クールネスは良いけれど、時期的にどうか | ジャズについて話そうか
2014-03-22 02:33:28

クールネスは良いけれど、時期的にどうか

テーマ:JAZZとサックスの話

今日は、ぼくのジャズ講座で

ブルーノートにライブ行ってきたよ。



イタリア人のクラブ・ジャズ界のカリスマ

「ニコラ・コンテ」なのさ。



30人を超える応募者があって

キャンセル待ちもでた人気講座なんだよね。



恵比寿で講座の後、みんなでタクシー移動。








タクシー移動なので、全員いないんだけど

それはそれは大団体様なのさ。

なにしろ、35名様だから…



今日のメインはイタリアから来たイケメン

「ニコラ・コンテ」(ギター)



のはずだったんだけど、

実際のイケメンぶりはいまいちだった(受講生談)(笑)



クラブ・ジャズのカリスマとか講座で持ち上げていたんだけど

全然踊れない曲の数々…



ライブなのに、冷たい演奏が続く…

クールネスは良いけれど、まだまだ東京は寒いし。



ようやく、アンコールの2曲でちょっと熱い演奏が、

聴けた。



うーん、これはどうかな

とか思いつつも

とうの受講生さんは、皆何となく笑顔だったんで

これはこれで良いかな…なんて



正直言えば、せめてクリスマスライブの時の

ティル・ブレナー(ドイツのトランペッター&ヴォーカル)くらい

シュっとした二枚目ならば助かったのに。



やっぱり、ジャズはカッコ良くないとね。



大須賀 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]