思い出バルス | GO!

GO!

試練鯖で活動してます


テーマ:

 

倉庫を片付ける中で障害となるものが「思い出」である。

思い出とは文字通り自己体験を思い出す行為であり、何に起因して呼び起こされるのかは様々である。

例えば旅行の際、お土産で買った置物だったり、写真だったりなど、物体として存在するものから与えられる場合が挙げられる。

 

対して上の1枚の画像はどうだろうか。

これらは「存在しているが存在していないもの」である。

妙な言い回しであるが、何が言いたいのかおそらくわかるだろう。

言ってしまえばただのデータである。

 

殆どの人に当てはまると思うが、1行1行の文字の羅列に意味合いを感じられる人間は少ない。

「なんだよアイタンリって。どっかの国の首都ですか?」

安心してほしいが、それが一般的な反応である。

 

我々FF11プレイヤーは特殊な環境下に居るのかもしれないが、例えば画像にある一つ一つの文字列だけで1回分のブログが書けるほどエピソードが詰まっていたりする。

 

題名「リディル」

 

これだけで長文が書けるのである。

 

こんなものが詰まっている倉庫を片付けろと言われても片付けられない人が多いのだから困りものである。

 

ここまで書いておいてアレなのだが、私はと言うと過去のデータに執着が無い。

別に全部捨てても構わないのである。

 

データが無くなろうが思い出が無くなるわけでは無いのだから。

Gocchiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス