「仕方ないんだよ!エオルゼアに生まれた時から、他人はNPCとして利用し出し抜き相争うことしか、吉田には教えてもらえなかったんだから!!」

「……ヒカセンって中東の少年兵か何かなの?」

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、「FF11を再現!」という触れ込みで14に実装された『禁断の地 エウレカ』が壮絶な出来だったらしく。

……名うてのクソゲーハンターである店長と上司はもうウッキウキでプレイしております(現在進行形)。

 

というわけで聞いたその内容を、できるだけ11プレイヤー向けに解説してみたり。

 

 

 

・戦闘は14のまま

14の戦闘のつまらなさは語り草だが、その部分はきっちりキープ。

PvPなどと違い、専用のスキルや魔法もない。当然、11において戦闘の華であった連携もMBもない。

キャンプもなく、しゃべっていたら死ぬためPC間のコミュニケーションもない。14は今までもそうだったが。

つまり11時代の楽しさがすべて取り除かれ、純粋な苦行と化している。

 

・必要経験値が大きい

1からレベルアップのたびに倍々というスベリオン方式。あっという間にNextが5ケタへ到達する。

11プレイヤーなら、50キャップ後の経験値インフレが印象に残っている人も多かろう。それがLv1からやってくる。

そして敵から貰える経験値は200……ではなく、せいぜい60。

後述のデスペナルティによって、強敵に手を出しにくいというのも大きい。

 

・デスペナルティが大きい

必要経験値が大きいこともあり、1回死ぬたびに1万以上の経験値が飛んでいく。4時間がパァになることもザラ。もちろんリレイズなどない。

レイズで経験値が戻ってくるため、ここの辻レイズで初めて他のPCを『人間』だと感じるヒカセンも多いとかなんとか。

 

・キャンプの概念が通用しない

敵配置がキツキツでキャンプに適した場所がなく、安全な場所へ敵を釣って1匹ずつ戦闘……という11式の戦闘ができない。

 

・レベル差補正が大きい

前述のデスペナルティの大きさと合わさって、PTを組んで強い敵と戦うよりもソロ~少人数で弱い敵をチマチマ倒すほうがマシとされている。何しろ死んだら、11に比しても数倍の時間がパァになるのだ。

11プレイヤーにもわかりやすく言えば、かの7・2パッチ直後のような状況になっている。

 

・取得経験値が少ない

パーティボーナスが無い、または少ないためソロでNM湧き待ち>おこぼれ狙い(NMは複数でタコ殴りにして倒しても数千の経験値がもらえる)の傾倒に拍車がかかっている。

いちおうパーティを組んで格上を倒したほうが時間あたりの効率はいいのだが、事故に備えてレイズ役の2ndを待機させておくなどの工夫が必要。

なお14ではPT外の誰かが攻撃している敵にも攻撃が可能で経験値ももらえるのだが、酷い時には二人で戦うとソロ時の2割程度しかもらえなかったりする。何故ここだけラグナロクオンライン風味?横殴りはノ―マナー?(古い)

 

・属性の扱いが謎

11に例えれば、投擲枠に各属性のアクセがあり、それをタゲった敵にあわせて着替える方式。

14の戦闘は属性という概念がなく、「イフリートにファイアが有効」というわけのわからない世界なので、魔法や武器に属性を付与することができずキャラそのものに後付けすることになったようだ……。

 

・UI不備

11で例えれば、玉は出せるが玉出しをサーチする機能がない。

PT募集はすべてシャウトとテルでやりとり。……おいィ?11より不便なんだが?

 

・報酬もない

11でもIL118以下はほぼゴミクズなのだが、14はユニークプロパティが無いためゴミクズ度は11プレイヤーの想像すらできないレベルになっている。純粋にオシャレ着としての価値しかない。
しかもそれがRME系ですら例外ではない。今の時代にILも特殊ステータスもないLV99武器を手に入れて、何の意味があろうか……。

 

 

 

 

 

……なんかもう頭が痛くなってきたのでここまで。何か新しい情報入ったら追記する。

とりあえず11プレイヤーは、『FF11の楽しかった部分はすべて潰し、苦しかった部分だけをこれでもかといわんばかりに拡大して、FF11はクソゲーだったんだと喧伝している』ということだけ覚えておけばおk。

 

毎度毎度『嘘も百万回言えば本当になる』とばかりにこういうことをやらかすから、「嫌なら辞めて関わるな」ができないんだよなぁ……。

 

 

 

【ニコニコ動画】総統閣下はエウレカの反応についてお怒りです