今日のは、不正選挙について、僕がある動画にしたコメント...それに対し、いくつかコメントをいただけたので、それに対する返信をしたものの掲載を目的としたものだったので、分量はコンパクトにしようと思います。

 

 内容は小泉政権時代、不正投票の強要に遭遇していながら、なぜその事を公にしなかったのか、その当時の心理、時代背景などを振り返って、その理由を書いたものです。

 

 その内容の前にいくつか最近見て面白かった動画を紹介。...なんといっても「選挙なんですから。」

 

 麻生さん...消費税がなくても財政は破綻しない...財務大臣であるあなたが、それをはっきりと公言しておきながら...どうして「消費税の値上げ」が必要なんですか?

 

 

 

 

 

 

 え!小泉さんって「殺人」やっているの?相方であった稀代の人身売買のマッチポッパーであるあの人だけじゃなくて...「こいずみさぁーーーん...あんたもか...ぐふぅ!ま...まぁ...うすうすわかっていたんだけどね」。

 婦女暴行事件を起こしていて、精神病院に入院歴があるという噂はしっていましたが...こんな人が首相なら僕のブルースプリング(あおはる時代)も台無しになるはずです。

Koizumi Family  The Politics Gossip News リンク

    【噂の年表】小泉純一郎が精神病院の松沢病院に入院していた?

      

 えげつない!!小泉純一郎新・家系図、【石原慎太郎、エスエス製薬、自民党】

 

小泉純一郎はレイプを犯し、芸者を殺したのか? スーパー珍米小泉純一郎(阿修羅)

 

小泉訴訟 2004.4小泉純一郎婦女暴行逮捕歴損害賠償請求事件

  2004年から、こんなにおかしな話になっていたんですね。...ちょうど僕にはネット環境がなかった頃だ...。

 日本のお金持ち達って、近親相姦といかないまでも、かなり近いところとか、同じ金持ち達と結婚していますよね。ひろゆき氏なんかも日本に限らず、昔からのお金持ちの一族は大体いまでもお金持ちらしい。日本には確かに「上級国民」というものが存在するんでしょう。...がっくし...。

 

 

 僕がときどき(今はご無沙汰)このブログで触れている人物もお金持ちで、三菱の重役の娘でした。...今から15年ほどになりますか...たびたび書いている従妹との会話のにおいて、従妹たちは、「彼女らは外国人だよ...朝鮮人...今の日本はその人に支配されているの。その人たちに逆らうと身の回りでおかしな事が起こりだすんだよ。何も気づかないでシンちゃんよく平気でいられたね」...「一つどうしてもわからない事があるんだけど...どうして優しくしてあげなかったの?多分シンちゃんの事を好きだったのは本当だと思うよ。今はちょっと違うけど...話を聞いてるとそれは分かるもん。あの人達は、ほとんど同族で結婚するから、そういう事は稀なんだよ。でも一枚岩ではないから...そうなれば少しは面白かったんだけどね...。」...「でもよかったよ。ぼくもあの人たちとは親戚になりたくないし...まぁもともとシンちゃんにとっても、あんまりいいものなんかじゃないよ」。

 という会話がありました。この当時はなんか揶揄われているんだな...久しぶりあったから、悪い冗談でも言っているんだろうという認識でした。その後、聞いた話も漫画みたいな飛躍があって、大事な所は「僕たちがターゲットになるから言えない」...だから、僕は「とても真面目に受け止められないけど、心には留めておくよ。君たちの事は従妹の中でも信用しているから」という様な返答をしたと思います。そして、今は彼らの言うようになった...。

 僕は日本の集団ストーカーにおいては(ヘイトスピーチの意図はないが...)おそらく在日の方々も関わっているとは思っている...彼らの半グレ組織は恐らく間違いない...ここでは多くは書きませんが日本には歪な構造がありますから...。基本は北朝鮮よりのアイデンティティの持ち主達だと思いますが...統一教会と北朝鮮が繋がっていったりとか...韓国にも日本と同じように上部階級者に歪みがありますから...結局上の方は同族で、彼らの権力争いに国民は振り回されているという構図じゃないですかね...。

 日本はそういった意味では間違いなく単一民族ではありません。DNAから違います。その辺の話からRAPT理論にも繋げていきたいとは思っていますが、日本は神話時代の「出雲の国譲り」から征服者の歴史です。天皇も何度か途切れているとも考えられています。天智天皇の弟の大海人皇子...この二人も全く血の繋がりないというトンデモ説があるし...。南北朝の争いで南朝側は滅びたとされています。それまでは、南朝側の大覚寺統と北朝側の持明院統から天皇が交互に即位するという時代がありました。この辺は教科書にも載っているの皆さんご存知でしょうが...。即位してない方が「裏天皇」とかって言われているらしいです。朝堂院大覚総裁なんかは「大覚」って名乗っているくらいだから「裏天皇」側の人たちなんでしょうね。

 征服者の歴史という話に戻りますが、大化の改新の裏にも渡来系の一族の影がありました。それによって滅ぼされた蘇我氏の台頭の陰にも渡来系の一族がありました。聖徳太子の息子の崇峻天皇を東漢駒を使って暗殺させのも渡来系の一族たちです。そして、天智天皇は大化の改心後、極端に朝鮮よりの政策をして国を傾けています。彼らは恐らく今も「暗殺」なども厭わない手を使ってい日本を支配しているでしょう。だとしたら、具体的に「カレラ」の一族とは何なのか...秦氏?藤原氏?...それは今後の展開としておきます。

 天皇に近い人たち...天皇を護っている人たちの中に「八咫烏」という存在がいます。彼らは渡来系の一族で天皇の近親者。京の色町などを支配しているともいわれ、裏社会とも繋がりが深いと言われています。また大きく「五龍会」という組織に別れ、その一つの緑龍会は「ナチスドイツ」の創設に関わったという噂まであります。

 悪さをしているとしたらこの辺の人たちじゃないでしょうか?そうすれば、警察が迂闊に手を出せない、取り込まれてしまうというのも納得できる。森友学園問題にも彼らの影があるともささやかれていますね。皇室の近縁者専用の幼稚園とか...。

 

 

 といっても「反天皇論」をとなえているわけじゃないですよ。「天皇」の近辺でハイエナの様に利権を啜っている連中が存在するという事です。それも酷く歪なやり方で。

何はともあれ、皆さん選挙にいきましょう。国民の一票を内閣に割り当てられる資金で換算すると550万円くらいになるそうです。その大金をどぶに捨てるという選択肢はないはずです。

 ここからはコメントの内容です。なっが・・・。

 

 

いくつか返信コメントいただいたので,それに返させていただきます。 まず、返信ありがとうございます。  結論としては山本太郎氏のホームぺージ経由でメールを送るなり...煩わしがらせない程度に直接、今回の内容をお伝えできる様にしますね。  実はこの「不正選挙」に対する僕のコメントは、さゆふらっとまうんど氏と立花孝志氏の動画にコメントしたものだったんです。さゆふらっとまうんど氏が立花孝志氏に「不正選挙」に対するの見解を聞いてる部分に結構な時間を割いている内容だったので...しかし...そちらの動画の方では...まるで地雷でも避けるかの如く(苦笑)...「いいね」も「低い評価」も受けていません。  山本太郎氏の街頭演説...たしか宮崎かどこかの支持者の方が「株式会社ムサシ」関連の不正選挙について質問されていて、それにも真摯に答えられていたので、山本氏ならどうかな?と思って...思い切って「コピペ」をさせていただいたんです...(苦笑)。やはり山本太郎氏の支援者は熱い方が多い...というか真摯に現実社会の問題意識を考えて、日本の社会を良くしていこうとしている方が集まっているという事なのでしょう。  僕がコメントした事は、確かに事実ですが、実はこれは2003年の話です。だから、これを告発して事件にというには...ちょっと難しいかもしれません。 勿論、僕自身16年くらい前の話として書いてしまうと、過去の話として関心を引けないだろう...流されてしまうだろう...という計算もありました。  だけど、この企業は「ここがこんなやり方をやっているのなら、他も当然やっているだろう」という日本を代表するような大企業です。 そして、現在の日本の政治を行っている方々も、顔ぶれはいくつか変わっても、所属政党や主義主張は大きく変わっていない。... ...しかし、国民の生活は一変しました。少数の金持ち達に更にお金が入るシステムの中で、多数派の庶民が生活必需品にかかる経費を切り詰めたりギリギリの生活をしている。まるで新たな身分制度が確立してしまった様な世の中になってしまった。 ...しかしだからこそ問題意識として僕の中にも感じられる様になったんです。  だけど、僕には特定の企業を攻撃したいから...という意図はありません。むしろ、似たよう事実を聞いたり、経験したという方がいれば、それを匿名でもいいから、何らかの媒体を通じて伝えていくべきだと思うんです。...この事は暴かれてない真実ですから、いまでも多くの企業で悪習として続けられてる...恐らく僕はそう考えています。(多くの...という点では自信をもって断言はできませんが...少なからずという言い回しなら確実かなぁ。) ただ、非正規の社員、もしくは外部委託として働いている方、その人達自身が、この事を重大な選挙違反・民主主義に対する侮蔑だと感じていない可能性もあります。  それは下記の理由ですが...その前に断っておくべきことがあります。 2003年といえば...政権はあの人です。...そう小泉さん...この頃はこの方はもう「痛みに耐えてよく頑張った!」とか言い出していた頃かもしれませんが... この当時、僕が住んでいた地方はある意味、「彼のお膝元」とも言える場所です。 だから、そこが特別な状況だったのかもしれない...土地柄の問題も絡んでいたのかもしれないという事...。その企業自体は名義自体も本社と同様ですが、実質は子会社という事でした。だからこの「特定の候補者への投票の強制」という圧力は子会社のトップからのものだったのかもしれません。...というか発覚しても...こうした子会社に対してトカゲのしっぽを切る様に全責任を押し付ける...というのも企業の傾向としてありがちなのかもしれませんが...どっかの芸人さん達みたいに...。 なぜ、この当時の僕が告発するまでの動機を持たなかったといえば...やはり当時の情勢を考えると...当時の雇用情勢は地獄の様でした。「派遣村の炊き出し」の映像が年越しにテレビで流される...僕自身は戦後最大不況という関西エリアからその土地に移り、朝8時から深夜2時まで拘束の歩合給の営業職というのを経験して...社会とはこういうものか...と...自己を押し殺して、日々の糧を得ることの無機質的で凄惨なリアルさに心がなじんでいる頃でした。そうした中で、外部委託という契約社員よりも下の手取りでも、何とか生活していける月給にありつけるという中で、離職に追い込まれる様な圧力をかけられかねない厄介ごとは起こしたくないという本音もあったかと思います。  それとこの頃、我らが小泉さんが優勢民営化と公務員の削減などの大業を成し遂げて、これから霞が関に切り込んで、禁断の聖地を大征服するぞ!という日本大再生計画の頃合いでしたから、改革はあの人がやってくれる...とりあえず今は痛みに耐えておこうと思ったんです。(皮肉です。笑。)まさか、こんな状況になろうとは思いもよらなかったですから... ...しかし、一番の原因は、その事を大変な事だと考えなかった事だろうと思います。この当時、僕は選挙に一度も行きませんでした(自らの意志では)。だから、どうせ行かないし、分からない、目ぼしい候補者もいない...改革をやってくれるとしたら、あの人だろうし、正規の職にもありつけてない自分なんかが、社会的な立場もないのにこの国の政治に一票を投じるなんて...まだ早いだろう...って。  しかし今ならわかるんです。どういう立場だろうが、一票が与えられているのなら、ちゃんと社会の現実を見て、本物の政治家なりに自分の意志を託さないといけないと。  だから、過去の自分と同じような立場の今の若い人たち...(今は当時より雇用情勢は改善されているから状況が違っているかもしれませんが...)多くの大人や子供が貧困に苦しんでいるこの社会の現状をみて、当然に与えられてる選挙権を使わないでどうする?と...。捻じ曲げられて広まっている社会の常識の嘘を匿名でもいいから暴いていこうじゃないですか!声が大きくなれば社会問題として認識される様になるかもしれないのだから...。 それと何よりも僕は孤立した生活をおくっています。だから客観的な判断が出来なかった。僕が書いた企業の実情は明らかに選挙違反なのだろうけど...あまりにも露骨すぎて前例がないのではないでしょうか?切り込むにも...中々手ごわそうで...何よりも相談する相手がいなかった。 ただただ返信を頂いてありがとうございます。

 

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

 山本太郎さんと内海聡さんの事はRAPTさんの後に書こうと思っていましたが、前回の内容のコメントを山本太郎さんの街頭演説の動画に載せていただいたら、幾人かの方の熱いコメントを頂いたので、先に触れておこうと思います。参院選も近いですしね。コメントにも書いた通り山本太郎さんのホームページに直接メールでコメントの内容を送らせていただきました。不正選挙は終わらせたいですからね。...ちなみに本来のコメント投稿先であるサユフラットマウンドさんと立花孝志さんの前回の動画ではまるで地雷を避けるように「いいね」も「悪い評価」も付いていません。(苦笑)

 


 

 

 

れいわ新選組候補、野原よしまさ氏。創価学会内部からの学会・公明党批判...ご自身も学会の在り方に疑問を持ち、脱会した経験があるらしく、その時の嫌がらせ、デマ(悪評)を流して孤立、村八の状態にさせる...という一連の手口を事実であると、はっきりと述べています。上部動画の9分10秒あたりから。

 

内海聡氏という人は僕にとっては、このブログを書く切っ掛けになった人でした。勿論、ほかの要素としても「集団ストーカーの被害者」を自称する平野達彦死刑囚の起こした殺人事件等もありますが、大きな要因というか足掛かりになった存在でした。彼の精神医学批判本を読んだことが機になって、発達障害と統合失調症という診断を受け自分という自我を持ち辛く、社会に自分の身のやり場のなかった僕に、世の中を疑うという視点が持たせてくれた...。

 

 

加えて山本太郎氏という人については...「めろりんQ」ぐらいの知識くらいしかなく...というのは嘘ですが...ロンドンブーツの淳さんのラジオで、強烈に現政権を批判した内容を語っており、その中で多くの政治家が 企業の御用聞きになっている、国会はプロレス。(この例えは古館一郎さんがニュース番組を降りる時も使った言葉でした。)

 

 

...こんなことも起こっていたんですね。

 

この人は本物だと思っていました。そしていつか内海聡氏と山本太郎氏が世の中を変えてくれるよう共闘する日も来るんじゃないかと、どこかで期待していました。

YOUTUBEでは視聴不可になった後、削除されたので 

 

 

だから、山本太郎さんと内海聡さん、日本母親連盟・バクロスTV界隈で起こった事は非常に複雑です...が安心もしています。だけど...確かにこの時点での日本母親連盟はおかしい。

 


 僕と同じく被害者の方のブログですが、れいわ新選組の野原よしまささん以外にも、創価学会の嫌がらせの告発(=集団ストーカー)の発言されている方がいるのですね。オリーブの党のみぞぐち晃一氏。

 

それでは、とりあえず前置きという事で長くなりそうなので、後半に続きます。

 

それと...この前のコメントの後、太郎さんの支援者の方に頂いたコメントに返信させていただいた、恐ろしい量の長文を貼り付けて今回は締めくくらせていただこうと思います。(苦笑)いややっぱり次回にしておこう...結構な分量なので...。

 

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

 

 

 

 

 

大きな企業では、社員(契約社員も含む)を部署ごとに名簿で管理して、かなり厳しいチェック体制のもとで体育館などに集めて指定の候補者の名前を書かせて投票させたりしています。期日前投票という制度を利用してその日の従業員を偽の投票場である体育館に集めるのです。部署ごとに移動という管理体制の力の入れ具合...これって組織票ですかね?民主主義ですかね?多分大企業の多くがやっている事だと思うので、この圧力が子会社、関連会社にまでに及んでいるのなら(僕が契約社員だった所は名前は親会社の名で実質は子会社でした)この国の自営業者の数を考えたら...それこそ、それらの大手企業の従業員の票ってヘタしたら全体の投票率の2から3割くらいを占めるんじゃないですか?こういうのを『組織票』っていうのですか?...不正選挙じゃないですか?そうですか?

 

 ちなみに疑惑の株式会社ムサシの投票用紙読取分類機は全ての投票所に採用されているわけではないので、少なくとも選挙全体をコントロールできるわけではないようです。

...と山本太郎氏が選挙演説で言っていました。

 

次回から山本太郎氏と内海聡と日本母親連盟・バクロスTV界隈の軋轢に思う事など、それとRAPT氏にも徐々に触れていこうと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村