ヒトラーには中の人がいた...何者からの啓示?...悪魔のささやき...。 | 本気で電磁波テクノロジー犯罪 及び 集団ストーカーについて考えるページのブログ
    ヒトラーの就任4年後の変質...彼は自分の内側に何者かの存在を感じていて予言の声を聴いていたそう...。
    ピーリッツ賞受賞のジョン・トーランドの著作で述べられているそう。

    啓示を受ける施設まで建設し、自分を裏切るものドイツの敗北、イスラエルの建国前にこの国を指摘し、ユダヤ国際金融資本に気を付けろと警告していたそう...。ロシアも相当数のユダヤ人を殺していたという話もあるし...。戦勝国の戦争の闇の部分が当てられない...彼や東条英機に戦争という行為への人類の罪を背を負わせている側面もあるのだろう...勿論、その事で大戦期に彼が行った事を肯定できるわけでは決してないが...戦争を本当に人類が真摯に向かい合い反省していれば、集団ストーカー・テクノロジー犯罪なんて横行しないだろうし。