映画「万引き家族」汚くて愛おしいこの世界 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

 


▼今週発売の新作ダイジェスト

 

  

6月8日発売■PS4:PlayStation 4 Days of Play Limited Edition Amazon限定カスタムテーマ配信

6月8日発売■PS4:PlayStation 4 Days of Play Limited Edition

6月8日発売■PS4:PlayStation 4 Pro VR Days of Play Special Pack

6月8日発売■PS4:PlayStation VR Days of Play Special Pack

6月8日発売■PS4:ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

6月8日発売■3DS:超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido

6月8日発売■NSw:超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido


▼Amazon、6月9日までの限定で「Fire TV Stick」を1,000円引き

【6月9日終了】1,000円引き■Amazon:Fire TV Stick

 

【長期休暇に】映画やドラマをサブスクリプションで見倒す作戦 2017

 

Amazonプライム、Hulu、Netflix、YouTube、DAZNなどを楽しむ映像端末として

今や現代生活の必須アイテムとも言える「Fire TV Stick」が

6月9日までの期間限定で通常4,980円が1,000円引きの3,980円で販売中。

これがあるとないとでは生活における快適性がまるで違うので

サブスクリプションサービス加入者でまだ持っていない方はこの機会に是非。


▼映画「万引き家族」汚くて愛おしいこの世界

 

 

第71回カンヌ国際映画祭で最高栄誉のパルム・ドールを受賞した

是枝裕和監督の最新作「万引き家族」が今週末より本公開。

都会の片隅で肩を寄せ合って生きる一家のささやかな暮らしぶりを描く。

出演はリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、城桧吏、佐々木みゆ、樹木希林。

映画に華を添えるカメオ的共演に

池松壮亮、緒形直人、森口瑤子、高良健吾、池脇千鶴、柄本明。

音楽は「メゾン・ド・ヒミコ」の細野晴臣。

 

【祝・パルムドール受賞】これだけは観ておきたい、是枝裕和監督作品ベスト5

 

独り暮らしをしている人がいたとして、

その人のことを近所の人が話題にする時は「あの人」と呼ぶだろう。

結婚していれば「あのご夫婦」になり、

子供がいて、ようやく「あのご家族」になる。

『家族』を名乗るハードルは意外と高く、簡単には手に入らない。

本作に登場する6人家族は、法的には偽物である。

ある者は犯罪で、ある者は秘密で、ある者は憐憫で、ある者は大人の都合で。

それぞれがそれぞれの事情を抱えながら、

セーフティネットが機能していないこの社会で生きてゆくために

肩を寄せ合って家族を装っているだけだ。

しかし、血の繋がりがあっても幸せとは限らない

現代の家庭事情において、始まりが利害関係からであったとしても、

そこに互いを思い遣る心があれば、本物の愛情は芽生えるのではないか。

それを『家族』とは呼べないものだろうか。

 

公開前に様々な憶測や批判が巻き起こっている

センセーショナルなタイトルだが、本作における「万引き」とは

犯罪行為を指す「万引き」のみではない。

(客の忘れ物をこっそり懐にしまう手癖の悪い女もいるが)

劇中で万引きを行っているのはリリー・フランキーと少年の二人だけであり、

「教えてやれることがそれしか無かった」という

偽物の父親が抱える満たされなさ・寂しさを象徴するエピソードになっている。

他の家族は、例えば年金であったり、例えばクリーニング店であったり、

ライトな風俗店であったりと、様々な形で収入を得て生活していて、

リリーも(サボりがちではあるが)肉体労働系の派遣をしている。

決して金に困った家族が全員万引きをする窃盗集団の話ではない。

 

両親の虐待から幼気(いたいけ)な少女を保護すること。

女を作って出ていった亭主の孫娘と暮らすこと。

なけなしの金でしばしの癒しを求めること。

みんなそうやって、誰かから大切なモノを奪って心の平穏を保っている。

誰かのために骨を折り、無い袖を振ることで

いくらかでも罪の意識を軽くしたいのかも知れないし

劇中に出てくる「スイミー」のように

非力だからこそ皆で集まって、弱者に冷たいシステムや

不寛容な社会に対しささやかな抵抗を試みているのかも知れない。

 

「その方法しか無かった」彼等の生活を

「ただの窃盗だ」「犯罪行為の正当化だ」と口汚く罵ることで

何が得られるというのか。その先にどんな社会を描こうとしているのだろう。

と、公開前に寄せられる批判的な意見に一言申し上げたい気持ちもあるが、

先日のオスカー賞レースが何かにつけトランプ政権への批判を絡めて

語られていたことに少なからず不満を抱いてもいたので、

「そんな映画じゃないですよ」と小さく囁いておくだけにする。

 

私達の住む国は、本当にこの道を進んで行けば良いのか。

今の日本に何が足りていないものは何だろうかと改めて深く考えさせられる。

「誰も知らない」の観察力、「歩いても歩いても」「海よりもまだ深く」の家族観、

「空気人形」の人間模様、「三度目の殺人」の緊張感と、

是枝監督が自ら「この10年間の集大成」と語った意味が理解できる、まさに至高の完成度。

これを観ずして今年の映画は語れない。

 

映画「万引き家族」は6月8日より公開。

 

  

6月8日公開■Movie:万引き家族 ムビチケEメールタイプ

6月15日再販■Book:文藝別冊 是枝裕和

発売中■Book:万引き家族 / 是枝裕和


 

▼Kindleセール情報

【6月07日終了】★Kindle:Kindleマンガ50%OFFセール

【6月07日終了】★Kindle:ぶんか社 期間限定無料&50%OFFセール

【6月07日終了】★Kindle:【50%OFF以上】ノンフィクションフェア

【6月07日終了】★Kindle:【30%OFF】新本格30周年フェア

【6月07日終了】★Kindle:【50%OFF】いま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セール

【6月21日終了】★Kindle:【最大93%OFF】実用書大幅値引きフェア

【終了未定】★Kindle:【50OFF以上】戦隊ヒーロー超全集フェア(仮面ライダー、戦隊ヒーロー編)




sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。