子どものやりたいことは、親がやってあげるんじゃなくて、子どもがやる | 家庭を子どものBASEに 佐伯和也公式ブログ

家庭を子どものBASEに 佐伯和也公式ブログ

子どもが思う存分遊ぶ(ゲーム含む)ことで、知的好奇心が育ち、それが勉強にも繋がっていく

子どもにも

 

「本当はどうしたい?」

 

って聞いてみるよ、って1つ前の記事で書いたのね。

 

 

 

 

 

 

そしたら、

 

「親に時間やお金、心の余裕が無いと大変ですね」

 

みたいなコメントをいただきました。

 

 

 

「おお?」

 

と思って、よくよくコメントを読んでみると、

 

「子どもの願いを親が叶えてあげる」

 

っていう話だったみたいなのね。

 

 

 

そりゃ、たしかに、親に負荷がかかるから大変だろうなぁ、って思う。

 

でも、

 

「あなたは、何をしたいの?」

 

って問いかける真意は、

 

「子どもの主体性を問う」

 

っていうこと。

 

 

 

つまり、子どもが口にした願いは、

 

「親が叶える前提」

 

じゃなくて、

 

「子ども自身が叶える前提」

 

なのだ。

 

 

 

子どもがやりたいことが何かを考えて、

 

子どもが何をするのかを決めて、

 

子どもが自分でやってみる。

 

そして、その結果を子どもが責任を取る。

 

 

 

これを僕は、

 

「自律学習」

 

って言ってるんだけど、子どものやりたいことは、子ども自身がやってもらいたいんだよね。

 

 

 

ほんで、どうしてもやりたいんだけど、子どもだけだとできない!っていうことが出てきたら、親の力を借りる。

 

「遊びの解放」

 

だからね。

 

子どもが自分でやりたいことをやる、って話なんです。

 

 

 

親が、子どもに何かやってあげるのは、

 

「親がやってあげたい時」

 

だけでいいと思う。

 

 

 

親が子どものために自己犠牲の精神を発揮すると、長く続かないし、子どもが期待通りに動かなかったら、

 

「せっかくやってあげたのに!!」

 

ってなりがち。

 

 

 

子どもは親にやってもらうことを求めたけど、自己犠牲までは求めてない。

 

「あ、これは無理だな」

 

って思ったら、断ったらいい。

 

 

 

子育ての主役は親だから、親が自分を大切にしてないと、まともに子育てなんてできひんと思う。

 

だから、子どもの成長に合わせて、

 

「自律学習」

 

でできることを増やしていってもらう。

 

 

 

子どもが自分の力でできることを増やしていってもらう。

 

子どもにも、

 

「親にやってもらって当たり前」

 

なんて思ってほしくないんだよね。

 

 

 

「何をしたい?」

 

って聞いて、子ども一人じゃできないことを言ってきたら、

 

「そうなんだ、それをやりたいんだ。

 

それは、どうやってやろうと思ってるの??」

 

って続いて聞いてみたらいい。

 

 

 

んで、子どもが「手伝って!」って言ってきて、親が「やってあげてもいいな」って思ったら、交渉成立。

 

親の都合が悪ければ、素直に理由を話して断るのもあり。

 

 

 

子どもの要求を断ったところで、素直に理由を話していれば、悲しい気持ちは感じるかもしれんけど、子どもだって分かってくれる。

 

子どもに嘘の理由を話したり、理由を話さずに断ると、そりゃ子どもだって

 

「え?なんで?」

 

って思うし、時には、

 

「僕って(私って)大事にされてない・・・?」

 

って変に勘繰らせてしまう。

 

 

 

だから、子どもだからと言って侮らずに、素直に理由を話すのは大事。

 

子どもが親の言った理由が理解できれば、それほど傷つかない。

 

と思う。

 

 

 

 

 

今夜28日(水)21時からYouTube Liveやります!

 

テーマは、

 

「夏休みの子どもとの関わり方」

 

です。