今月はまったり?

テーマ:

デュナミス台場バスも案の定なようで、今月はのんびりとナイズルキャンペーンに興じる所存。

 

 

しかしネットに残る遺稿ならぬ遺ブログを見ていると、「FF11の歴史は、ヴァナを壊そうとするバ開発と、それを阻止しようとするプレイヤーとの戦いの歴史だった」とか「プレイヤーが愛しているのはヴァナ・ディールという世界であって、嫌がらせしか考えていないFF11というゲームやましてやガワを似せただけのまがいもの(グランドマスターズのことか?)ではない」とか、気持ちはわかるがそこまで言わんでも……(;´Д`)と思うようなものもかなりの数あるわけで。否定もできないんだけど。

オイラは間6年離れてたから、まだ怒りが薄いのかもしれぬ……。レリミシエンピを実装直後から本気で作っていた人たちは、そのくらい思うところはあるのかもなぁ……。

 

しかし開発は開発で、「○○へ人を流すためにFF11から人を追い出せ」「やっぱりコケたから人を囲い込め」と上から手のひらシンカードリルされる日々だったんだろうなぁとも思う。それは察するに余りあるが