地下鉄でのセッション | ジャズについて話そうか
2013-04-10 03:25:45

地下鉄でのセッション

テーマ:JAZZとサックスの話
ユーチューブ上で、おもしろいセッションが
いま話題になってるらしいね。



なんでも全世界的に話題沸騰、
なんてWEB上では盛り上がってるみたい。



場所は、やっぱりニューヨーク。
それも、地下鉄の電車の中だってんだから
もーさすがって感じだね。



バンドの練習帰りに電車に乗ったら
あらら、なんか向こうの方でバリトンサックスの音色が・・・



おいおいどっかの馬鹿がよりによってバリトン吹いてるよ、電車の中で
まじかよーあいつ
お前もやってこいよ
えーいいよおれは
なんだよ、おまえびびってんの
うるせいよ、びびるわけないだろ
じゃあ行ってこいよ、盛り上がってるし
じゃあ、行っちゃう?
おおいけいけ



おそらくはこんな感じでしょう。



かくして、赤パンツの彼は愛器のテナーを吹きながら、
バリトンのご機嫌な馬鹿の元へとむかった。



曲はマイケル・ジャクソンの名曲「ビリージーン」ぽい



どんどん盛り上がり、
フラジオで高いところの行くとこまで行ったら
ちょっとしたきっかけでの「カメレオン」(ハービー・ハンコックの大ヒット曲)へ



みたいな。



周りがすごい喜んでいる。
楽しいね。



僕がもしサックスを持って、この電車に乗り合わせたら
きっと一緒にセッションしただろうな。
5人目位に(笑)






大須賀 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]