みなさんこんにちは

今日は謎に迫るシリーズ!
「聖ヨゼフの階段」について調べてみましょう
聞いたことがある人はいますかこの不思議な階段について・・



何が不思議かというとこの360度を二周している階段。。。。。



この階段。なぜ壊れないのか物理学的にも謎なのだ。
作られた経緯、伝承について調べてみた。

経緯、伝承

サンタフェにあるロレット・チャペルは、建築家 P.ムーリーによって設計されて1873年から工事が始まった。しかし構築物がほとんど完成されてから一つの恐るべき誤りが発見された。
せっかく作られた聖歌隊用の二階の桟敷行く階段が無いのである。
困ったシスターたちは、多くの大工を呼び相談したが、皆、このチャペルに、ふさわしい階段を作る事が出来なかった。

二階に登るにはバルコニーを作り直すか、ハシゴで登るかしかなかった。 
途方に暮れたシスターたちはノヴェナ[九日間の祈り]をすることにしたという。 
そしてノヴェナの最後の日に一人の灰色の髪の毛の男が一匹のロバを連れやってきた。その老人は一つの道具箱を持ってチャペルで止まり、シスターたちのために一つの階段を建設することができるかどうかを尋ねた。シスター達は喜んで同意すると、彼はシスターたちの前で木片をタライにつけて作業を開始した。

用いた道具は一本の鋸、T定規それに金槌だけ。 
出来上がった階段は33段、完全に360度を2回転するらせん状。 
木の釘は使われているが、鉄の釘は一本も使われていない。そして驚くことに、 
螺旋階段を支えるはずの支柱がなく、まるで宙に浮いているようにみえる。 
この支柱の無い現在の科学を持ってしても建築工学上の謎であり奇跡といわれている。

そして階段が完成すると、その男の人は支払いを受ける前に不思議にも姿を消してしまったという。 なお、地方の材木工場は、この事業のために購入されたいかなる木材の記録も持っていなかったという。

経緯、伝承

ホントかどうか怪しいものですが、
実はこの階段の手すりは補強と落下防止の為に
作成から約二年後に新たに設置されたものだ。

その手すりが設置される前に取られた写真がこれである



物理学的にもなぜ崩壊しないか謎。
作った人物も謎。
木材の出処も謎。
作成技術も謎。

申し訳ないが、謎に迫れるのはここまでだ。
全てが伝承によって伝えられたもの。
なおかつ、現存しているこの螺旋階段については



しかし、教会の近くと言うのは奇跡が起きやすいらしい。
明日はカトリックに奇跡と認定された一つの謎に迫っていこう。

ではみなさんまたお会いしましょう

超古代文明とオーパーツの謎 (ほんとうにあった! ? 世界の超ミステリー)

新品価格
¥893から
(2013/7/4 02:49時点)


MMR汎用性高くてすきw
マガジンの編集者さんMMRまたやりませんかw
僕が内容考えますよww見てたらメッセージくださいねwwww

*****************************************************
佐賀県人集まれヽ(*´∀`)ノってグルっぽつくったよ


       
           http://amba.to/VUMc4F


よかったらみんな参加してね
佐賀の人じゃなくても佐賀が好きな人や、気になる人
佐賀人とからみたい人。誰でもお待ちしております
***************************************************
健康の事を考えたショップ作ったのですヽ(*´∀`)ノ

空気洗浄機入荷したよ~♪

  http://bit.ly/VNvAA4

よかったらみなさん

コイツをクリックしてみてくださいね

あと!僕のブログ仲間で絵描きさんがいます

良かったら訪問してみてくださいね
矢印「「忍者のイラストブログ」」矢印




次回もよろしくね~ヽ(*´∀`)ノ