忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
彼女がその名を知らない鳥たち


▼今週発売の新作ダイジェスト


11月01日発売■CD+DVD:「BOOTLEG 映像版DVD付き / 米津玄師」
11月01日発売■CD:「BOOTLEG 12インチアナログ盤ジャケット / 米津玄師」
11月01日発売■CD+DVD:「恋に堕ちたら 初回限定盤 / レベッカ」
11月01日発売■CD:「レッド・ピル・ブルース デラックス盤 / マルーン5」
11月03日発売■CD:「スリル・オブ・イット・オール / サム・スミス」
11月02日発売■Book:「星のカービィ アート&スタイル コレクション」
11月03日発売■PS4:「コール オブ デューティ ワールドウォーII」



▼「Fire」シリーズが最大6,900円OFFセール

Amazon Fire
【11月05日終了】★Amazon Fireタブレット 最大6,900円OFF

電子書籍に限定したKindleはどうしても食指が動かないという方には
うってつけのセールが27日より開催中。

「FIRE7PROMO」で5,200円OFF■:「Fire 7 タブレット 8GB」
「FIRE8PROMO」で5,700円OFF■:「Fire HD 8 タブレット 16GB」
「FIRE10PROMO」で6,900円OFF■:「Fire HD 10 タブレット 32GB」

クーポンコードを入力することで値引きが受けられ
値引き後の価格は「Fire 7」が3,780円、「Fire HD 8」が6,280円、
「Fire HD 10」が12,080円。セカンドタブレットとしてなら使い心地は文句なし。
プライムビデオ専用端末としてだけでも充分使える。



▼映画「彼女がその名を知らない鳥たち」蒼井優、第二の黄金期到来


発売中■Kindle/book:「彼女がその名を知らない鳥たち / 沼田まほかる」
発売中■Kindle/book:「ユリゴコロ / 沼田まほかる」

三十路を超えてからの蒼井優がキテいる。

かつて「花とアリス」で注目され、
「フラガール」で各賞を総嘗めにした怒濤の20代を終えて
「Dr.倫太郎」「家族はつらいよ」「東京喰種 トーキョーグール」
「ミックス。」などの作品で名バイプレーヤーとしての力量を発揮。


発売中■DVD:「百万円と苦虫女」
発売中■DVD:「アズミ・ハルコは行方不明」
レンタル配信中■Amazon:「アズミ・ハルコは行方不明」

今回紹介する「彼女がその名を知らない鳥たち」は
代表作のひとつである「百万円と苦虫女」や
「アズミ・ハルコは行方不明」で演じてきた役柄の延長線とも言える役柄。
正直に想いを伝えることも真っ直ぐ生きることも不得手で、
己の不器用に苛立ちながら、それでも生きていくしかない女性を
また少し別の角度から描いた作品で、本作の主人公・十和子は
蒼井優のために書き下ろされたのかと思うほどハマっている。

いよいよ煮詰まってきた人生を所在なげに見つめ、
男に依存したり突き放したりしながら生きる姿は
多くの女性の共感を得るだろうが、
男性目線からすれば十和子のもとに集まる(引き寄せる)男達の
揃いも揃っただらしなさに腹立たしくなる。
劇中に登場する『どうしようもない人達』が
どこかしら自分の中にも当てはまる部分があるかも知れないと
ほんの少し胸が痛くさせるところまで含めての沼田まほかる作品なのだ。

人を愛する道は一本ではない。
一番好きな人が唯一無二の存在になる人もいれば、
二番目に好きな人、三番目に好きな人が並列して存在する愛し方もある。
並列処理の出来る人の中でも、意識的に役割を振り分けるタイプと、
好きの度合いによって扱いをかえる馬鹿正直なタイプがいて、
本作の十和子は明らかな後者である。

かつて愛した黒崎俊一(竹野内豊)が忘れられないまま
傷心の自分に手を差し伸べてくれた佐野陣治(阿部サダヲ)と惰性で
同棲生活を続けつつ、ふいに知り合った水島真(松坂桃李)と恋に落ちる。
この場合、貧乏くじはもちろん陣治なのだが、
陣治は陣治で傍から見ていてもイライラしてくるほどに不潔で、
空気が読めず、十和子への懸命さが薄気味悪さのレベルに達している。
十和子は陣治を怒鳴りつけ、蹴飛ばしながらも小遣いだけはしっかりといただき、
その金を持って水島との逢瀬を重ねてゆく。
だが、この四角関係のプールを自由奔放に泳いでいるように見えて、
十和子もまた息苦しさに窒息しそうになっている。
ぷっつりと連絡の途絶えた黒崎、妻の愚痴を語りながら離婚の気配はない水島、
少し帰宅が遅くなっただけで血相をかえて街中探しまわる陣治。
一長一短というより、駄目な男ばかり。
十和子を心の底から愛してくれる男は現われるのだろうか。


発売中■Blu-ray:「夢売るふたり」

阿部サダヲの役柄や芝居から、途中までは蒼井優にパートナーをチェンジした
「夢売るふたり」のようにも見えていたが
物語は後半から急展開を迎え、意外な真実が次々と明らかになる。
同じ沼田原作の「ユリゴコロ」もそうだったが
沼田の描くイヤミスは「イヤ」の部分よりも
純粋さ故の切なさが強く出た結末が多く、
エンタメ色の強い湊かなえ(「告白」「白ゆき姫殺人事件」)や
マンガっぽさの強い秋吉理香子(「暗黒女子」)とはまた違う良さがある。
どちらも原作未読なのだが、今後は何か漁ってみるか。

後半の展開については、なるべく予備知識なしで観ていただきたいので
何も触れずにこれで終わりとする。
「ユリゴコロ」を面白く観れた方ならばこちらもお薦めできるし
蒼井優の演じる不器用な女性像に親近感を抱いてきた方ならば
時間を捻出して劇場に足を運ぶ価値あり。

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」は現在公開中。

それにしても松坂桃李のエゲつないまでの最低っぷりが最高だった。
「ユリゴコロ」にも出ていたのは偶然だろうか。
それとも沼田氏のご指名なのだろうか。



▼Kindleセール情報まとめ

【11月02日終了】★Amazon Kindle【50%OFF以上】ミステリー・ホラーマンガフェア
【11月09日終了】★Amazon Kindle【半額セール】エクセルの基本&便利ワザ特集
【11月09日終了】★Amazon Kindle【30%OFF】講談社文庫の名作
ノンフィクション & 立花隆配信開始フェア

【11月30日終了】★Amazon Kindle ニコカド祭り2017




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。