若返りとドルフィー | ジャズについて話そうか
2013-06-22 01:37:31

若返りとドルフィー

テーマ:JAZZとサックスの話

普段は、あんまり自分の年齢の事は

考えないんだよね。



そこにはシュールな世界しかないから

考え出したら、多分耐えられないと思う。



とはいえ、ぬるま湯ばっかりにつかってると

ふやけてしまうのも、現実。



酒ばーっか飲んで、ふと鏡を見ると、

そこには、目どころかあごまで二重になった

おっさんが・・・



ジャズにしたってそうだよ。

いくらお酒に合うからと言って

スタンゲッツやスコットハミルトンなんかばっかり聴いていたから

いつの間にやら、

ふかふかのブルジョア状態に

なってたんだな。



そこで18歳の頃に、

それこそ毎日聴いていたこれ







エリック・ドルフィー 「アウト・トゥ・ランチ」



CDで買い直して、

聴いてみてびっくり。



えっ、ドルフィー

ぜんっぜん老けてないじゃん。

若いぜ、あの時のまんま。



当たり前の事ですが、

高校の同窓会で

いまだにいけてるヤローに

悔しい思いをした感じと言えば

わかっていただけるでしょうか。



こんなにもカッキーんだ、ドルフィー!



いやいや、聴いてると

10代最後のちょー甘酸っぱい思い出が

口の中に広がって

飲んでるワインもすっかくなってきた感じ。



なんか、僕まで

若返ってきたよー。



その勢いで、

鏡を見ると、

おおっ、心なしかあごのラインもスッキリと

超音波でも浴びせた感じに・・・・・・



なったかどうかは、

わからないけど、

JAZZを聴き始めた頃の

好奇心はちょっと戻ったかな。



若返りたい人は

ぜひ、ドルフィーを。

おススメです。



大須賀 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]