名盤の条件 | ジャズについて話そうか
2013-04-18 17:03:40

名盤の条件

テーマ:JAZZとサックスの話

ハンコックの「ファット・アルバート・ロトゥンダ」買ったよ。





3曲目に大好きな「テル・ミー・ア・ベッドタイム・ストーリー」の

オリジナルが入っているから。



わくわくして聴いたけど、これはそれほどでもないかな。

クインシーの「スタッフ・ライク・ザット」での

神がかったハンコックの名ソロの再現を期待したのに・・・・。



それもそうだけど、なんかこのCD聴いてると古ーって思うんだよね。

サウンドがすごく古く感じる。


サックス奏者が、ジョーヘンダーソンとジョーファレルって

名手がしゃかりき吹いているのに

全体的には、あああの時代のって時代色が色濃いんです。



不思議だね。

二人とももっと古い時代のJAZZやってる時は

古いなんて全然思わないのに。



ハンコックの「ファット・アルバート・ロトゥンダ」は

あの時代だったからの名盤。



どう思う?



大須賀 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]