このブログにお越しいただいてありがとうございます。

わたしがヨガと瞑想を通してもっとも伝えたい「最高の自分とつながること」について

最高の自分とつながるためのわたしのヨガのアプローチはこちら

ヨガや瞑想、呼吸法、寝たまんまヨガに関する、キミの著書や監修雑誌はこちら

 お役立ち情報               

◆瞑想(メディテーション)についてのお役立ち記事

◆直観力を高めて現実を引き寄せる為のお役立ち記事

 わたしのこと                

瞑想を深める中、こんなきっかけでヨガに出会い、直観の促しと共に出会いと結婚

 10キロ痩せた酵素ファスティング               

 酵素ファスティングのまとめ記事です。

 

キミです!
 
image
 
この度は
 
父の最期の看取り看護で
クラスの代講をしてくださったり
個別に励ましのメッセージを下さった皆様
 
ありがとうございました!!
 
 
コロナや豪雨で
大変な思いをされている方も多い中で
個人的な話を書くのは恐縮ですが
 
 
生まれた人は必ず迎える死。
 
だからこそ
遠い将来ではなく
いつ自分の身に起こるかという気持ちで
毎日を生きたいというつもりで
振り返ってみました。
 
 
父に関しては
以前書いた通り
末期ガンだと告知されてもなお、
復活してくれるのではないかと
 
わずかな希望を見出しながら、
看病してきましたが
寿命を全うしました。
 
image
 
 
残された家族にとっては
寂しいですが
 
病と闘ってきた父は
病を患う肉体の苦しさや重さという
束縛からは解放されたのかなと
思っています。
 
 
 
普通なら
死の話は重くて辛い
悲しみがあるかもしれません。
 
 
しかし、
 
 
母の明るい性格や
兄弟の淡々としたあり方は
父の逝去でも失われることが
ありませんでした。
 
 
もちろん表面的にはそうでも
内側では気が動転して
 
家族それぞれ、
沢山のうっかりが炸裂しながらの
初七日までの日々でした。
 
image
 
 
看護中のわたしは
 
父の闘病の辛さを思うとき
そして父から感謝の言葉を聞くとき
父への愛を口にするとき
 
涙が頬をつたうことがありました。
 
 
『老兵は静かに去るのみ。
たくさんの思い出と共に。
ありがとう。』
 
という父の言葉通り、
 
 
父は、
本当に近しい人にしか
病状を知らせず
死も知らせるなと言い、
 
喪中の連絡と共に
お世話になった人たちへの
お礼の品と一緒に伝えて欲しいと、
 
静かに旅立つことを好んでいました。
 
 
看護中も
だれからのお見舞いも受けることなく
静かに病と闘うことに集中していました。
 
 
苦しさを吐露するのは最小限でした。
 
 
 
そんな、
病とまっすぐ対峙していた父が
 
今の人生の執着を手放し
表情も人相も
日に日に別人になり
純粋になり
死への準備をしていたのも
よくわかりました。
 
 
80歳になっても野球に
ウエイトトレーニングに邁進していた
元気だった父とはうってかわって
 
ひたすら病と向き合う
別ステージの父に
 
看護という親孝行できたのは
有難い時間で
内側からどこまでもあふれるほど
父への愛を改めて確認しました。
 
 
インド プージャ
 
 
最期の日は
血圧が下がっていくのが
身体的によほど辛かったのか、
 
父も覚悟を決めて
 
『臨終を迎えさせて欲しい。』
 
とドクターに
二度言いました。
 
 
1秒でもいいから
命を永らえて欲しいと思っていた
わたしたちもドクターも
そんな言葉を聞くことに
戸惑いましたが
 
苦しくてもずっと投与しなかった
モルヒネを投与することに決めました。
 
 
 
そして、意識が遠のいていったであろう
父の耳元でささやきました。
 
 
『よく頑張ったね。
旅立ちたければ、心置きなく行ってね。
わたしたちは大丈夫だから。
心から愛してるし
旅立ちを応援してる。
愛してる。』
 
 
聞こえなくてもいいという
複雑な気持ちで
そっと伝えました。
 
青空
 
そして、
その夜に旅立ちました。
 
 
 
日に日に父は死への準備をし、
日ごとに
わたしもそれを受け入れる準備を
していました。
 
 
 
臨終を迎えたいと
父が言ったとき、
わたしはこんなふうに思いました。
 
 
わたしたちが
1秒でも父に生きていて欲しいという気持ちが
もし父の旅立ちへの障害になり
父が苦しみにつながるのなら
 
わたしたちも父と同じように
覚悟を決めるべきではないかと
思いました。
 
 
 
1日でも1時間でも長く生きて欲しいと
家族だから思うんです。
 
 
そして、
1秒でさえも
肉体をもって生きていること自体が
人を進化させるんだと
ヨガ哲学ではいうんです。
 
 
しかし、
何が本当に人の幸せにつながるか、
何が本当に人を成長させるかは、
 
誰にもわからないなと
改めて思いました。
 
フランス 教会
 
 
『この世界は複雑で多様だ』
 
そんな、ヨガ哲学の言葉を
瞑想の師である
青山先生から学んできましたが
 
 
人の幸せに貢献することの難しさを
家族という、ひとりの命を通して
ひしひしと感じました。
 
 
 
 
コロナでも
心身の健康を意識せざるを得ないので
 
 
改めて
わたしがこれからの人生で
どんな言動が人の幸せに貢献できるのか、
考える機会になり、
 
 
人の真の幸せに貢献することは 
そんなに簡単には
できないのではないかとも
思えてもきました。
 
 
簡単ではなくても
わたしは自分の人生で
小さな幸せでもいいから
いや、ぜいたくを言えば
転機になるくらいの大きな幸せへのきっかけを
作ることができる人生を送りたいと
思いました。
 
木に光
 
 
わたしが人生を捧げたいくらい
情熱を持って行っている
ヨガと瞑想の普及も
 
謙虚にならざるを得ない体験となり
考えるべきことが多々あると、
 
そんな風に思いました。
 
 
自分が最期を迎える瞬間に
満足したと思える人生にする為に
改めて自分の行動を考えたいとも
思いました。
 
 
 
わたしは
1つの出来事に関しても
深く多面から考える傾向があるので
 
 
今回のように
家族の死を体験した時に
 
悲しみだけではなく
 
普段何年も合わなかった
兄弟との再会、兄弟愛を感じる喜びや
 
看護の喜びなど
 
たくさんの側面を感じます。
 
 
特に看護に関しては
 
いかに愛にあふれるものなのかや
いかに崇高なのか、
いかに体力気力が必要かも
 
語りたいですが
 
 
そのあたりは
使命やヨガ哲学と絡めて
講座で語りたいと思います!
 
木
 
 
看護の間も
父が旅立ったときも
そのあとも
 
変わらずに
瞑想とヨガとファスティングと酵素が
わたしを支えてくれたので
 
気持ちの切り替えはバッチリです!
 
 
これからお会いする皆さま、
いま私は父を身近に感じていますが
悲しみに耽っているわけではないので
ご安心くださいませ。
 
 
多次元に生きているような
不思議な感覚なので
 
看護中に食べ過ぎたことや
実家で行った
ファスティングのことも
また紹介しますね!
 
 
ということで
今日からレギュラークラスに
復帰しますので
  
どうぞよろしくお願いします!
 
 
 
完全にプライベートな記事でしたが
最後までお読みいただき
ありがとうございました!
 
 

 

 ライングループは2つあります。

 

①ファスティングや酵素に関するグループ

 

限定情報あり!一緒にファスティングしましょう♡

 

Yoga Detox 酵素ファスティング

https://lin.ee/1X8aoEcdc

友だち追加

 

 

 

 ②ヨガや瞑想に関するグループ

 

【最高の自分と繋がる6つのステップ】と

【モヤモヤ不安から自由になる6つのStep】を

無料で読むことができます ^^) 

 

最高の自分と繋がる6つのステップ序章はこちら

ヨガと瞑想に関するキミのおともだちライン@です。

友だち追加

 

◆スタジオ・ヨギーでの、わたくしのレギュラークラス、水、木、金の予定は☛こちら  

  (ヨガインストラクター キミで検索可能です。一部不定期です。)

  *月に1回のプライベートレッスンの予定も検索できます。

 

◆プライベートレッスン 6/25  12時半、13時半、14時半(各55ふん) 中目黒スタジオ

 

◆インストラクター養成講座で深く学ぶ♡

  週末、祝日メインの、ヨギー・インスティテュートのわたくしのトレーニングのスケジュールは☛こちら

 (一番下までスクロールすると、わたしの予定が写真と共に載っています。)

年間を通してお伝えしている私のコースや講座一覧

 (ヨガ、ヨガ哲学、瞑想、解剖学、現代医学、呼吸法などのコース、講座があります。)

 

 

★2020年前半スケジュール★

 

 

◆瞑想の基礎を学ぶ2日間

 メディテーションベーシックトレーニングコース

 

  8/1(土),2(日)  @スタジオヨギーTOKYO

 

◆寝たまんまヨガの仕組み、伝え方を学ぶ2日間

 ヨガニドラートレーニングコース

 8月8、9 @スタジオ・ヨギー OOSAKA 10時―17時 10時―17時(ランチ休憩1時間)