2020年2月3週公開の新作映画、槇原敬之が覚醒剤所持で再逮捕、他 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


▼今週発売の新作ダイジェスト

 

   

02月12日発売■Blu-ray:Official髭男dism one-man tour 2019@日本武道館

02月12日発売■Blu-ray:Official髭男dism @日本武道館 トートバッグ付き

02月12日発売■CD:Official髭男dism @日本武道館 トートバッグ付き

02月12日発売■CD:Official髭男dism I LOVE... ステッカー付き

02月13日発売■NSw:初音ミク Project DIVA MEGA39's

02月13日発売■NSw:初音ミク Project DIVA MEGA39's 10thボックス

02月14日発売■PS4:STREET FIGHTER V CHAMPION EDITION

02月14日公開■映画:1917 命をかけた伝令(ムビチケ)

02月17日発売■食玩:チョコエッグ どうぶつの森 10個入りBOX


▼Kindleセールまとめ

 

02月13日終了■Kindle:【70%OFF以上】電本フェス(対象:2,025冊

02月20日終了■Kindle:【最大40%OFF】KADOKAWA祭り 2020初春(対象:5,549冊

02月20日終了■Kindle:【40%OFF以上】ビジネス書フェア(対象:3,389冊

02月20日終了■Kindle:小学館 時代小説キャンペーン(対象:146冊)

02月20日終了■Kindle:第26回電撃小説大賞記念 電撃文庫フェア(対象:291冊)

02月20日終了■Kindle:ラブストーリーは突然に 恋愛小説大特集(対象:106冊)

02月20日終了■Kindle:読者への挑戦状 超難解ミステリフェア(対象:40冊)


▼2020年2月3週公開の新作映画

 

02月14日公開■映画:1917 命をかけた伝令(ムビチケ)

 

「アメリカン・ビューティー」「007 スペクター」など

ヒット作を多数手がけるサム・メンデス監督が

第一次世界大戦の西部戦線を舞台に作り当てが戦争アクション。

映画全編をワンカットかのように見せかけた、途切れ目のない編集も話題を集めている。

主演はジョージ・マッケイとディーン=チャールズ・チャップマン。

共演にマーク・ストロング、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチ。

これは必ず劇場で観る。

 

 

02月14日公開■映画:1917 命をかけた伝令(ムビチケ)

配信中■Amazonビデオ:フライボーイズ 字幕版


02月14日公開■映画:ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏(ムビチケ)

 

1990年代後半にメディアを席巻した天才美少年作家、J.T.リロイの

虚像と実像について、架空のキャラを演じた

女性サヴァンナ・クヌープの回顧録を映画化したドラマ。

主演はクリステン・スチュワート。

共演は先日のオスカーで助演賞を獲得したばかりのローラ・ダーン。

さらにダイアン・クルーガー、ジム・スタージェスなど。

監督は「ストレンジャー 異界からの訪問者」のジャスティン・ケリー。 

確か2年ほど前にもリロイの映画があったようなと思って探したらAmazonでも配信中だった。

こちらは回顧録がベースなのでさらに切り込んでいるのだろうか。

ちょっと観たい。

 

配信中■Amazonビデオ:作家、本当のJ.T.リロイ 字幕版

 


02月14日公開■映画:屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

 

当BLOGでも取り上げた「ソウル・キッチン」がスマッシュヒットとなった

ファティ・アキン監督の新作は、1970年代のドイツに実在した

連続殺人鬼フリッツ・ホンカの凶行を描いたドラマ。

貧しく孤独、ルックスにも恵まれなかった一人の男が、

娼婦をターゲットにして犯行を繰り返す、ある意味で哀しいドラマでもある。

主演はドイツ期待の新鋭、ヨナス・ダスラー。 

「ハウス・ジャック・ビルト」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

少し前に紹介したばかりの「テッド・バンディ」といい、

このところやたらとシルアルキラーものが多いのは単なる偶然だろうか。

 

配信中■Amazonビデオ:ハウス・ジャック・ビルト 字幕版


02月14日公開■映画:ドミノ 復讐の咆哮

配信中■Amazonビデオ:ブライアン・デ・パルマ 監督作品一覧

 

そういえばしばらく名前を聞いていなかった

私の大好きな監督ブライアン・デ・パルマの7年振の新作。

もう「パッション」から7年も経つのか。

主演はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコライ・コスター=ワルドー。

共演はカリス・ファン・ハウテン、ガイ・ピアース。

デパルマがお元気なのは何よりだが、予告はちょっと引きが弱いな。うーむ。


02月14日公開■映画:影裏(ムビチケ)

 

沼田真佑の芥川賞受賞作を「るろうに剣心」

「3月のライオン」の大友啓史監督が映画化。

大友監督の故郷・盛岡を舞台に、

転勤でやってきた主人公と、彼が唯一心を許した友の突然の失踪の謎を描く。

主演は綾野剛と松田龍平。

共演は筒井真理子など。

 

大友監督はこういった地に足のついた作品でこそ

本領を発揮すると思っているのだが、

綾野剛は「怒り」「楽園」「閉鎖病棟」と

他に醸せない空気を持っているとはいえ、いくらなんでも役柄が似通りすぎていて

マイナスになっている気がする。

もう少し出演作を吟味してほしい。

どの作品も素晴らしいだけに、余計にそう思う。

 

 

02月14日公開■映画:影裏(ムビチケ)

05月13日発売■Blu-ray:閉鎖病棟-それぞれの朝-


02月14日公開■映画:グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~

 

太宰治の未完の遺作として知られる「グッドバイ」を題材にした

ケラリーノ・サンドロヴィッチの舞台を大泉洋の主演で映画化。

戦後間もない東京を舞台に、女にだらしないダメ男の

浮気の後始末を描く人情喜劇。

小池栄子は、舞台からの続投組。

その他の共演は水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊。

監督は「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」の成島出。

成島監督はこちら路線に行くのか。

ちょっと意外な気もするが、時間があれば。

 

  

発売中■書籍/Kindle:グッド・バイ 太宰治 新潮文庫

発売中■書籍:グッドバイ / ケラリーノ・サンドロヴィッチ

発売中■DVD:KERA・MAP#006『グッドバイ』


▼槇原敬之が覚醒剤所持で再逮捕

 

一報を聞いたときに、まず「再逮捕まで意外と時間がかかったな」と思った。

というのも、かれこれ10年ぐらい前に「再逮捕すべくマークしている」と

信頼できる筋から聞いていて、その後も数年おきに「今度こそヤバい」と聞いては流れていた。

一度だけ「今度という今度は」と緊迫したことがあり、

当BLOGでも6年ほど前に名前を伏せて書いたこともある。

21年振りの逮捕とのことだが、おそらく薬物を断ち切っていた時期は

それほど長くないか、下手をすればずっと続いていたのではないかと私は思っている。

SMAPの解散により「世界に一つだけの花」を歌う者がいなくなってしまい

「僕が歌い継ぎます」と宣言していたのも束の間、曲の作者が逮捕という幕切れは残念。

 

個人事務所を立ち上げたあたりから良くない噂を耳にしていたし、

実際に今回の逮捕も槇原一人ではなかったようだ。

覚醒剤だけでなく危険ドラッグの所持の疑いもあるという。

20年かけて持ち直したイメージは再び失墜。

今度はそう簡単には復帰はできないだろう。

初犯の後、復帰に尽力してくれた坂本龍一ら先輩諸氏の顔にも泥を塗ってしまった。

才能豊かなアーティストであることは疑いようもないが

薬物に関しての噂はこの十数年、一度も途切れたことがなく

私個人としてはやはり、初犯でももっとしっかりとした刑罰を与えるべきだったと思う。

もし最初の時点で厳しく処罰され、完全に薬との関係が断ち切れていれば

30周年を迎え、円熟期に差し掛かるこんな大切なタイミングで逮捕などという

憂き目にはあわなかったかもしれない。

 

私は最初の逮捕から数年、槇原の歌が全く響かなくなっていた。

しかし2015年にリリースした「Fall」というシングルのカップリングに

収録されていた「新しいドア」を聞いたときに、

もう一度信じてみてもいいのかもしれないと初めて思った。

 

新しいドア

 

何かもし見つかったら

怖いからと僕は

健康診断もがん検診も

行こうとしなかった

人生の半分はとっくに

過ぎてしまった

何事もなく生きてこれたのは

ラッキーだったけれど

 

それは掛け替えのない大切な人達の声

そのために今僕が出来る事をやらなくちゃ

目をそらし続けてた開けるべき新しい

ドアに手をかけよう

勇気をだして

 

どれだけ長く生きるかは

神様だけが知ってる

でもどんな風に生きるかは

僕らが決められる

 

天国に旅立つ日の前に

少しだけでも余裕があるといいよな

茶の間から聞こえてくる

僕のことを呼んでる声

 

夏の盛りを終えて中年期に差し掛かった槇原の

素直な心情が歌詞にされていて、

これだけ穏やかな生活を送っているのならば

あの情報もガセだったのではないかと思ったほどだった。

しかし、やはり情報が正しかった。

 

偶然だが、数日前に浜村淳のラジオ番組にゲストで来ていたのを聞いたばかりだった。

30周年を迎えて、他のアーティストに提供した楽曲ばかりで構成した

セルフカバーアルバムのPRをして帰っていった。

数日後に、こんな悪夢が待っているとは夢にも思っていなかっただろう。