8800円で専属契約可能。「Wii Fit/Wiiフィット」は安価なパーソナルトレーナー | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

2007年12月01日発売■Wii:「Wiiフィット バランスWiiボード同梱」
2009年10月01日発売■Wii:「Wiiフィット プラス ソフト単品」
2009年10月01日発売■Wii:「Wiiフィット プラス バランスWiiボード同梱」

スポーツクラブに行かない日が3日続いただけで
体のあちこちがムズムズしてくる私が、
家庭で出来る簡易レッスンツールとして期待していた
「Wii FIt/Wiiフィット」がいよいよ発売された。
発売日に購入して2日ほど使い込んでみた感想。

これは決して、簡易レッスンツールなどではない。
現役のスポーツクラブ会員にこそ試して欲しい、本格的なレッスンツールである。

まずは、身長と生年月日を入力、
簡単なテストを行い、ベースとなるバランス年齢(BMI)を計測する。
このバランス年齢の数値を元に、いつまでに何キロ減などの目標を立てさせ、
それに近づけるべく運動を日課にさせようというわけだ。
私の結果はというと、左右の重心バランスもBMI値も理想的であった。
まぁ、スポーツクラブに通っている身としては、このぐらい当たり前であろう。
フハハハハ。

ちなみに、3歳のお子は身長が90cmしかないため
入力出来る最低値の100cmに10cmほど届かなかった。
そのため結果も「痩せ過ぎ」と出てしまったが、
まさかこの数値を元に目標を立てるわけにもいかず
仕方ないのでそのまま遊ばせている。
「フラフープ」も「踏み台リズム」も得意なだけに残念無念。

話を戻そう。
トレーニングは、大きく分けて
「ヨガ」「筋トレ」「有酸素運動」「バランスゲーム」の4種目。
「ヨガ」は、DVD教材などで良くある各ポーズのレッスン。
「筋トレ」は、スポーツクラブのプログラムなどで使用される
筋力トレーニングを、ひとつひとつの動作に分けてのレッスン。
「有酸素運動」は、ウォーキングマシンや
今年末に大プロモーションを仕掛けている「JOBA」などに
近い効果を得ることが出来るレッスン。
「バランスゲーム」は、骨盤矯正などによる
体の微調整が主目的のレッスンとなっている。

基本的には、好きな種目を好きなだけやっても構わないのだが、
スポーツ馬鹿の私からひとつだけ注意しておきたい点がある。
それは、有酸素運動を取り入れる順番。
有酸素運動は、確かに脂肪燃焼効果は高いのだが、
トレーニング開始直後に行うと、その後の筋トレやヨガなどで
充分な効果が得られなくなってしまうのだ。
運動の基本は、ストレッチ→筋トレ→有酸素運動→ストレッチ。
この順番を守ってトレーニングすれば、脂肪の燃え易い理想的な体型を作り易い。
「Wii Fit」内の種目で言うなら、
「ヨガ」「筋トレ」で真面目にレッスンした後で
「有酸素運動」「バランスゲーム」を軽く楽しんで終わる、というのが
理想的なコースなのではないか。

「Wii FIt」に収録されている「ヨガ」や「筋トレ」がいかに本格的かは
実際にスポーツクラブでプログラムに参加している方なら良く分かると思う。
レッスン中に耳にする機会の多い
「体の使っている部分を意識して」という言葉の意味を、
重心移動をビジュアル化することで、実際に目で確認出来るようにしたのは
些細なことながら素晴らしいアイディアだ。

数十人単位を一斉に指導する目的で組まれたプログラムと異なり、
興味のある種目を、好きな時に、好きなだけ練習出来る
個別指導方式のレッスンは、スポーツクラブではなかなか体験出来ない。
ホストクラブのように、30分5000円などの追加料金を支払えば
パーソナルトレーナーとして指名することは出来るが、
普通の会員はあまりやらない。
やっているのは、運動よりもトレーナー目的と思しきオバサマぐらいである。
「Wii Fit」は、教材用のDVDより遥かに楽しく、
8800円支払っただけで専属契約してくれる
パーソナルトレーナーのようなもので、そう考えれば破格と言えよう。

スポーツクラブでしか会えない友人とのコミュニケーションや
(何より私にとっては)水泳が出来ないことなど、
まだまだスポーツクラブの優位性は多いが
(平均的な)ひと月分の会費よりも安い、「ヴァーム」30本分程度の投資で
これだけの物が手に入るとなれば安いものだ。

さて、ここからは気になった点をいくつか。

・電源の問題。
 「バランスWiiボード」は単3電池を4本も使用するため、
 リモコン用に「eneloop」を8本ほど用意していた我が家ですら
 買い足さなくてはならなくなった。

・プレーヤーの切り替えが面倒。
 スキージャンプやフラフープなどのスコアを競う種目の場合、
 ゲームはそのままで、プレーヤーだけを変更出来るように
 すべきだったのではないか。
 いちいち広場まで戻って選択し直すのは面倒。

・リモコンを使わずに全ての操作を出来るようにして欲しかった。
 片手に何か持っている状態で重心を真ん中にしろと言われても困る。
 「ヨガ」や「筋トレ」ではリモコンが邪魔になることが多く、
 結局、ストラップをせずにいつでも横に置ける状態でプレイしてしまう。

特に気になったのは上記の3点。
ただ、いずれも楽しめなくなるほどの難点ではなく、
満点を目指した場合の細かな不満といった程度なので
気にならない方もいるかも知れない。
体のメンテナンスに興味のある方なら、騙されたと思って是非お試しを。
頑張った分だけ、必ず見返りはある。

*goo版に指摘コメントあり。
 バランスWiiボードにはアルカリ電池が推奨されており
 充電式電池の使用は避けるよう注意書きがあるとのこと。
 おそらく、充電池の残量にバラつきがあった場合の
 液漏れを懸念してのことと思われるので
 常に同じ4本の電池を同じタイミングで充電していれば問題は起こらないはず。
 逆に言えば、アルカリ電池でも使いかけの物と新品を混ぜれば
 同様の問題が発生する可能性はあるので、その点はご注意を。
 しかし、アルカリを使うとなるとランニングコストはさらにかかるな。ううむ。
 指摘感謝。



2008年10月30日発売■Wii:「Eシェイプボクシング Wiiでエンジョイダイエット!」
2009年08月06日発売■Wii:「EA SPORTS アクティブ パーソナルトレーナー Wii」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  タイトル:Wii Fit/Wiiフィット
  メーカー:任天堂
   発売日:2007年12月1日
    価格:8,800円(税込み)
 公式サイト:http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/index.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ