場所の記憶 田根剛 エストニア国立博物館  | プロテアの翼

プロテアの翼

プロテア=自由自在。
本(読む)、音楽(聴く)、絵・映画(見る)大好き人間です。
そのほかにも気になるものを紹介していきます。


テーマ:

 

建築家田根剛さんと、作品を紹介します。

 

           田根 剛(たね つよし)

 

まずは、田根さんの経歴から。

 

1979年9月、東京都杉並区生まれ。

北海道の大学で建築を勉強し、

卒業後は、デンマーク王立アカデミーにて客員研究員。

 

2006年、パリを拠点に設計事務所設立し、

26歳で、エストニア国立博物館の国際建築コンペで優勝。

 

2012年、新国立競技場基本構想国際デザイン競技で、

「古墳スタジアム」がファイナリストとして選出され、注目されました。

 

「古墳スタジアム」は、日本古来のもの、

「古墳」という場所の記憶をコンセプトに設計されました。

 

                新国立競技場案

 

2017年、パリに新たなアトリエを設立し、

世界中に活動の場を広げて、精力的に活動中です。

 

   ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS(パリのアトリエ)

 

 

田根さんの代表作、エストニア国立博物館を紹介します。

 

              エストニア国立博物館

 

エストニアは、旧ソビエト連邦に併合された歴史があり、

その時代に作られ、現在は見捨てられた滑走路(写真の左上部)。

 

滑走路から徐々に傾斜を上げて、

博物館(下部写真)が建設されました。

 

 

エストニアは、フィンランドの南に南北に並ぶバルト3国のひとつ。

 ※バルト3国 エストニア、リトアニア、ラトヴィア

 

旧ソビエト連邦による占領という負の歴史(場所の記憶)を否定せず、

未来への希望を喚起するというのが田部さんチームのコンセプト。

 

エストニアの最初の国家プロジェクトが、エストニア国立博物館。

国際コンペは一発勝負で、田根さんチームが最優秀賞を獲得。

 

建物内部

 

建物内部

 

エストニア国立博物館は、昨年10月に、

国際コンペから、10年という年月を経て、完成しました。

 

 

394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif

 

妻のブログ、

「【良縁ナビゲーター】 フラクタル心理カウンセラー山田美子のブログ」

心理カウンセラーをしていますので、ご訪問ください。

 

394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif394 プロテア/Sugarbush.gif

山田 一樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス