忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:


■PSP:「LocoRoco」オリジナルクリーナー付き

■PSP:「LocoRoco 得得パック(白)」オリジナルクリーナー付き
■PSP:「LocoRoco 得得パック(黒)」オリジナルクリーナー付き

「鉄拳 ダーク・リザレクション」「ダービースタリオンP」と並び、
SCEが夏のフラグシップタイトルとして送り出すのが「LocoRoco」である。
「鉄拳」「ダビスタ」がシリーズ物ということもあり、
SCEが本作にかける意欲はハンパではなく、
発売前後には、SCEの持つCM枠を全て「LocoRoco」に切り替え、
春の戦略タイトルであった「カズオ」の2倍以上、
「みんなのGOLF」「グランツーリスモ」並みのCMを投下して、
PSPオリジナルのキラータイトルに育てたいとのこと。
公式サイトを通じての体験版のダウンロードも10万件を突破し、
9割近くから高評価を受けていることも自信の裏付けになっているようだ。

触ってみた第一印象は、PS1時代のアグレッシブなSCEらしさが
戻ってきたような、懐かしい印象を受けた。
ざっくり言ってしまえば、
スピード感のない「ソニック・ザ・ヘッジ・ホッグ」のステージを
バーバパパが呑気に跳ね回っているような
のんびりした雰囲気のアクションゲームだ。
LRボタンと○ボタンしか使わないシンプルな操作性に
鮮やかながら意外と目にも優しいポップな色使い、
ロコロコの独特な「ぷにぷに感」も気持ち良く、
不思議な歌声も耳に残る。
軽く流して遊んでもステージクリアは出来るが、
ロコロコをコンプリートしてクリアしようとすると
巨大になり過ぎて動かしにくい上に
隠された通路やアイテムを全て見付けなければならず、
いきなりアクションゲーマー仕様な表情を見せるのも面白い。

序盤をプレイした限りではモロに私好みなので
購入予定ではあるのだが、
正直、キラータイトルに据えるには荷が重いような気がする。
「LocoRoco」に大規模なプロモーション展開は似合わない。
こっそり発売され、口コミで話題になり、
好きな人にだけ愛されるタイプの作品で良かったのではないか。
「LocoRoco」にSCEの戦略ソフトとしての看板を背負わせるのは、
アルムの山を駆け回っていたハイジを
フランクフルトのロッテンマイヤーに預けて
テーブルマナーを強要するようなものだ。わからんか。
要するに「無理をさせると潰れてしまうぞ」ということである。

見た目に反しジジィゲーマー向きな作品なので、
「EXIT」あたりを購入したというジジィ仲間にはこっそりお勧めだ。

*当BLOGでの新作紹介は、
 1:あくまでも開発途中のROMを使ってのプレイであること。
 2:数分のプレイによる第一印象に過ぎないこと。
 3:発売までに内容変更の可能性もあること。
 を予めお断りしておく。
 簡単に言えば、「あまりあてにしないでくれ」ということだ。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  タイトル:LocoRoco
    機種:PSP
  メーカー:SCE
   発売日:2006年7月13日
    価格:5040円(税込み)
 公式サイト:http://www.locoroco.jp/home/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。