シンガポール国旗を扱うには

法令で決められたことを始め  

取り扱いについて事細かな 

ガイドラインがあります。 

 

 

まず、シンガポール以外の国の

国旗を公共の場で掲揚すること

は法令で禁止されており

処罰対象になるので気を付けましょう。  

 

 

家庭や個人レベルで使う場合

処罰対象になるような使い方

はあり得ないと思いますが 

 

 

私がお伝えしたいのは

ルールを守りましょう、という以前に  

 

 

私達が大切にしている何かが

傷つけられたら悲しかったり悔しいと

思うのと同じで 他の人が大切にして

いるものは自分の大切な物と同じ

気持ちを持って接しましょうということです。  

 

 

国旗、シンガポールに

限った話ではありません。 

 

 

 

 

シンガポール人は国旗にとても敬意をはらっている 

 

もちろん人にもよりますが

シンガポール人は

国の象徴として国旗に

とても敬意をはらっています。

 

 

シンガポールの小中学校では

毎朝 国旗掲揚、国歌斉唱と

国民の誓い斉唱があります。 

 

 

ナショナルデーなど折に触れて 

国旗について学校でも習いますし

家でお父さんお母さんからも教えられます。 

 

 

男性は兵役に入ると

毎朝キャンプ地でトランペットの合図

とともに国旗が掲揚されるのでその間

数分は立ち止まって国旗の方を向きます。    

 

 

私も2015年にキャンプ地で

訓練をした時に経験しました。 

 

 

そして事あるごとに

シンガポール人の夫から

よく聞いてきました。 

 

 

もう何年も前に夫と外を歩いていた時  

Daisoで売っているような旗振り棒つきの  

小さなシンガポール国旗が道に落ちていた

のですが、夫がすっと拾い上げたことがあり

印象的で今でもよく覚えています。

 

 

国旗は地面についてはいけない。

地面に落ちるという事は

国が落ちるのと同じことだから。  

 

 

ナショナルデーで巨大な国旗が

飛行するのは象徴的で   

パレードの見どころのひとつですね。     

 

 

 

国旗の使用に関するガイドラインはこちら。 

企業や大きなイベントなどで

シンガポール国旗を使う際

ご不明な点は関係当局にご相談ください。  

 

 

 

 

ビリーフチェンジ個人セッションのご案内 

中澤めぐみ * プロフィール

シンガポールでの個人事業登録をしております
Registration No : 53235921J 

 

*画像をクリックで応援して頂けると嬉しいです*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

AD