やりたいことをやるために、お金を稼ぐ | 子どもはみんな天才だ!佐伯和也 公式ブログ

子どもはみんな天才だ!佐伯和也 公式ブログ

子どもが学校に行きたくない、行く理由が見つからないということが増えてきました。その時に、親はどうすればいいのか、子どもにはどう接してあげるといいのか。親向けのメンタルコーチとして活動しています。

★家庭をBASEに|佐伯和也公式ホームページ★

 

★家庭を『安全基地』にするBASEメルマガ★

 

★出版応援団への参加はこちら★(現在370名)

 

家庭内でどう関わればいいのかは、BASEメルマガを購読してみてください。

 

1日33円で読むことができます。(月額1000円)

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

佐伯です。

 

 

 

『親のためのコミュニケーション講座 BASE』

 

はおかげさまで6期目になりました。

 

 

 

1期⇒14名

 

2期⇒12名

 

3期⇒26名

 

4期⇒20名

 

5期⇒18名

 

6期⇒18名

 

ってな感じで、BASEは少人数で開催しているにも関わらず、いつもキャパギリギリの人数が参加してくれています。

 

(本当に、ありがとうございます!)

 

 

 

今でこそ、色んな方に知っていただいているBASEですが、実は、

 

「参加者が全然いない」

 

っていう時期がありました。

 

 

 

1期よりも前に

 

「プレ期」

 

ってのをやってました。

 

 

 

プレ1期

 

プレ2期

 

プレ3期

 

って感じで、3回やったんです。

 

 

 

この3回の参加者は、なんと、

 

「6人」

 

でした。

 

 

 

プレ期は、各回、2人くらいしかいませんでした。

 

コミュニケーションの講座なのに、2人しかいない!

 

 

 

何なら、サポートしてくれてる人の方が人数が多い、っていう何とも寂しい感じの講座でした。

 

(でも、それでも参加してくれた方には、今でも感謝してます)

 

 

 

 

プレ期と比べれば、今のBASEは、参加者数だけで言えば、およそ

 

「10倍」

 

になりました。

 

しかも、ジワジワと参加者が増えたわけじゃなくて、プレ期から1期にかけて、一気に増えました。

 

 

 

なぜか?

 

 

 

それは、僕が、

 

「ビジネスについて、ちゃんと学び始めたから」

 

です。

 

 

 

「ビジネス」というと、

 

「お金目当てなんじゃないの?」

 

「お金を稼ぐことしか頭にない人がやるものだ」

 

「人をお金として見ている」

 

みたいに悪く言われることがあります。

 

 

 

「お金を稼ぐことは悪いことだ」

 

「お金を稼ぐことは卑しいことだ」

 

って捉えて、敬遠してしまうのは、非常にもったいないな、って思います。

 

 

 

なんでかって言ったら、たしかに、僕が

 

「BASEをもっと多くの人に知ってもらって、広めたい!」

 

って思ったのは、自分の収入を増やして、生活を安定させたい気持ちはありました。

 

 

 

僕の生活には、お金がかかるし、BASEを開催するのにも、会場費や、交通費などのお金がかかります。

 

綺麗事は抜きにして、日々の生活にも、BASEを継続するのにも、お金がかかります。

 

 

 

だから、

 

「BASEをやり続けたい、もっと色んな人にBASEの考え方を知ってほしい!」

 

って思った場合には、BASEがどれだけ素晴らしいものであっても、

 

「お金を一切いただかずに、ボランティアでやる」

 

っていう選択肢はなかったし、そもそも、不可能でした。

 

 

 

仮に、お金を一切いただかずにボランティアでやれたとしても、

 

「BASEの参加者が2人」

 

とかだと、BASEを100回開催しても、たったの200人にしか伝えられません。

 

 

 

年に2回開催するとしたら、50年かけて、たったの200人です。

 

もう世代交代が起こっています(笑)

 

 

 

僕がBASEの考え方を本当に良いものだと思っているなら、もっと多くの親に伝えていきたい。

 

であれば、たったの200人に伝えるなんていうスピード感でやってたら、ほとんどの親がBASEの考え方を知らないまま、子どもが大人になってしまう。

 

 

 

だから、僕は、BASEの考え方をもっと多くの親に知ってもらうために、

 

「BASEの考え方を多くの親に知ってもらう方法」

 

を学ぶ必要がありました。

 

 

 

しかも、ただ多くの親に知ってもらうための方法ではなくて、

 

「BASEを継続していけるだけの収入を得られる」

 

っていうのも大事なことでした。

 

 

 

僕の収入が途絶えれば、BASEをやっている場合ではなく、生活すら立ち行かなくなりますからね。

 

 

 

・BASEの考えを多くの親に知ってもらう

 

・BASEを継続してけるだけの収入を得られる

 

この2つの条件を満たすことが、

 

「ビジネス」

 

です。

 

 

 

BASEにたくさんの方に参加してもらって、お金を稼ぐ。

 

稼いだお金を使って、僕の生活を維持しながら、BASEを発展させていく。

 

 

 

ただお金を稼ぐだけの方法は眼中にありません。

 

BASEをたくさんの親に知ってもらって、BASEに参加してくれた親が幸せを感じられるようになること。

 

その感謝の印としてお金を稼ぐ。

 

その方法を僕は知りたいと思っていました。

 

 

 

そして、稼いだお金は、BASEの継続と、僕が『遊びの解放』を地で行くために使わせてもらう。

 

『遊びの解放』と謳っている僕が、全く遊んでいないなら、それはBASEに参加してくれた親を騙していることに他ならないから、稼いだお金は僕自身が遊ぶことにも使う。

 

(といっても、ほとんどゲームしてるだけやけど笑)

 

 

 

そんな僕が求めている「ビジネス」を教えてくれる人はいないかなぁ?と思っていた時に出会ったのが、

 

・永田武さん(たけやん)

 

・渚ひろしさん

 

の2人が主宰をするビジネスコミュニティ、

 

「Dreamer's Journey」(以下、DJ)

 

でした。

 

 

 

たけやんのことは、コーチングスクールで同期だったから、知っていました。

 

「なんか、すごく稼いでいるらしい」

 

っていうのは知っていたのですが、DJを主宰していたことは4年前に知りました。

 

 

 

DJの何が良かったか、って、

 

「遊ぶために稼ぐ」

 

っていう理念です。

 

 

 

お金を稼ぐことが目的じゃない。

 

遊ぶためにお金を稼ぐ。

 

お金を稼ぐのは、その先に、自分が実現したい未来、生活、人生があるから。

 

 

 

DJでのビジネスの考え方は、

 

「DJで教えてくれるお金の稼ぎ方は、自分のやりたことをやるための手段の1つでしかない」

 

っていう考え方。

 

 

 

僕の場合は、

 

「BASEをもっと多くの親に知ってもらうために、お金を稼ぐ」

 

っていう想いでした。

 

あと、ついでに遊ぶためにも(笑)

 

 

 

そのために、お金を稼ぐ。

 

 

 

たけやん、渚さんが教えてくれる方法は、

 

「DJで推奨しているやり方をできるようになろう」

 

っていうだけじゃなくて、2人に相談をしながら、

 

「僕が気持ちよくお金を稼ぐためにはどうしたらいいか?」

 

を一緒に考えてくれる。

 

 

 

2人は、先生というよりも、

 

「伴走者」

 

って感じ。

 

 

 

伴走者だから、そもそも、僕が走っていなかったら2人は共に走ってはくれません。

 

つまり、DJで教えてくれることは、

 

「楽して稼ぐ」

 

とか、

 

「これだけしてれば稼げる」

 

みたいな方法じゃない。

 

 

 

まずは、僕自身が考え、行動をしていることが大前提。

 

その上で、

 

「どういう行動を選択することが、僕の求めている結果を得られるのか」

 

を一緒に考えてくれる。

 

 

 

僕は、自分で言うのもなんですが、けっこう気難しいやつなので、

 

「こういうやり方でやりましょう」

 

って言われても、僕が納得できない方法や、やりたくないことであれば、絶対にやりません。

 

 

 

でも、DJでのたけやん、渚さんは、方法論や、努力を強制しません。

 

あくまでも、僕のペースを尊重してくれているし、話もめっちゃ聴いてくれる。

 

それでいて、ビジネスをする過程も楽しみながら進められる。

 

 

 

たけやん、渚さんは、

 

「先導者」

 

っていうよりも、

 

「伴走者」

 

って感じ。

 

 

 

だから、僕は、この4年間、DJに所属しながら、

 

「僕や、僕を支持してくれる人たちを大事にしながら、お金を稼いでこれた」

 

っていう実感があります。

 

 

 

勉強するのが嫌、できない

 

努力するのが嫌、できない

 

行動するのが嫌、できない

 

っていう人には、DJは向かないと思いますが、

 

「勉強も、努力も、行動もするけど、どうやったら上手くいくのか分からん」

 

っていう人には、DJは向いていると思います。

 

 

 

DJで公表している「月に100万円以上稼いだ人」の数は、今数えてみたら、44人もいました。

 

もちろん、彼らも楽して稼げた人じゃなくて、それ相応の勉強や、行動をしていたから。

 

やる気があって、行動すれば稼げるようになるけど、やる気と行動が無ければ稼げるようにならない。

 

 

 

やる気と行動する気があれば、どう進めばいいのかは、たけやん、渚さん、そして、DJの講師陣が丁寧かつ、親切に教えてくれるし、一緒に考えてくれる。

 

しかも、ビジネスのコミュニティなのに、ビジネス以外のことも親身に相談に乗ってくれます。

 

 

 

なんで、ビジネス以外のことにも相談に乗ってくれるかと言えば、DJは、

 

「お金を稼ぐためのコミュニティ」

 

ではなくて、

 

「遊ぶために稼ぐコミュニティ」

 

「やりたいことをやるために稼ぐコミュニティ」

 

「自分が生きたい人生を選択するために稼ぐコミュニティ」

 

だから。

 

 

 

あ、このDJのイメージは、僕がDJに4年ほど在籍していて、実感している僕なりの観点です(笑)

 

 

 

DJでは、

 

「お金を稼ぐことは手段でしかない」

 

っていう価値観があるから、DJに参加している人たちは、熱くおもしろい人たちばかりなんですが、お金が最優先じゃない。

 

 

 

色んな生き方をしている人がいて、それもまた自分への刺激にもなる。

 

「一主婦が、月に数十万ほど稼いでいる」

 

っていう人もいっぱいいるし、一方で、

 

「何億と稼いでいる」

 

なんていう人もいます。

 

 

 

DJに参加している人たちも、実に様々な人たちがいて、僕みたいに子育て・教育に関わる人もいれば、投資やビジネスに関わっている人、ヒーラーやセラピスト、コーチ、コンサルなど、ほんとに幅広い人たちがいて、視野がめっちゃ広がります。

 

 

 

そんな感じで、今までDJに参加して、楽しみながらお金を稼ぐことができました。

 

そして、何より、BASEを色んな人に知ってもらえたし、北海道に移住して、私立大学生の息子の学費や仕送りをしながら、安心して生活ができているのも、DJのおかげ。

 

そして、何より、僕が今までがんばってきたおかげ!(これはやっぱり大事

 

 

 

そんなDJが、また来年度に一緒にビジネスを学んで、稼いでいく仲間の募集を始めようとしています。

 

「DJっておもしろそうやけど、まだどんなコミュニティなのか分からない・・・」

 

っていう人は、DJの様子が知れる動画を作ってくれているので、ぜひ一度見てみてください。

 

 

 

動画を見るだけならタダなので!

(でも、内容は有料セミナー級です)

↓↓↓

Dreamer's Journey特別対談動画

「私たちのマネタイズストーリー」

 

 

 

お金を増やしたい人、自分で稼いでみたい人は、ぜひ一緒にがんばっていきましょう。

 

人生一度きりですから。

 

やりたいことをやるために、お金を稼いでいきましょ。

 

 

 

ちなみに、僕も、来年のDJにはいますヽ(*´∀`*)ノ

 

 

 

ではでは、ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

★家庭をBASEに|佐伯和也公式ホームページ★

 

★家庭を『安全基地』にするBASEメルマガ★

 

★出版応援団への参加はこちら★(現在370名)

 

★講演会のお知らせ★

【福岡】

2020年12月20日(日)10:00~13:00@博多駅すぐ

講演会「家庭を子どもの『安全基地』にする」

 

申し込みはこちら