忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:



▼Blu-ray「ベイビー・ドライバー」1月24日発売


01月24日発売■Blu-ray:「ベイビー・ドライバー」
01月24日発売■Blu-ray:「ベイビー・ドライバー Amazon限定特典付き」
01月24日発売■Blu-ray:「ベイビー・ドライバー 4K ULTRA HD」
01月24日発売■Blu-ray:「ベイビー・ドライバー 4K ULTRA HD Amazon限定特典付き」

【紹介記事】鳴りっぱなしのGood Boy。映画「ベイビー・ドライバー」

ロメロへのオマージュを盛り込みつつ、まさかのコメディに仕上げた
「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004年)が大絶賛され
一躍注目の若手監督として脚光を浴びたエドガー・ライト。
その後も「ホットファズ」「ワールズ・エンド」と話題作を発表し続け
英国コメディの雄として確固たる立場を築き上げてきたエドガーが、
43歳にしてついにハリウッドでメガホンをとった。

記念すべき第1弾となる「ベイビー・ドライバー」は、
軽めのコメディを身上としてきたこれまでの作風から大きく脱却し、
アメコミ原作や重厚過ぎない音楽映画がもてはやされる
現在のヒット事情を見据えたアクション快作。
ド派手な「ワイルドスピード」シリーズとは異なり
カッコ良くて楽しくオサレなテイストを持った本作は
これまでのエドガー作品ファンだけでなく
新規ファンも開拓しそうな出色の仕上がり。
主演は「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴート。
共演はケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジェイミー・フォックス。



エドガー・ライトの初期から観ているファンがどう受け止めたのかは不明だが、
私にとって本作は嬉しい誤算だった。
相棒とも言えるサイモン・ペッグを起用せず(似た人が出てきて笑ったが)、
本国で培ったノウハウは味付け程度に抑えた”飛車角落ち”の演出で
ここまでスタイリッシュなアクションを作ることが出来るとは。
本作は音楽をふんだんに使用しながらもミュージカルではない。
音楽はメッセージを伝えるための手段ではなく、
楽曲の良さを際立たせるために映画を利用した音楽讃歌とも言え、
そのピュアな音楽愛は一連のリチャード・カーティス作品や
ジェームズ・ガンの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に近い。

その他にも、一見軟弱そうな主人公がスゴ腕を発揮するのは「キングスマン」。
アンセル・エルゴートはちょっとへたれっぽいルックスや
ギャングの手伝いをしながら悪に徹し切れないところも含めて
「キングスマン」のタロン・エガートンとの共通点が多い。
タランティーノというよりはガイ・リッチーに通じる
スタイリッシュな映像は「コードネーム U.N.C.L.E.」っぽいところもあり、
どこを切ってもオサレ、どこを切っても楽しい作品に仕上がっている。

終盤で少しだけ失速してしまうこと、シリアスに走り過ぎるところは惜しいが、
エドガー・ライトの運転する車の助手席に座り、お気に入りのプレイリストを
一通り聴かせてもらったような気分にさせてくれるゴキゲンな作品。
特典映像も139分と特大ボリュームで、これはBlu-rayで買いの1本。



▼Blu-ray「ダンケルク」12月20日発売


12月20日発売■Blu-ray:「ダンケルク 4K ULTRA HD Amazon限定スチールブック仕様」
12月20日発売■Blu-ray:「ダンケルク アルティメット・エディション 4K ULTRA HD」
12月20日発売■Blu-ray:「ダンケルク DVD」
12月20日発売■Blu-ray:「ダンケルク プレミアム・エディション DVDセット」

こだわりの強い作品で熱狂的なファンを持つ
クリストファー・ノーラン監督が手掛けた初の実話。
特撮を使わない生身の映像と臨場感たっぷりの音響により
観客を戦場のど真ん中に放り出す、
3Dでも4Dでもない究極の戦場体験の出来る戦争映画がこの「ダンケルク」。
40万人にも及んだ史上最大の救出作戦の裏には
名もなき市井の人々の協力があったとする
ストーリーだけで言えば地味な作品だが、
ケネス・ブラナー、マーク・ライランス、トム・ハーディーといった
大スター達が(おそらくは意図的に)存在感を薄めながら
作品の世界で一兵卒として息づいている。

私は劇場で観たので臨場感を楽しむことが出来たが
さて家庭で視聴してどれだけスクリーンに近い体験が出来るだろうか。
可能な限り大きなサイズで、
可能な限り高画質・高音質の環境で楽しんでいただきたいので
今回は4K版をイチ押しとさせていただく。
ノーラン作品のお楽しみである特典映像は100分以上のボリューム。
ファンは買って損なし。


12月20日発売■Blu-ray:「バットマン ビギンズ 4K ULTRA HD」
12月20日発売■Blu-ray:「ダークナイト 4K ULTRA HD」
12月20日発売■Blu-ray:「ダークナイト ライジング 4K ULTRA HD」
12月20日発売■Blu-ray:「インセプション 4K ULTRA HD」
12月20日発売■Blu-ray:「インターステラー 4K ULTRA HD」

同日には過去のノーラン作品が一斉に4K版で発売。
「インターステラー」の4Kはかなり凄そう。



▼真木よう子の降板よりも不安なサブタイトル


発売中■Blu-ray:「サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション」

Blu-ray発売週の過去ログより再掲。

「サニー」は、1970~80年代にヒットした洋楽を散りばめた韓国発のドラマ。
25年振りに再会した高校時代の同級生が重病を患っていると知り、
久しぶりに仲の良かったメンバーを揃えようと奮闘する。



アメリカやイギリスでは良く使われる定番の題材だが、
韓国映画と言えば重厚で美しい音楽という印象があるので、
ユーロやアメリカンポップスがふんだんに流れるのは何とも不思議。
とはいえ、笑いも涙も喧嘩も、喜怒哀楽をオーバーに表現する手法は
やっぱりいつもの韓国映画なので、全体的にもう少し演出を抑えめにして、
最後のエピソードに現実味を持たせれば名作にも成り得た気がする。
日本でリメイクすればかなり良い物が出来そうだ。



SUNNY 強い気持ち・強い愛

と書いたのが2012年7月。
まさか5年後に本当に日本でリメイクされるとは思わなかった。
日本版は主人公を篠原涼子、篠原の少女時代を広瀬すずが演じる。
真木よう子は篠原の親友役で、その他の共演者は
小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美と
韓国版を意識したキャスティングになっている。
ところが、クランクイン後になって真木よう子が突然の降板を発表。
代役は「セシルのもくろみ」でも共演していた板谷由夏に決定した。
監督は「モテキ」「奥田民生になりたいボーイと
出会う男すべて狂わせるガール」の大根仁。
プロデューサーは「君の名は。」「何者」のヒットメーカー・川村元気。
川村と大根監督は「バクマン」でも組んでいる。

懐かしいポップソングに乗って青春時代を振り返るドラマとなれば
「モテキ」「SCOOP」の大根監督に白羽の矢が立ったのは理解できるが
もともと韓国版は当時流行った洋楽がふんだんに使われているのが
ウリのひとつになっていた。
だからこそタイトルが「SUNNY」(ボニーMのヒット曲名)なのだ。
他にもシンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」や
リチャード・サンダーソンの「愛のファンタジー 」など
40代以降の涙腺を直撃する曲が次々と流れるのが楽しかったのである。

ところが、日本版にはあろうことか「強い気持ち・強い愛」と
思い切りJ-POP(小沢健二)の曲名がサブタイトルに加えられている。
大根監督は映画「モテキ」や舞台「竹内まりやソングミュージカル
本気でオンリーユー」など楽曲(歌)を多用することで知られているが
この映画をいつもの手法でJ-POPのヒット曲ばかりで構成しているのだとしたら
『「少し背伸びして洋楽を聴いていた青春時代」を懐かしむ大人達の友情物語』
という本作の土台が崩れてしまう。
もちろん、劇中ではきちんと洋楽が使われている可能性もあるが
このサブタイトルを見ただけでえも言われぬ不安感が広がっていくのも事実である。
大根監督の作品が最近パッとしないのも一因かも知れない。
不安が外れてくれますように。



▼映画「ジグソウ SAW ソウ・レガシー」一周回って綺麗に復活


11月15日発売■Blu-ray:「【おトク値! 】ソウ 1」
11月15日発売■Blu-ray:「【おトク値! 】ソウ 2」
11月15日発売■Blu-ray:「【おトク値! 】ソウ 3」
11月15日発売■Blu-ray:「【おトク値! 】ソウ 4」
11月15日発売■Blu-ray:「【おトク値! 】ソウ 5」
11月15日発売■Blu-ray:「【おトク値! 】ソウ 6」
11月15日発売■Blu-ray:「【おトク値! 】ソウ 7 ザ・ファイナル」

【関連記事】違う、SAWじゃない

ハロウィンシーズンと言えば「SAW」の新作の季節。
ホラー映画ファンにとって一時期は風物詩のように愛されていた
「ソウ」シリーズが7年振りに復活した。
監督に「プリデスティネーション」が映画ファンの間で絶賛された
マイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟を迎え
10年前に死んだはずのジグソウを再びスクリーンへと呼び戻す。
ジェームズ・ワン、リー・ワネルらは今作も製作で参加。
ジョン・クレイマー(ジグソウ)役のトビン・ベルも登場し
長年シリーズを観続けてきた私には胸アツな作品である。



続きはこちらで。



▼Kindleセール情報まとめ


【11月16日終了】★Amazon Kindle『新潮社マンガ』50%ポイント還元キャンペーン
【11月16日終了】★Amazon Kindle【50%OFF以上】泣けるマンガフェア
【11月16日終了】★Amazon Kindle【50%OFF以上】 IT/専門書フェア
【11月20日終了】★Amazon Kindle【50%OFF多数】早川書房 海外SFセール
【11月30日終了】★Amazon Kindle ニコカド祭り2017

16日と20日終了の新しいセールが10日より開催中。


63%OFF(324円)■Kindle:「2001年宇宙の旅〔決定版〕」
61%OFF(405円)■Kindle:「あなたの人生の物語」
58%OFF(335円)■Kindle:「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」

対象作品が16作と数自体は多くないが、往年の名作から2017年公開の最新作まで
SF映画の原作にもなった書籍が大幅値引きセールを実施中。
これはSF好きは目を通しておくべき。

【11月20日終了】★Amazon Kindle【50%OFF多数】早川書房 海外SFセール




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。