美しすぎる懐石料理でいただく幻のブランド牛に感動 | 幸せグルメブログ@Singapore

幸せグルメブログ@Singapore

食べることが大好き、食へのこだわりが人一倍なアラサーOLが、
コスパの良いお店から高級店まで、食べて幸せを感じたお店たち、また色々なシンガポールの耳寄り情報を記録していきます♪

少し前に、幻の肉と言われる尾崎牛を食べられる『Ushidoki Wagyu Kaiseki』に行ってきましたキラキラ
お店はタンジョンパガーが最寄り、北海道発の有名カフェ『BARISTART COFFEE』のすぐ近くです。

お店の外観はこんな感じ。


席には予約名が印刷され、封蝋されたお品書き。
シーリングワックスも牛マークになっていて可愛い音譜

尾崎牛とは、宮崎で生産者直配されている純潔の黒毛和牛。

(尾崎は地名ではなく、牛を育てた尾崎宗春さんの個人名から取られているらしい)


月間国内20頭、海外20頭しか出荷できないため、幻のブランド牛とも呼ばれているそうキラキラ


そんな最高の和牛と評される尾崎牛を、シンガポールで唯一、懐石コースで頂けるのが『Ushidoki Wagyu Kaiseki』ということで…

ワクワクしながら行ってまいりましたラブ



お食事はコースのみ。


まず牛懐石料理店なのにベジタリアンの方向けのNon-Beef Courseがあることにも驚きですが、
それが200ドルなことにも衝撃ハッ


季節によりメニューが変わるということですが、
その日のプレミアム尾崎牛コースのメニューはこんな感じでした。


まずはお椀から、
牛タンと季節の野菜のコンソメスープ
蓋を開けると…
昆布が牛の形になっていて遊び心もあり、ここから私のテンションはうなぎ登りアップ
こういう目でも楽しませてくれるお料理が本当に好きですラブラブ

透き通ったスープには牛肉のコクがしっかり、牛タンは口に入れた瞬間ホロホロと崩れます。


尾崎牛と海の幸前菜盛り合わせ
やられたーーー美しすぎるビックリマーク

紅葉やイチョウが美しく飾られ、銀杏の松葉刺しまで。
最近、見た目も美しい料理といえばフレンチやイタリアンに偏ってしまっていましたが、
日本の懐石の美しさよ…

しかも奥にある灯りは桂むきした大根で作られているわけですが、
そこにもしっかり牛の姿が。

メニューの詳細はうろ覚えですが、
南瓜の茶碗蒸し、牡蠣の尾崎牛巻き、尾崎牛刺の雲丹といくら巻き…など。

どれも、見た目を上回る美味しさでした。


魯山人風すき焼き
トリュフが、これでもかーとばかりに乗っております。

驚くほど柔らかいお肉、トリュフ、こだわりの卵、これが美味しくないわけがない。

白米を欲するこの味わい、
途中でご飯も少し足してくださるので満足度200%です。


フルーツトマト
なんだっけ…何かの味の爽やかなシャーベットに、
フルーツトマトの甘酸っぱさが引き立ちます。


尾崎牛の煮込み
驚くほど柔らかに煮込まれておりました。
盛り付けも美しいひらめき電球


尾崎牛カツサンド
これはね、当たり前かもしれないのですが、
今まで食べたどんなカツサンドよりも美味しすぎて白目を剥くレベルでした。

びっっくりするくらい柔らかくてジューシー、噛んだ瞬間ジュワーっと溢れ出る甘い脂。

完璧な焼き加減!!
お代わり熱望!!

でもきっと上質な脂とはいえ4個も食べたら胃もたれで立ち上がれない気もするからこの量がベストなんだと自分に言い聞かせた、そんな最高級カツサンドでした。


尾崎牛寿司
美味しさのカウンターパンチを喰らったばかりの舌に、追い討ちをかける絶品寿司。

見た目だけで伝わる間違いなさ。

程よい赤身と甘辛いご飯が素晴らしいハーモニーを奏でていました。


尾崎牛のグリル
本来、メイン料理となるべきすき焼き、牛カツサンド、肉寿司を前座にするほどの圧倒的メイン感。

サーロインとイチボキラキラ
柔らかすぎて悶絶、焼き加減も素晴らしく、食べ終わるのが怖くなるレベル。

塩と白ワサビで美味しくいただきながら、
すっかり尾崎牛ファンとなっておりました。


テールスープジュレの冷やしそうめん
締めは爽やかに、柚子香るテールスープジュレ。

それぞれの部位を記憶しておらず記載できなかったのですが、
こちらは牛タンから始まり最後はテールで終わるという、部位の変化も楽しめる遊び心あるコース。

尾崎牛を頭の先から尻尾の先まで堪能させていただきましたお願い


北海道牛乳アイス
高級バルサミコ酢を、仕上げに目の前でシェフがかけてくださいますキラキラ

何気ない見た目の濃厚アイスの下にあるのは、なんとブッラータチーズビックリマーク

この珍しい組み合わせが最高に美味しかったビックリマーク
バニラ×チーズというのが私の好みドンピシャなこともありますが、最近食べたデザートでダントツ一番のおいしさでしたラブラブ


本当に本当に全てが美味しくて美しくて、
満足度が相当高く終始テンション上がりっぱなしでした!!
今思い返していてもヨダレが…

希少なお肉なのでお値段は少し高くなりますが、絶対にまた行きたいお店ですお願い

*************

【お店】

Ushidoki (うしどき)

【住所】

57, Tras Street, Singapore, 078996, #01-01

【電話】

6221-6379

HP

https://www.ushidoki.com/

【営業時間】

ランチ

月〜金  12:00〜14:30

ディナー

月〜土 18:00〜22:30

*************