2018年4月1週発売の新作、Blu-ray「キングスマン:ゴールデン・サークル」発売 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:


▼Amazon Eco、4月3日より一般販売を開始

 

4月3日発売■ETC:Amazon Echo Dot ブラック

4月3日発売■ETC:Amazon Echo チャコール(ファブリック)

4月3日発売■ETC:Amazon Echo Plus スマートホームハブ内蔵 ブラック

★Amazon Alexaスキル一覧

 

これまで招待制での販売を行ってきた

Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」各種が

4月3日より一般販売を開始。

発売前日の4月2日までの期間限定で、エントリーモデルの「Echo Dot」が

25%(1,500円)OFFになるキャンペーンも開催中。

目覚まし時計を買ったら色々とオプション機能が付いてきた、ぐらいに思っておけば

なかなか遊べるガジェット。

 

★Amazonギフト券 5,000円チャージで1,000ポイント還元キャンペーン


▼今週発売の書籍

 

 

4月3日発売■Book:クラフターとギャザラーをゼロから極める FFXIV マニュアル

4月4日発売■Comic:ワンパンマン 16

 

★Amazon 来週リリースの注目作品の売れ筋ランキング(書籍全般)

 

<Kindleセールまとめ>

 

30%OFF■Kindle:遺譜 浅見光彦最後の事件 上 「浅見光彦」シリーズ

30%OFF■Kindle:遺譜 浅見光彦最後の事件 下 「浅見光彦」シリーズ

30%OFF■Kindle:遺譜 浅見光彦最後の事件【上下 合本版】

【4月12日終了】★Kindle【30%OFF】内田康夫特集

【4月05日終了】★Kindle【最大50%OFF】KADOKAWAコミック・ライトノベルフェア

【4月05日終了】★Kindle【30%OFF】春のビーンズ文庫デビュー祭り

【4月05日終了】★Kindle【30%OFF】講談社文庫・講談社文芸文庫のエッセイフェア

 


▼今週発売のゲーム

 

4月7日入荷■PS4:PlayStation VR カメラ同梱版

Amazon限定 日本驚嘆百景 聖なる頂き~霊峰富士~ 配信

4月7日入荷■PS4:バイオハザード7 ゴールドエディション グロテスクVer.

PlayStation VR PlayStation カメラ同梱版 セット

 

発売直後は品薄が続くなど、コンシューマー初の本格VR体験機として

人気を集めていたPlayStation VRが

4万4,980円から3万4,980円(どちらも税別)に1万円の大幅値下げを発表。

視界を覆うVRでのゲーム体験は他では味わえない独特のものではあるが

5万を超える価格は周辺機器の範疇ではなく、

欲しいが手が届かないという方も多かったはず。

Amazonでは4月7日入荷分として、映像ソフト(DL版)を同梱したものと

VR対応ゲームの代表作「バイオハザード7」を同梱した2種類が同時発売予定。

 

4月5日入荷■PS4:PlayStation 4 Pro 黒 1TB 縦置きスタンド付き

4月5日発売■PS4:Seagate PS4向け ポータブルハードディスク 4TB

4月5日発売■PS4:Seagate PS4向け ポータブルハードディスク 2TB

 

VR体験を100%の状態で楽しみたいならPro本体がお薦め。

ちょうど5日の入荷分があり。

 

発売中■PS4:PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版(楽天ブックス)

 

楽天ブックスでは値下げと同時に新価格で販売中。

Amazonではほぼ同じ価格で映像ソフト(DL版)が付いてくるので

今すぐ欲しいか、1週間待ってソフト付きにするかはお好みで。


▼今週発売のBlu-ray

 

 

<Amazon限定特典付き>

4月6日発売■Blu-ray:キングスマン:ゴールデン・サークル 4K ULTRA HD

4月6日発売■Blu-ray:キングスマン:ゴールデン・サークル スチール仕様

4月6日発売■Blu-ray+DVD:キングスマン:ゴールデン・サークル

<特典なし>

4月6日発売■Blu-ray+DVD:キングスマン:ゴールデン・サークル 早期特典付き

4月6日発売■Blu-ray+DVD:キングスマン:ゴールデン・サークル

 

1月に紹介したばかりの「キングスマン」シリーズ第2弾が早くもBlu-rayで発売。

 

第1作のインパクトが強ければ強いほど続編にかけられる期待は大きくなり、
同等程度ではなかなか納得してもらえない。
前作は終盤の破壊力が半端無かったが、
続編は序盤からフルスロットルで爆走する。
音楽に載せて戦闘シーンをきっちり終わらせる見せ方は
昨年公開された「ベイビー・ドライバー」を彷彿させるが、
こちらは「チキ・チキ・バン・バン」よろしく
車のまま海中まで潜ってしまうハチャメチャぶり。
作品の全体のノリがよりおバカ方面に進化しており
これは近作で言えば「マイティ・ソー バトルロイヤル」に通じる。
重厚さとポップさを併せ持った前作が配合比率50/50とするなら
今作は30/70ぐらいでポップ方面に舵を切っており
テイストが異なっていることに違和感を覚える方もいるかも知れない。
ただ、コリン・ファースが登場してからは
ぐっと物語に格調が戻ってくるのでしばしの我慢。
私的には、ジュリアン・ムーアとコリン・ファースの
「シングルマン」コンビがこんな形で再共演を果たすは
夢にも思ってもいなかったので大いに楽しませていただいた。


本作のMVPはエルトン・ジョン。
せいぜい「ゾンビランド」のビル・マーレイ程度の
「ちょっといじられる大御所」ぐらいに思っていたのだが
ここまでやるかの大活躍。

巨漢に似合わぬ可愛い服装をヒラヒラさせながら
性欲に正直で欲望に弱く悪を許さないエルトン・ジョンの勇姿は
ティム・バートン版「バットマン」で
ダニー・デヴィートが演じたペンギンのサニーサイド版と言えよう。
エルトンの大活躍によって、本来ならラスボスとして君臨するはずの
ジュリアン・ムーアが霞んでしまったのは
意図していた結果なのか、それとも事故なのだろうか。
前作のファンなら劇場で観る価値大アリ。
未見の方も楽しめるが、出来れば前作を予習してからの方がベター。


4月4日発売■Blu-ray:アベンジャーズ&アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

4月4日発売■Blu-ray:アベンジャーズ MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:アイアンマン2 MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:アイアンマン3 MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:マイティ・ソー MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX

4月4日発売■Blu-ray:アントマン MovieNEX

 

いよいよ今月末公開になる「アベンジャーズ」シリーズ第3弾を前に

シリーズ2作といくつかのMCU作品が

アウターケース付きのリニューアル版として発売。

公開中の「ブラックパンサー」のエンドロール後のおまけに

本作との関連を匂わせる短いシーンが用意されていたので

「おお、●ッ●●がここと絡んで来るのか」とさらに期待が高まった。

 

 

4月27日公開■Ticket:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

 

連作となる2019年5月公開予定の「アベンジャーズ4(仮)」をもって

主要キャラクターの何人かが降板すると発表しているが

ひとりは何度も話の出ていたクリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)として

残りは誰になるのだろう。

やはりロバート・ダウニー・Jr.(アイアンマン)や

マーク・ラファロ(ハルク)だろうか。

スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ)は

単独主演作が2020年公開予定でスタートしたと言われていることから

このタイミングでの降板は無さそう。

ここ数年だけでアントマン、スパイダーマン、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、

ドクター・ストレンジ、ブラックパンサーと

立て続けに新キャラクターが立ち上がっており、マーベル部屋は万年すし詰め状態。

さらに今後、マーベル作品では初めて女性(ブリー・ラーソン)を主人公にした

「キャプテン・マーベル」も待機中。

また、先日ディズニーがフォックスを傘下に収めたことで

エックスメンも合流するとも噂されているので

もし実現すればかなり大胆な入れ替えがありそう。

私的には、ジェレミー・レナー(ホークアイ)は地味に好きなキャラなので

残していただきたいところ。さてさて、どうなりますか。


4月4日発売■Blu-ray:女神の見えざる手

 

「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインが

政界を裏から操作するロビイストを演じて話題となった社会派のサスペンス。

アメリカでは事件が起こる度に持ち上がっては頓挫している

銃規制法案を巡って対立する両陣営の綱引きを描いている。

共演はマーク・ストロング、ジョン・リスゴー、サム・ウォーターストン。

監督は「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のジョン・マッデン。

ジェシカ・チャスティンの出演作にハズレ無しの法則

(*私が勝手にそう思っている)の通り、見応え抜群のサスペンスになっている。

中座すると緊張感が切れてしまうので、時間を確保して腰を据えての視聴をお薦め。


4月4日発売■Blu-ray:ユリゴコロ スペシャル・エディション

 

【紹介記事】もっと上手に生きられたなら。映画「ユリゴコロ」より抜粋。

 

湊かなえ・真梨幸子と並ぶイヤミスクィーンとして

現在大人気の沼田まほかるの原作を映画化した「ユリゴコロ」がBlu-ray化。

主演を務めるのは「花子とアン」の吉高由里子。

共演は松山ケンイチ、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、木村多江。

監督は「君に届け」「心が叫びたがってるんだ。」の熊澤尚人。

 

もっと上手く生きられたらどんなにか楽だろう。

そう思い(願い)ながら、上手に生きられない人がいる。

一般的な幸不幸の物差しでは測れない自分という存在をありのままに受け入れて、

世間の枠組みにぶつかりながら怪我だらけで生きていくしかない。

 

本作は主人公・美紗子(吉高)がユリゴコロ(拠り所)を追い求める物語である。

ある日、生き物の死に抑え切れないほどの興奮を感じた美紗子は

自分にとってのユリゴコロが「死」であることを悟る。

しかし、次々と死を呼び込む美紗子の前に現れたひとりの男・洋介(松山)が、

死の匂が充満した湖から彼女を引き上げることに成功するのだが・・・。

 

物語は、松坂桃李演じる亮介が

余命幾許もない父の部屋で見つけた1冊のノート

「ユリゴコロ」の内容にのめり込むことから始まり、

中盤以降は一気に夫婦・家族の話へとシフトしてゆく。

亮介の弟や、亡くなった亮介の母親の妹など

サイドキャラクターをごっそり削る大胆な脚色によって

2時間内で完結する物語へと再構築され、

「ヒメノア〜ル」的なちょっと良い話もプラスされていて収まりはいい。

その代わり、木村多江が演じるキーパーソン・細谷の登場のさせ方や

彼女の行動などに明らかな齟齬が発生しており、

原作ファンがどう受け止めるのかは難しいところ。

正直ミステリーとしての完成度はそれほど高くない。

しかし、拠りどころの無い二人が出逢い、互いの隙間を埋め合って

小さな小さな幸せを見つける物語としては抜群に良く出来ている。

吉高由里子・松山ケンイチ・松坂桃李それぞれの芝居が良く、

3人のアンサンブルによって映画が格上げされていることは間違いない。

 

人殺しを美談にするのは許せない。

この映画を観て、そう腹を立てる人も出てくるかも知れない。

孤独な少女がユリゴコロを追い求めた結果だとしても許されることではないし、

彼女はその罪に見合うだけの償いを受けているとも思えない。

なのに何故だろう。

私は美紗子を哀しい人だと思ってしまった。

熊澤監督による原作からのアレンジは、

中島哲也監督の「嫌われ松子の一生」に通じるものがあったのではないか。

誰もが冷酷な殺人鬼だと石を投げるなら、

せめて自分は彼女の哀しみにスポットをあてたい、と。

 

4月25日発売■Blu-ray:彼女がその名を知らない鳥たち 特別版

 

昨年公開のまほかる作品で映画賞を席巻した

「彼女がその名を知らない鳥たち」は25日発売。

賞レースの結果は大きく差が出てしまったが

私は「ユリゴコロ」もかなり好み。

殺人やリストカットなど過激なシーンが多い「ユリゴコロ」が

賞を与えるには不似合いとして敬遠されたものと思われる。


4月3日発売■Blu-ray:デジモンテイマーズ Blu-ray BOX

4月4日発売■Blu-ray:ヴァイオレット・エヴァーガーデン1


▼今週発売の新譜

 

4月4日発売■Blu-ray:がらくたライブ(2Blu-ray+BOOK)限定盤 / 桑田佳祐

4月4日発売■Blu-ray:がらくたライブ 限定盤 早期購入特典付き / 桑田佳祐

4月4日発売■Blu-ray:がらくたライブ / 桑田佳祐

4月4日発売■Blu-ray:がらくたライブ 早期購入特典付き / 桑田佳祐

 

サザンと並行して続いてきた桑田佳祐のソロ活動30周年イヤーを締めくくり

「桑田佳祐LIVE TOUR 2017「がらくた」」がパッケージ化。

限定盤には、神木隆之介、野村周平がW主演を務め

桑田本人も出演したドキュメンタリー・ファンタジー映画「茅ヶ崎物語 」と
特製ブックレット「KUWATA KEISUKE 2017 BOOK」が同梱。

限定・通常共に早期購入特典のクリアファイル付きと無しの2種類があり。


ライブの模様は昨年11月の東京ドーム公演2DAYSと

同12月の京セラドーム大阪公演2DAYSから編集された

パッケージ版ならではのオリジナルエディション。

日替わりだったアンコール楽曲「ダーリン」「明日へのマーチ」も収録している。
収録曲の一部は以下の通り。


・愛のプレリュード
・大河の一滴
・東京
・Yin Yang(イヤン)
・若い広場
・悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
・波乗りジョニー
・ヨシ子さん
・スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)
・白い恋人達
・祭りのあと
・明日晴れるかな
・ダーリン
・ひよっこ 紅白特別編 

「がらくた」はタイアップ曲が多かったために

コンセプトは曖昧な印象が否めなかったが、

私の大好きな「月」「東京」ラインを思わせる「簪」という

新たな名曲も誕生し、待った甲斐のあるアルバムだった。


4月4日発売■Blu-ray:音楽と私~35周年アニバーサリー・ツアーin東京2017 / 原田知世

 

いつまでも変わらない瑞々しさと

年を重ねるごとに洗練されていくボーカルで

独自の世界観を築き上げている原田知世の

デビュー35周年記念ライブがBlu-rayで発売。

昨年11月に行われたBunkamuraオーチャードホールでの

千秋楽公演の模様を収録したもので、映像ソフトは7年半ぶり。
昨年発売されたセルフカバー「音楽と私」の収録曲を中心に

ヒットシングルを網羅したセットリスト。

 

01. 時をかける少女

02. ドント・ノー・ホワイ

03. 夢の人

04. うたかたの恋

05. ロマンス

06. 愛のロケット

07. ときめきのアクシデント

08. 天国にいちばん近い島

09. ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ

10. 地下鉄のザジ (Zazie dans le metro)

11. 年下の男の子

12. 空と糸 -talking on air-

13. くちなしの丘

14. Double Rainbow

15. September

16. 時をかける少女

 

伊藤ゴローと組んでからは路線が固まったようだが

もともと原田知世は坂本龍一、鈴木慶一、後藤次利、トーレ・ヨハンソン、

GONTITI、羽毛田丈史と名立たるプロデューサーを迎えて

様々なサウンドに取り組んできた。

上記の16曲は初期と近年寄りの曲が中心で

彼女の音楽史を語る上では外せない(と私が思っている)

「雨のプラネタリウム」「彼と彼女のソネット」「Silvy」

「シンシア」などが省かれたのは残念だった。

特に「音楽と私」バージョンの

「雨のプラネタリウム」のカッコ良さに驚嘆した身としては

あれだけでも生で収録して欲しかった。

おニャン子全盛期を思わせる後藤次利のメロディが

全く違った雰囲気となって生まれ変わっていて

伊藤ゴローの非凡さを見直したぐらいだった。


 

4月4日発売■CD:寒水魚 / 中島みゆき

4月4日発売■CD:予感 / 中島みゆき

4月4日発売■CD:はじめまして / 中島みゆき

4月4日発売■CD:御色なおし / 中島みゆき

4月4日発売■CD:miss.M / 中島みゆき

 

1970年代から現在まで常にトップランナーであり続ける

唯一無二の歌姫・中島みゆきの初期〜中期にかけてのアルバムが

最新のリマスタリングを施したHQCDで再発売。

3月に発売された初期に続き、今月は「悪女」の大ヒットによって

「『うらみ・ます』の中島みゆき」のイメージを払拭し、

立て続けにヒットを出していた80年代のアルバム5作品が一斉発売。

「糸」と同じく様々なアーティストにカバーされている「ファイト!」収録の「予感」、

ご乱心時代の幕開けとして知られる「はじめまして」、

楽曲毎にプロデューサーが変わるセルフカバーアルバム「御色なおし」など

いずれ劣らぬ名盤揃い。

私としては、「寒水魚」や「予感」はLP盤を買って

擦り切れるほど聴いていた時代でもあり、特に思い入れがある。



 

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス