「青春ジャズ娘」って三回言ってみて! | ジャズについて話そうか

「青春ジャズ娘」って三回言ってみて!

いやー、しびれる映画を観ちゃったよ。

 

<青春ジャズ娘>

もう、口にするのも恥ずかしい題名からして、いかしているんだけど。

内容はさらにカッキーです。

 

大学のジャズバンドのメンバーの引き抜きや葛藤、恋。

まさにこれ全編青春。

 

青春ジャズ娘って題名の割には、女の子の主役見当たらないんだけど、

そんな細かいことは抜き。

新倉美子がきれいなのと、

江利チエミが披露する歌の二十分の一、位の演技力なのが、ぞくぞくするのさ。

 

ジョージ川口のビッグ・フォーや当時の銀座の感じ、

高島忠夫や天地茂がジャズってるのが、何とも楽しい映画です。

 

こんな面白いものが、あまり騒がれていないのは

もしかしたら、最後の方で映画の撮影シーンに

ミンストレル・ショー(江利チエミが顔を真っ黒に塗っちゃっている)が出るからなのかな。

当時はOKだったけど、今は難しいよね。

 

惜しいな。

そのシーンだけカットして、ロードショーでやらないかな。

大きな画面で見たいので、絶対観に行くけどな。