましょう!


お申込み・お問い合わせはコチラからどうぞ


与えられたことは何でもやります!というヤル気のある方からのメールをお待ちしております!



【医学部合格実績】

〜国公立大学〜
・大阪大学医学部医学科
・九州大学医学部医学科
・北海道大学医学部医学科
・広島大学医学部医学科
・新潟大学医学部医学科
・新潟大学医学部医学科
・三重大学医学部医学科
・香川大学医学部医学科

〜私立大学/その他〜
・順天堂大学医学部医学科
・順天堂大学医学部医学科
・関西医科大学医学部医学科
・聖マリアンナ医科大学医学部医学科
・東海大学医学部医学科(一次合格)
・獨協医科大学医学部医学科(一次合格)
・自治医科大学医学部医学科
・防衛医科大学医学部医学科
・防衛医科大学医学部医学科




【お支払い方法】

初回に学習教材提供し、一年を通じて講師陣が手厚くフォローしていく性質上、当サポートのサービスを途中解約して勉強をされても効果が薄くなると考えてますので、年間一括契約{開始月~2月分)をしていただける方のみ募集します。


支払い方法は次のうちのどちらかを選択することができます。
・年間一括支払い

または分割払い月5万円の2月分まで
(銀行振込でお願いします。口座名に関しては入塾が確定した方にメールでお知らせします。)


※分割月払いの場合でも年間一括契約{開始月~2月分}になりますので途中解約した場合でも料金の発生は義務付けられます。



【申込方法】

個人情報を記載して送っていただいたあとに、当サポート代表の私が電話をして面談をさせていただきます。

その後、こちらから必要書類を送付します。

送付された必要書類の必要事項を記載して再度こちらに送付して、銀行に規定料金を振り込んでもらいます。こちらが振込を確認次第指導を開始します。


メール

電話

必要書類受取

必要書類の必要事項を記載して送付、規定料金を振込

振込が確認次第、指導を開始


という流れになります




お申込み・お問い合わせはコチラからどうぞ

NEW !
テーマ:
【 医学部最短ルート&医学部受験生に絶対におさえてもらいたいこと】


医学部 目指して、日夜死にものぐるいで学習されてることと思います。

または、これから医学部入試を目指して勉強を始めた方も大勢おられると思います。




そうした方たちに
ぜひ申し上げたいこと
があります。







・今日やった勉強量で本当に試験に間に合いますか?
・今解いている問題が志望校にとって必要なものですか?
・周りと同じ勉強をしていて本当に合格すると思いますか?



自問自答
してみてください






もし日々なんとなく勉強しているとしたらそれは本当にまずいです。

なぜならその勉強が志望校に直結していない勉強である可能性が高いから。

志望校に直結しているのかどうかもわからない勉強なんてギャンブルと同じです。

もしそれらが全く必要ない勉強であれば、家で寝ているほうがマシですからね。






勉強の仕方などに
不安...迷い...
がありましたら
ぜひ以下のお話にも耳を傾けてもらえたら
と思います。








それでは医学部受験生に絶対に抑えてもらいたいことを話します。

一見当たり前の話だと思いますが、
自分のことを
見つめ直しながら
最後まで読んでみてください。






☆.....................................................................☆


医学部に合格するために
まず最初にあなたがすべきことは

①まず志望校を決めます
どの医学部を受験するのかどうかなどをなるべくしっかりと決めてください。


志望校が定まったら知る必要があるのは
②そこに行くまでの最短ルート
です。

いうまでもなくわざわざ回り道して目的地に向かう人はいませんね。

自己流で勉強をやっていくなんてもってのほかです。地図も何も持たないで目的地に向かうようなもの。


さらに必要なのは、
③どのくらいのペースで進めていくべきか?
ということです。

集合時間(入試当日)に間に合わなければ、どんなに最短ルートを進んでいたとしても、目的地までたどり着けません。



こんなの普通に考えてるよ!
これはある程度予備校などに任せてますよ!

という答えが返ってきそうですが
果たして
それで大丈夫でしょうか?



実は
これらのことを
自身が「きちんと」わかっている人はほとんどいません


この「きちんと」という所が非常に難しい。自分が今どの地点にいるのか、あいまいなものであるゆえに自分でその「きちんと」を把握しづらいからです。




また最短ルートと言いましたが

そもそも最短ルートを見つけることが困難なのです。




多くの学習状況では、合格に対するスタートからゴールまでを具体的に教えてもらえません


学校にしても、予備校にしても、塾にしても、勉強法の書籍にしても

「授業と予習復習をすればいい」
「テキストを完璧にすればいい」
「この本をやってからこの本をやっていけばいい」

など、人によってスタートラインもゴールも違うのにも関わらず、このあいまいな答えが返ってきます。

さらにいうところの
「○○をやっていけばいい」
という話も最短ルートではないということが多々あります。

なぜなら予備校や塾、学校は性質上、全体向けに指導しなければならず、その人個別のプランを提示していくことが難しいからです。

もちろんチューターなどといった個別に勉強計画などを相談できる機会などはあるかもしれませんが、それもチューターの質にもよりけりです。

そもそも、チューターも、夏期講習や追加の授業などのオプションを生徒にある程度勧めなければならないノルマがあるので、生徒のためというよりも塾や予備校、チューター本人が主体になってしまうことが多いのです。





最短ルートとは
何なのでしょうか?





その答えは




過去問演習中心の勉強をすることです!




志望校の過去問だけではなく、色々な大学の過去問をこなしていくと、ある共通点に気づきます。


それは分野ごとに共通する頻出分野が決まっており、頻出分野が角度を変えたりして何回も出されていることです。


また、なぜ過去問演習をしなければならないかといえば

二次試験レベルの問題を同じ問題や、少し角度を変えた問題を繰り返し行わないと、
短い試験時間内に、初見の問題を白紙の状態から正確に解答を作成するレベルに持っていくのは非常に困難だからです。



しかし
どうしても予備校、学校、市販の問題集などでは「薄く広く」の勉強になってしまいます...

まず予備校などでは、授業や授業の予習復習に時間を取られて、問題演習の量と時間が限りなく少なくなってしまいます。

またテキストや参考書にも試験に出ない問題などが多く含まれているので、
(数学で言えば、青チャートや一対一、フォーカスゴールドなどの参考書や、大体の予備校の医学部コースのテキストの7割以上の問題は医学部受験には必要のない問題です。)
性質上頻出分野に特化して勉強することが非常に困難です。




出るところを「狭く濃く」繰り返してやる。これが最短で合格点をとる鉄則であるのに、なかなかそれに従って勉強出来ないのが現実でもあるのです。。。






合格を
確実にするには

志望校の過去問を中心に徹底的に分析し
志望校の過去問を最低10~15年。
それに標準問題が多く、捨て問が少ない大学(新潟大学、広島大学、神戸大学、九州大学あたりがおすすめ)を最低30カ年分
をやりこみ

応用力をつけるために
最低10回繰り返しこなして完璧にしなければ
二次試験で「確実に」合格するレベルに持っていくことは困難でしょう。




手を広げて、難問奇問をやる必要は全くなく、上記の大学で出題されるような標準問題を徹底して身につける勉強をしていかなければなりません。


つまり

いかに早い段階で基礎(過去問を理解することができる最低限の知識)を終わらせ、過去問演習に入ることができるかどうかがカギを握っている

ということです

過去問演習中心の勉強を行うにしても時間がかかります。
もちろん二次試験だけではなくセンター試験対策も過去問とマーク模試を徹底して反復して、5教科7科目で9割以上の得点を安定して取れるようにしなければいけません。

センター対策・二次対策のどちらかで不備があると
国公立医学部合格の可能性は限りなくゼロになります。




悠長にみんなと同じように授業を受けている場合では全くないんです...。




授業を聴いている間に
勉強をやり込む人は3倍以上の問題量をこなしているのです





予備校や塾のように夏から勝負ではなく、
春先から夏までにどれだけ演習できるかが勝敗のカギを握っています



夏の終わりまでに
二次試験の勉強をほとんど完成させておかなければ
国公立医学部に合格することは難しいでしょう。




しかしそうは言っても、過去問演習中心の勉強というものには、独学だけでは越えられない難点がいくつかあります。。。


①基礎ができていない人にとって、いきなり過去問演習をするのはハードルが高く、演習しようと思っていても、問題も解けないどころか、解説すらもチンプンカンプンで全く前に進まず挫折してしまうということが多々あります。

逆に過去問演習に入るまでに基礎力をしっかりつけようとするあまり、いつまで経っても過去問演習に入れず入試を終えてしまうという場合も十分考えられます。

その過去問演習に入る見極めと、過去問演習に入ってからのスタートの段階を外部からサポートし、さらには仮につまづいた時でもすぐに立ち上がれるようなサポートが必要です。


②科目によって個人では到達度がはかりにくい科目があるということです。

特に英語の和訳、英作文、要約問題に関しては、独学で正解の答案を書く練習をおこなうことが非常に難しく、やはり普段から添削を受けながら、正しい答案作成の練習をおこなっていくことが必要不可欠です。


③一年を通して勉強面や精神面などのバランスを保つのが難しいということもあります。

自分の得意不得意によって、気づかぬうちに勉強のバランスが崩れることが往々にしてあります。

各教科ごとに点がすぐに上がりやすい科目や上がりにくい科目、また時期によってやるべきことなどや細かい調節などをおこなわなくてはいけない場面もでてきます。


つまり
一年間勉強していくうえで、常に高いモチベーションを保ちつづけることは非常に困難なので、勉強面、精神面トータルでサポートしてもらえるような場を自身が探して作る必要があります。



ここまでの流れをいかに真剣に考えて、即座に行動に移していくことは、あなたの合格の可能性は大きく変えていくと考えています。


闇雲に勉強をしてなんとかなるとか
全体に当てはまりそうで自身には当てはまらない勉強をしてなんとかなる
という世界ではないと思いますので、真剣に自身の大きな問題として考えて行動して欲しいのです。



勉強面において
なんとか超えなくてはいけない壁
というものの正体や問題点は確認してもらえたでしょうか?

何とか来年度は
国公立医学部合格を手中におさめ
念願の医学の勉強に専念してもらえたら
こちらとしては嬉しい限りです☆








最後に少しばかり
当受験サポートについて
すこしお話させてもらいますね


☆........................................................................☆


私が主宰している受験サポートでは、過去問演習中心の最短の勉強を全力でバックアップできる体制が整っています。

まず、各教科ごとにどうすれば一年で医学部に確実に合格できるのかのゴールを具体的かつ明確に示します。

その上で、現在の個人個人の現在の勉強の進捗状況を把握し、その人に合わせた勉強計画を作成します。

必要に応じて、わからない問題や、全教科の解答の添削、さらにメンタル面のサポートなど、トータルで「いつでも」相談、質問できます。

特に英語に関しては、独学では非常に難しい和訳、要約、英作文の添削や解答作成の手順を
元予備校講師、元模擬試験採点官(TOEIC990点、英検1級獲得)の私がおこないます。


二次の英語の点数は「解答力」が最も点数を左右します。ただやみくもに勉強しても、6~7割くらいの点数で、ある程度限界が来てしまいます。

ここで言う解答力とは、設問に対して
的確に解答をする能力(処理力)を指します
当サポートでは、1年通じて
「解答力」
を重視した学習をおこないます。

必要な量の英語長文200~300題の長文を解答解説をグループセッションや個人通話、メールでチェックし、添削し、二次英語で8割以上の点数を獲得できる状況に持っていきます。


また国語、数学、化学、社会(倫理・政経)も、自作の過去問解説プリントを主に使用していただきます。



自作の過去問解説プリントは
不要なものをできるだけ限界まで削ぎ落として
(数学は事細かに書いています)
本当に必要な観点や知識を得れるように
作成していますので、
回り道をせず、すぐに得点に直結させる学習をすることができます。

赤本より詳しく丁寧な解答解説はもちろん、
どこが重要なのか?何に気を付け付けたらよいのか?などのポイントを明らかにし
さらに国公立医学部志望の受験生がどの程度まで取ればよいのかの指針までついております。




あくまでサポートへの勧誘として
このブログ記事を書いてるわけでなく
国公立医学部入試を成功させるために
何が必要なのか?
何が問題点なのか?
を知ってもらうことを目的としています。

問題点を
自力で解決できるならそれはそれでOKです。

ただ、問題点を自力で解決できない
そういう方には、こういうサポートもありますよという紹介をさせていただいてるだけです。


実力者ならご自身で考えて
たとえ国公立医学部入試でも
それなりに合格するのでしょう

その一方で、色々頑張っているのに泥沼にハマってる人も大勢おられるのが国公立医学部入試でもあるのです。



本当に困っててどうしていいのか分からない...
という悩みで立ち往生されているのなら、
コチラのページをクリックしてみてください。



ただし
クリックする前に
ひとつだけ自問自答して欲しいことがあります。


それは
合格するために必要なことを
徹底的に勉強する覚悟があるか?
ということです。


今一度、自問自答して
本当に崖っぷちなんだけど、覚悟を決めてヤル気に満ち溢れているかどうかを、自身に確かめてください。




それでは
合格に対して本気で考えていて
今、なんとかしたいんだ!
と心の底から思ってる方は
コチラをクリックして
さらに中身を読み進めてください。
NEW !
テーマ:
勉強をしてるのに
入試問題では正解に至らない
時間がかかりすぎて解き切るに至らない

センター対策
早稲田対策
国公立2次対策

やるべき事はやってるのに
成果につながらない人にとって
これ以上何をしたら良いのか・・・
と、これからやるべきことに迷い...

そして、ほぼ無対策に近い状況
すなわち直前に過去問をとりあえず形式的にやる
という無謀な策に出てしまいます

それでも
何とかなる場合もあるのですが
高い確率で失敗してしまうのは目に見えています。。。




皆さんに足りないのは
知識なのでしょうか?
難しい問題の解き方
なのでしょうか?

もちろん知識が足りないことも
往々にしてあるとは思いますが
大学入試レベルで
(理科や社会は除いて)
そんなに細かい知識が問われてるとは思いません。。。



特に英数国で
基礎の運用力
言い換えたら
問題に対する基礎の調整力
が求められています!!

これを意識して学習しないと
これはいるかいらないかわからないけど
とりあえず出そうだからやっておこう
とか
足りないのは知識だ
とばかりに
マニアックなところを増やそうとしてしまうことに繋がってしまっています。


解説されたら分かる問題も
自分で気がつかないと
または気がつくシステムを作っておかないと
やはり入試当日には気がつかずに終わります。



全文読んでて
理解不能になってしまい
時間も足りなくなった...

全力で全文読んで
なんとか内容を理解したつもりなのに
設問では不正解となってしまった...

数学で色んな解法を学習してたのに
実際の入試で問われる(使える)問題には
ほぼ出会わなかった...



全て
過去問を研究せず
ならんかのガムシャラさのみで勉強してきた結果がこういう状況を招いてるわけです。。。



入試で必要なのは

基礎学力を
問題へのアプローチを予め勉強で組み立て
試験会場で調整しながら発揮する力

そして

時間内に
余裕で終えてほぼ完答に近い形でフィニッシュさせることができるように勉強してくる姿勢

の2つが問われています。



本当に普通の語彙力で
早稲田大学を突破できます。

そんなに詠み込まなくても
ほとんど全ての問題で
速く正解が取れるように
問題が作られています。


高度な処理能力が問われてる最近の入試で
処理に至らないレベルで
何となく読んで何となく理解し
何となく「間違える」
を勉強で繰り返していてはいけないわけです。


ゴールレベルの問題がそういうことを要求してるのに、対策が全くできていない
という現状がある中で
何か提供できるものはないか?
と思い、解説プリントを販売させていただいています。

プリントは
わりと簡素な書き方にしてますが
解答を得るまでの
最低限の理屈付けはしています

つまり
試験ではこの程度の基礎が
分かれば
このように運用することで
何も問題なく正解が取れます
という程度を示しているわけです。


これから入試対策をしようと考えてる高2の方にも、入試の現状を知ってもらい、それに合わせた基礎学力作りに没頭していただけたら、無駄な勉強もかなりの割合で省けると思っています。

試験に出ない、出そうにない
レベルのことは後回しにして
よく出るものに対して優先的に勉強することで
試験の点数も上がりやすくなります。


プリント教材を何度か頭の中でシュミレーションしたら、もう一度解きなおしてみて、その後、類題練習を重ねることができるよう、演習問題は豊富につけました。

足りないな
と思われましたら
過去問でどんどん試していけばいいと思います。

受験生の時間は限られていますので
回り道的な無駄な勉強ではなく
点数を取るための効率的な勉強
にシフトしていただき
一刻も早く合格できる力へと変えれるよう
強く願っています。


短期間でこなせるものとしても作成してますので、追い込みにもぜひご活用してみてくださいね☆☆



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。





(追記)

英語でも国語でも読み込んで内容を的確に把握できる力は、今後の学問などを行うのに非常に重要なスキル及び力を育ててくれます。

しかし
現実の入試が差し迫った状況の中
最終目的に到達できるとは限りませんし
それが出来たら設問が確実に解けるわけでもありません。

読み込みも中途半端となっていたり、問題を解く際にも時間内では確実な根拠のある正解に至れない人には
理想論だけではどうにも解決しない問題点もはらんでいるのも事実です。

大学生活の中でも読解力は育てることはできるわけですが、まずは試験を突破する力を早急に養うようにしないことには、それもスタートできないのです。。。

目的を持ってそれに応じた必要な力を付ける
ということも大学入試では試されてる
という意識を強く持って行動することは
大切なことだと考えています。

仮に
ご自身の現状を把握し
必要な行動にスイッチしていくことが
今の時期に求められているのなら

行動あるのみです!

どんどん過去問を「研究」して
どうやって解くのが早道で楽なのか?
どうやって解けば確実に仕留められるのか?
をどんどん体感してください!

そして足りないと思われる基礎の確認も
同時に行いながら、問題へのフィットのさせ方を意識し直してみてください!

自力で合格する力をつけることが
この時期、最も求められています!!

ただ解いているだけでは
そういう力が身につくわけでなく
ただの⭕✖確認に終わってしまいます

もっと大量にサンプルチェックをすることで
共通した突破口も見えてくるわけですので
「過去問研究」に力を注ぎ
ある程度の流れを早急に組み立ててください!

そこから以後に
演習テストの繰り返しで
確実に自分でできる確信を持っていけばいいとは思います!


入試に何としても間に合わせましょう!!




無事合格を果たせることを
心よりお祈り申し上げます

NEW !
テーマ:
解説解答を見ながら問題の解き方を一緒に自分で考えてみましょう!!






自分で1から考えるより、なぜそうなるか?を考える方が、何倍もためになります!!




解けないプレッシャーからも解放されます





足りないものも
見つかりやすくなります











大切なのは
速く正確に解くための視点を構築することと
それに必要な知識を固めることです







なにより
こうすることで

志望校の問題に
積極的に関われるようになることと、
距離感がつかめるようになります












正しい経験を積むことが受験生には何よりも大切ですからね!!






目的はただひとつ








本番で
これまで培ってきた経験を正しく出せるようになること!!








だから
入試当日に発揮できる正しい戦術を
練習で身につけるのです!!











速く正確に解ける姿を、毎回追求していく姿勢こそ、あなたが今頑張っておくべき方向性だと思いますよ









何をすべきか?



今一度考えて
くださいね!!






目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
NEW !
テーマ:
勉強における集中力って
なんでしょう?

脇目も振らず勉強する姿勢を
指すのでしょうか?




私はそうは思いません




自分自身
死ぬほど努力したとき
こういう状況になってたことも
ありましたが
成果にはあまりつながってなかった
んですね

一言で言うと
余裕が無さすぎた感じで
周りが見えてなかったり
自己分析が出来てなかったりしたのです




それから
結構考えました








それからは、成果主義に変えてみました





その日に
やったことは
できるだけ
その日に
マスターする




という

危機迫る、いや、鬼気迫る思いで

勉強を続けていくと

不思議と得点も上がっていったんですね






そういう思いで

勉強してる人って少ないんやないかな?






予備校などの自習室を覗いてみると(笑)

あまり、こういう感じのオーラを出して

勉強してる人って、いないんですね




ただ、なんとなく、その日の勉強を

やってるというか、サボってるというか…




その日のことを

その日のうちにマスターしてやる!

って考えて勉強してる人って

傍から見ると

すごくオーラというか

気迫が見えるんですね

←スピリチュアルな話ではないです(笑)




講師経験が長いと

それなりに感じるカンみたいなものです




静かにしてるとか

キョロキョロしてないとか

そんなのじゃなく

やるときはやる!

という、一瞬一瞬の叩き込み

とも言うべきものを、出来る人には

感じるのです









みなさんの勉強って

ただ、座って、本を開いて

何か書いてる

みたいな勉強になっていませんか?





たぶん

そんなありきたりな動作で

成績が伸びるとは思えないですね










ハンパな学力を

出来る人レベルに

するということは

それなりの

覚悟と気迫が

必要になります









受験を舐めてませんか?






惰性の努力なんて
絶対に通用しませんよ!!







難関大学に合格することを考えてるなら、一瞬一瞬を大切にする気迫を持ちなさい!!







その積み重ねしか
勝てる要素を作ることはできません









漠然とした努力でなく、1つ1つの意味を考えながら
身に付ける
という意識こそ
一番大切なのではないかと思います







残り時間も少なくなってきました

何を今日はマスターしたのか?

よく振り返ってみて

???

となるようなら

今日の勉強は、クズ勉強だったと反省し

明日は、クズ勉強にならないように

しっかり作戦を立てて

身に付ける気迫を持って

勉強に臨んでくださいね







惰性の勉強は

出来る人が

学力をキープする

ための勉強です







這い上がるなら

頭を使わない勉強

なんて

一瞬たりとも

してはいけません







鬼気迫る気迫!

それを持って

しっかり

身につける勉強!







それしか、ありませんよ!










目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。

Ameba人気のブログ