やればできるCUP 2018:大会メンタルコーチ川阪正樹先生からメッセージ | 菱川晋作~やればできるの証明~

菱川晋作~やればできるの証明~

正道会館 空手を通じ 自分の目標、生徒の夢、を叶え「やればできる」を証明 夢を志へと導くライオンハートプロジェクト達成が僕の仕事です


テーマ:
《LIONHEART COLLEGE/やればできるCUP2018》



大会メンタルコーチをしていただきました。
☆川阪正樹先生からスペシャルメッセージです👇
--------------------------------------------
菱川道場の皆さま

川阪です。
二日間、みんなの前でお話をしました。

空手も、学校の勉強も、何をやってもうまくいくんだ!
という人には、メンタルトレーニングが必要ないかも知れません。

しかし、、、

どうしても叶えたい夢がある、
どうしても達成をしたい目標がある、
どうしても笑顔にしたい大切な人がいる、

自分よりもつよいライバルを撃破し、勝利したい!
という人には、とても大きな武器になるのがメンタルトレーニングです。

今回はその一つとして、

・日誌
・振り返りシート

を紹介しました。

いずれも菱川先生が、
現役時代に使っていた「ひみつ道具」です。

やればできるを証明してきた、アイテムです。

日誌は、自分で自分を目標達成や勝利、
優勝に導いていくためのツール(道具)です。

毎日の練習の「振り返り」であり、
翌日の練習に向けて「準備」をするものです。

試合だけでなく、
毎日の練習で「目標」を持つのです。

そして、毎日、その小さな目標達成を重ねていく。

すると、、、

大きな大きな目標達成に、
リーチし、ビンゴ!ということにつながっていきますよ。

振り返りシートは、今大会よりも次の大会を
より良い最高の大会にするためのツールです。

うまくいった人は、
ますますうまくいくために振り返りシートを。

うまくいかなった人は、
うまくいかなったときこそ、
今大会の経験を確実に未来につなげるために振り返りシートを。

指導者はいつも願います。
同じ失敗、同じ負け方は繰り返してほしくない、と。

だから、、、

振り返りシートなのです。

未来を切り拓くためのアイテムが必要なのです。

大切なのは、“これまで” よりも “これから”。

みんなのますますの成長を願った、
菱川先生からのツールです。

また、

もし、いつの日か、
選手として道着をぬぐときが来ても、
そのさきの未来まで、空手で培ってきたことが生きるように、
心づくり、心までトレーニングという思いでもあります。

みんなは、昨年お会いしたときより、
ずいぶんと身体が大きくなってましたね。

心まで、大きくつよく成長して、またお会いしましょう。

菱川道場のみんなの活躍を願っています。
応援しています。

やればできると信じています。

おっす!

川阪正樹






菱川晋作さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス