子どもの主体性を引き出し、人生すら変えてしまう問いかけ | 家庭を子どものBASEに 佐伯和也公式ブログ

家庭を子どものBASEに 佐伯和也公式ブログ

子どもが思う存分遊ぶ(ゲーム含む)ことで、知的好奇心が育ち、それが勉強にも繋がっていく

僕が書いてるメルマガは、

 

「子どもが自分から勉強を親のコミュニケーション」

 

と、

 

「BASEメルマガ」

 

の2つがあります。

 

 

 

今日のBASEメルマガでは、

 

「僕がお金の窮地を切り抜けて、人生の目的に出会った話」

 

を書いてるのね。

 

 

 

僕が人生の目的に出会った時に、ずっと問いかけ続けていた問いがあります。

 

そして、この問いかけは、

 

「子どもが自分から勉強を始める」

 

っていう状態に持って行く時にもめちゃくちゃ大事。

 

 

 

いや、より正確に言えば、子どもが勉強を始める前に、

 

「子どもの主体性を引き出す」

 

ためにめちゃくちゃ大事な問いかけ。

 

 

 

ものすごくシンプルな問いかけなんだけど、子どもの主体性を引き出すことができるし、僕の人生すら変えてしまった。

 

 

 

この記事にも書いたんだけど、僕は、親が従来の

 

「管理・支配型コミュニケーション」

 

をやめて、

 

「コーチング」

 

を使えるようになってほしいと思っています。

 

 

 

 

 

 

「管理・支配型コミュニケーション」

 

の特徴は、

 

「させる」

 

です。

 

 

 

子どもに勉強を「させる」

 

子どもを学校に行か「せる」

 

子どもに歯磨きを「させる」

 

子どもをお風呂に入ら「せる」

 

子どもを自由に遊ば「せる」

(もはや、それって自由じゃない)

 

子どもにゲームをやめ「させる」

 

などなど。

 

 

 

親が、子どものやってることに干渉して、

 

「させるコミュニケーション」

 

を取る。

 

 

 

親が、子どもに「させている」んだから、子どもの行動の主導権を握っているのは、

 

「親」

 

です。

 

 

 

親が主導権を握ってるんだから、子どもは主体性を封印しています。

 

親に言われないと動かないし、親に許可をもらえないと動けません。

 

親が何を言わなくても、子どもは親の顔色を窺います。

 

子どもは親の動向を気にしています。

 

 

 

そして、子どもは支配者である親に、

 

「恐怖心」

 

を抱きます。

 

 

 

この状態って、親からすると気持ちいいんです。

 

子どもが言うことを聞くし、子どもに「させている」ことで、支配欲も満たされる。

 

 

 

そして、子どもが親を注目をしたり、親に許可を求めてきたりするから、承認欲求も満たされる。

 

子どもは、もう親がいないと生きていけないし、何も自分では考えられない、決められない身体になってしまう。

 

 

 

自己肯定感が低い親は、自分で自分を認めることができないから、子どもが怖れ従ってくれることで、

 

「ちゃんと子育てをしている」

 

っていう認識を持って、安心する。

 

 

 

でも、この安心感は、子どもが従ってくれている間しか作用せずに、子どもは反発し始めると崩れ去ります。

 

子どもが反発することで、親の安心感が崩れ、一気に不安になり、支配者然とした上から目線な態度の裏に隠れていた、

 

「恐怖心」

 

が顔を出してきます。

 

 

 

「管理・支配型コミュニケーション」

 

すなわち、

 

「させるコミュニケーション」

 

って、子どもが従ってくれている間はいいんだけど、反発し始めると一気に親の精神が不安定になります。

 

 

 

そして、子どもの主体性を奪ってしまっているから、子どもは自分のことを自分で決められない。

 

誰かに自分の人生の主導権を握ってもらう生き方しかできなくなります。

 

もちろん、勉強だって、親に言われないとやりません。

 

 

 

 

 

 

 

僕は、子どもにそんな人生を生きてほしくないって思うし、勉強なんて自分のためなんだから、自分の意志でやってほしいって思います。

 

子どもには、人生の主人公として、主体的に生きてほしい。

 

 

 

親が「させるコミュニケーション」をやめて、子どもの主体性を引き出すためにオススメなのが、

 

「子どもにやりたいことを聞いてみる」

 

っていうこと。

 

 

 

1日の始まりでもいいし、学校に帰ってきてからでもいい。

 

寝る前に聞いてもいいし、どこかに出かける計画を立ててる時でもいい。

 

 

 

「あなたは、何をしたい?」

 

って聞いてみてください。

 

 

 

親が「させたいこと」は一切口にしない。

 

子どもが「○○をやりたい」って言ったら、それをやる。

 

子どもが「特にない」って言ったら、何もしない。

 

 

 

子どもが何をやるのかに対して、

 

「何をしたい?」

 

って聞いてみて、子どもに考えてもらって、子どもに決めてもらう。

 

 

 

これだけ。

 

 

 

これだけなんだけど、1回だけじゃなくて、何度も何度も、毎日でもいいから聞き続けてみてほしい。

 

子どもと暇な時間ができたら、まずは

 

「何をしたい?」

 

って聞いてみる。

 

何もアイデアが出てこなかったら、最後に親が

 

「こんなのはどう?」

 

っていう提案をする。

 

 

 

親の意見は、子どもから全然何も出てこない時の最終兵器です。

 

基本的には、子どもに何をしたいかを聞いて、決めてもらう。

 

 

 

どこか出かける時にも、子どもが主役の旅であれば、

 

「どこに行きたい?」

 

「何をしたい?」

 

って聞いてみる。

 

 

 

ご飯を作る時にも、

 

「何が食べたい?」

 

って聞いてみる。

 

 

 

今から7年くらい前に家庭教師をしていた時に、子どもと勉強を始める時には毎回聞いていました。

 

「今日は、何をしたい?」

 

って。

 

 

 

でも、最初は上手く答えられないんだよね。

 

でも、毎回聞き続けてみると、ある時から、

 

「今日は、方程式の練習をしたい」

 

「今日は、学校の宿題で分からなかったところをやりたい」

 

とか答えてくれるようになった。

 

 

 

この子は、問題を解き終えると、僕の顔をよく見るんです。

 

僕の顔色を見て、合ってるかどうかを確認していたんですね(笑)

 

「今日は、何をしたい?」

 

って聞き出してしばらくすると、自分の答えが合ってるかどうかを僕で確認しなくなっていきました。

 

 

 

 

 

 

それから、BASEメルマガに書いた、僕のお金の窮地を救って、人生の目的を見つけるために使っていた問いかけっていうのも、

 

「やりたいことって、何だろう?」

 

でした。

 

 

 

お金が無くて、

 

電気

 

ガス

 

水道

 

ネット

 

携帯

 

とあらゆるインフラを毎月止められてたんよね。

 

 

 

そしたら、家に居ても何もやることないし、携帯もネットも使えないから、何もやることが無い。

 

だから、僕はノートとペンを持って公園に行って、

 

「やりたいことって、何だろう?」

 

って考えてた。

 

 

 

毎日のように、

 

「やりたいこって、何だろう?」

 

って考えていると、次第に、表面的な欲望は出てこなくなり、本気で取り組みたいことが出てくる。

 

 

 

それが、

 

「親子に関わる」

 

っていうことでした。

 

 

 

子育て経験0なのに、子育て中の親たちの悩み相談を受けるなんて、常識で考えるとかなり思い切った挑戦やったな、って思うw

 

でも、自分に子どもができるのを待ってられなかったから、すぐに動き出しちゃった。

 

 

 

ほんで、メルマガを始めたり、「親向け100人コーチング」をやり始めたりして、すぐに親の悩みや困っていることを教えてもらい始めた。

 

そしたら、僕のゲーム経験や、コーチングの経験を使うと、けっこう相談に乗れることも分かってきた。

 

 

 

そうやって、僕は少しずつ今の世界にズブズブと入り込んでいったのでした。

 

からの、今です。

 

 

 

 

 

 

 

「やりたいことは何?」

 

っていう問いかけは、ものすごくシンプルなんだけど、自分の人生はここから始まるんじゃないかな、って思う。

 

1回問いかけて終わりじゃなくて、何度も何度も何度も何度も問いかける。

 

それくらいがちょうどいい。