映画「キングダム」嬉しい誤算な良質アクション大作 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

▼今週発売の新作ダイジェスト

 

04月17日発売■映像:ボヘミアン・ラプソディ Blu-ray/4K/配信 関連商品一覧

★特典映像ディスク&Tシャツ付き

04月17日発売■Blu-ray:ボヘミアン・ラプソディ スチール仕様

04月17日発売■Blu-ray+DVD:ボヘミアン・ラプソディ

04月17日発売■4K+Blu-ray:ボヘミアン・ラプソディ 4K ULTRA HD

★デジタル配信版

04月17日配信■Blu-ray:ボヘミアン・ラプソディ 字幕版 購入版

04月17日配信■Blu-ray:ボヘミアン・ラプソディ 吹替版 購入版

★クイーン関連DVD

04月17日発売■DVD:オン・ファイアー / クイーン1982

04月17日発売■DVD:グレイテスト・ビデオ・ヒッツ1 / クイーン

04月17日発売■DVD:グレイテスト・ビデオ・ヒッツ2 / クイーン

04月17日発売■DVD:ジュエルズ / クイーン

04月17日発売■DVD:クイーン グレイテスト・カラオケ・ヒッツ


▼映画「キングダム」嬉しい誤算な良質アクション大作

 

(c)原泰久/集英社(c)2019映画「キングダム」製作委員会

 

中国の春秋戦国時代を舞台にした原泰久の大ヒットコミックを

「GANTZ」「図書館戦争」「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「BLEACH」と

人気のラノベやコミックの実写を手掛けてきた佐藤信介監督が実写映画化。

大将軍になる夢を追いかける戦災孤児の少年・信と、

中華統一を目指す若き王・エイ政(後の始皇帝)の物語を描く歴史エンタテイメント。

主演は「羊と鋼の森」の山崎賢人。

共演に吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、加藤雅也、高嶋政宏、要潤、大沢たかお。

 

 

【紹介記事】日本のゾンビ映画のスタート地点。映画「アイアムアヒーロー」

 

笑いに逃げず、チープさを居直らず、

きちんとしたキャストで、きちんとお金をかけて、メジャー配給で公開する。

本作は、日本のゾンビ映画のスタート地点となるべき作品だ。

 

映画版の「キングダム」を見終えた最初の感想は、

「アイアムアヒーロー」を観た時とほぼ同じだ。

大手芸能事務所の思惑が張り巡らされたキャスティングと

ハリウッドの1/10にも満たない制作費の縛りの中でこれだけ出来れば上出来だ、と。

佐藤監督は「人気コミックが待望の実写映画化!」の響きが持つ

「駄目そう」の先入観とずっと闘ってきた一人であり、

原作ファンから投げかけられる罵倒を誰よりも多く浴びてきたに違いない。

その経験は作品に投影され、「GANTZ」「図書館戦争」と徐々にクオリティを上げて

「アイアムアヒーロー」まで引き上げられてきたのだと思う。

 

 

04月17日発売■Kindle/書籍:始皇帝中華統一の思想『キングダム』で解く中国大陸の謎

04月19日発売■コミック/Kindle:キングダム 54

配信中■Kindle:キングダム 1〜54巻 まとめ買いセット

 

「キングダム」は、さらなる高みを目指して作られ、一定の成功を収めている。

不満がないわけではないが、人物描写やエピソードの取捨選択が的確で、

単なるダイジェストに陥らせず、映画単体で物語の全景を掴めるように作られている。

映画ではエイ成が反逆を企てた成キョウを撃ち玉座を取り戻すまでが描かれていて、

これは原作・アニメで言えば序盤も序盤。(*アニメで言えばシーズン1の15話あたりまで)

多くを望まず決められた区間をきっちり実写化することで、

映画の後の展開に興味がそそられるようになっていて

試写会場を後にする人々は口々に「原作が読みたくなった」と言っていた。

 

(c)原泰久/集英社(c)2019映画「キングダム」製作委員会

 

成功に大きく貢献しているのがキャスティングの上手さ。

下僕の身の上ながらに将軍を目指す山﨑賢人の直情型芝居は悪くないし

戦乱の物語でマスコット的な役割を果たす河了貂に橋本環奈を当てたのも大正解。

ヒステリックで器の小さい成キョウを本郷奏多が嬉々として演じ、

山の民を束ねる楊端和を演じた長澤まさみのアマゾネス感も良かった。

大沢たかお演じる王騎は、アニメほどの強烈なキャラクターではなく

大柄でピスタチオ風の口調な将軍になっていて、もう一声欲しかった。

「アメトーーク」でノブコブ吉村がコスプレしていた時が近い。

まぁ、だからと言って吉村を出すわけにもいくまいし、仕方ないか。

是非とも大沢たかおに「ンフ」とか「ココココ」とか言わせて欲しかった。

主要人物の再現度が高過ぎて、高嶋政宏や宇梶剛や加藤雅也といった

中堅どころの実力派俳優が揃って没個性的に見えてしまったのは残念。

 

(c)原泰久/集英社(c)2019映画「キングダム」製作委員会

 

特筆すべきはエイ成を演じた吉沢亮の大化けっぷりだろう。

昨年の「リバーズ・エッジ」の好演も記憶に新しいが

本作は山﨑賢人とのW主演と言っても過言ではなく

どころか信が狂言回しに見えてしまうほどの存在感を放っている。

玉座奪還の闘いで皆を鼓舞するシーンも素晴らしかった。

 

発売中■Blu-ray:英雄 ~HERO~

発売中■Blu-ray:レッドクリフ Part II 未来への最終決戦

発売中■Blu-ray:レッドクリフ Part I

発売中■Blu-ray:孫文の義士団 ボディガード&アサシンズ

配信中■Amazonビデオ:孫文の義士団 字幕版吹替版

配信中■Amazonビデオ:墨攻 字幕版(*プライム会員は無料)

 

ストーリーは「孫文の義士団」「王妃の紋章」をベースに

「ブラックパンサー」的な要素を盛り込んだ王道の活劇で、

アクションシーンの比率がかなり高い。

「孫文の義士団」の生身の戦闘が持つリアリティや

「英雄」や「LOVERS」のような絵巻的な美しさ、

「レッドクリフ」のような大掛かりな撮影による圧倒的な大作感などは

残念ながら本作には無いが、

相当頑張ってはいるし続編があるならこの点の向上にも期待したい。

 

ちなみに、ランカイのような大柄なキャラクターは

着ぐるみ感満載でしか再現できないのであれば

いっそ出さないか、通常サイズの人間として登場させるべきでは。

関節の部分がうまく動かせないようで、

ジャンボマックスがピポットをしているような動きしか出来ずに

ここだけ突出してショボかった。

 

北村龍平監督が上戸彩を主演に迎えて「あずみ」を撮ったのが2003年。

あの頃も「日本映画にはなかった壮大なスケール」と謳われていて、

観てショボさに泣いたものだが、16年経ってようやくここまで来たのかと思うと感慨深い。

佐藤監督で「あずみ」を撮り直してくれんか。

 

満点ではないにしろ、原作ファンからも合格点は充分もらえそうな良作。

映画「キングダム」は4月19日より公開。

 

★「Hulu」映画・ドラマが月額933円で見放題。無料視聴体験受付中

★「ビデオパス(au)」月額562円で映画・ドラマが見放題

 

アニメ版は2019年4月現在、Hulu、Netflix、ビデオパスで配信中。

シーズン1・2合わせて70話以上の壮大な物語が見放題。

Amazonプライムビデオにも一時あったのだが、現在は取り扱いがないようだ。


▼Amazon Kindle&書籍キャンペーンまとめ

 

04月18日終了■Kindle:春に色づくモテ本特集(対象:324冊)

04月18日終了■Kindle:周囲に薦めたい ビジネス本特集(対象:89冊)

04月18日終了■Kindle:講談社文庫・伝奇小説フェア(対象:105冊)

04月18日終了■Kindle:空を飛びたい!Si新書フェア(対象:35冊)

04月18日終了■Kindle:定番英語本から学習マンガまで!春の学習本フェア(対象:242冊)

04月18日終了■Kindle:新リーダーの教科書フェア(対象:118冊)

04月25日終了■Kindle:ガンダムORIGIN TVアニメ放映記念フェア(対象:334冊)

04月25日終了■Kindle:幻冬舎文庫フェア(対象:305冊)

04月25日終了■Kindle:KADOKAWA 文芸 春のベストフェア(対象:746冊)

*「孤狼の血」「メゾン・ド・ポリス」など人気作が勢揃い。

04月25日終了■Kindle:KADOKAWA 実用 春のベストフェア(対象:822冊)

04月25日終了■Kindle:ダークサイド・ノンフィクションフェア(対象:40冊)

*食肉王から山口組まで、生々しさが溢れかえるラインナップ。

04月25日終了■Kindle:平成のベストセラーフェア(対象:46冊)

04月25日終了■Kindle:文響社 フェア(対象:171冊)

04月25日終了■Kindle:すごい仕事術2019(対象:69冊)

04月25日終了■Kindle:新生活応援お料理・暮らし本フェア(対象:29冊)

04月25日終了■Kindle:平成、知ってる?覚えてる?フェア(対象:430冊)

04月25日終了■Kindle:人生の達人に学ぶフェア(対象:31冊)

04月25日終了■Kindle:今オススメの学園モノ特集(対象:66冊)

04月25日終了■Kindle:「ひとりで悩まないで」子育てを考えるフェア(対象:69冊)

04月25日終了■Kindle:小学館 春の児童書フェア(対象:127冊)

*ジョブズ、羽生名人などを押し退けて1番人気が「ポケモン」の田尻智氏というのが凄い。

04月25日終了■Kindle:読んだらもっと面白い ノベライズ本フェア(対象:59冊)



sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ