中高受験 進学館21のブログ
  • 15Jan
    • 1/16(土)以降の授業に関して

      先日、2度目の緊急事態宣言が発出されました。当塾では小6が対面授業を継続し、小5以下が1/6以降オンライン授業に移行し、個別指導に関しては未定の状態で進めてきました。しかし、小5以下で対面授業を希望される方がいらっしゃることから、明日1/16(土)以降は小5以下と個別指導の授業は対面授業ならびにオンライン授業の選択制とします。なお、小6は対面授業を継続します。うがい手洗いの励行に消毒など感染防止に努めますので、何卒宜しくお願い申し上げます。進学館21小林 昇

  • 08Jan
    • 冬期講習終了。3学期は1月11日から!の画像

      冬期講習終了。3学期は1月11日から!

      本日、「2020年度 冬期講習会」が終わりました。本当にあっという間に終わってしまいました。今回の冬期講習は概ね順調に日程を消化できました。最後になってコロナの影響で小5をオンラインに変更しましたが、充実した冬期講習だったと感じています。小6は明日9日から直前特訓となります。この冬期講習での頑張りを得点に結びつけなければなりません。東京神奈川の中学入試までは3週間ほどですが、10日(日)からは埼玉県の学校でも入試が開始されます。1月入試を受けない場合、受験しに行った生徒たちに負けない熱量で勉強に取り組まなくては一気に差が生まれるでしょう。日々の学習を気を抜かずに集中してやることが大事です。漢字や計算などのような基礎トレでも同様です。頭と身体と心も全てを整えて、来るべきときに備えましょう!また、現小5・小4・小3の体験生を募集中です。対面またはオンラインどちらでも対応可能です。お問い合わせをお待ちしております。

  • 05Jan
    • 当面の授業形態について

      コロナウイルス感染拡大のため、近日中に2度目の緊急事態宣言がされる見込みです。当塾の当面の授業形態についてお知らせいたします。・小6…感染防止対策をした上で、対面授業を継続。・小5…1/6(水)以降、オンライン授業へ移行。・個別…検討中につき、未定。以上です。状況の変化に応じて変更する場合があります。お手数をおかけしますが何卒宜しくお願い申し上げます。進学館21小林 昇

  • 01Jan
    • 明けましておめでとうございます!

      新年明けましておめでとうございます。2020年は新型コロナウイルス感染の影響を受けました。そして、再び感染拡大が続いております。これから受験シーズンに突入しますので、まずます注意が必要になると思います。私も感染防止に努め、この事態を乗り越えていきたいと思います。さて、当塾としては4回目のお正月を迎えることができました。開業後の半年間は生徒0名の状態が続きました。そのときは「このまま生徒0名で廃業か」という恐怖と戦っていました。それを思えば、よくここまで続けられたものだと思います。皆様のお陰です。本当にありがとうございます。初年度に在籍してくれた4名の生徒たちは全員中学生になってますし、1期生は今年高校生になります。時間の流れの早さを感じずにはいられません。「とにかく第一志望校に合格させなければ…」という思いで、この4年間やってきました(その思いは現在も変わりません)。そのため、かなり熱くなることも多かったのです。しかし、最近ようやく肩肘張らなくなってきたと感じています。せっかく縁あって一緒に学ぶ機会を頂けたのですから、存分に楽しみたい。そういう気持ちです。今年も共に笑い苦しみながらも、前に進んでいきたいと思います。短いですが、これを新年のご挨拶とさせて頂きます。2021年も何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 31Dec
    • 2020年の終わりにの画像

      2020年の終わりに

      当塾では現在、冬期講習を実施しております。とても早い時間の流れのなかでも生徒たちは懸命に学習を続けており、私もそれに応えようと取り組んでおります。今のところ順調です。このまま年明けの最終日まで突き進んでいきたいと思います。さて、2020年はコロナウイルスに振り回された1年でした。3月から5月までの学校の休校、4月からのオンライン授業の実施、6月からの対面授業の再開…これまで経験したことのない事態にもなりました。それでも各ご家庭の協力のもと学習を継続することができたのは幸いだと感じています。こうしたなかで感じたのは「繋がりが大事」だということです。直接ではないものの顔を見合わせる大事さ、コミュニケーションをとり続けることの大事さを実感しました。オンラインであっても繋がり続けたおかげで、指導する立場の私も気持ちを切らすことはありませんでした。東京神奈川の中学入試まで残り1か月。感謝の思いを結実させたいと思います。当塾は明日から2日間お正月休みをいただきます。新年は1月3日から冬期講習を再開します。今年1年ありがとうございました。来年も宜しくお願い申し上げます。

  • 20Dec
    • 明日から冬期講習が始まります

      昨日(12月19日)、当塾の2学期が終了しました。8月31日からあっという間に16週が過ぎてしまった気がします。塾生やそのご家族の協力のもと充実した時間を過ごせました。ありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します。さて、明日(12月21日)からは冬期講習が始まります。本格的になるのは冬休みが始まる26日以降ですが、来週は学校が早く終わることもあり、早々に始めようと考えました。冬期講習生のほうも引き続き募集しております。体験授業も可能です。お問い合わせお申し込みをお待ちしております。2020年度 冬期講習会のお知らせ | 相模大野・東林間の中高受験塾”進学館21”進学館21は相模原市東林間にある中学受験・高校受験に向けた進学塾です。少人数制の塾なので一人一人に目を配り、丁寧な指導を行います。東林間駅から徒歩3分なので、電車での通塾も可能です。一緒に合格をつかみ取りましょう。 | 2020年度 冬期講習会のお知らせsingakukan21.com

  • 12Dec
    • 2学期最終週へ

      おはようございます。8月31日から始まった2学期も残すところ1週となりました。小6は現在、最後の模試を実施中です。東京と神奈川の中学入試まで残り51日となり、少しずつ緊張感が高まってきました。頑張りどころです。さて、来週は2学期最終週です。当塾では間髪入れずに翌週の月曜から冬期講習に突入します。講習会のメリットは短期間に多くの時間を勉強に費やすことができる点だと思います。そのことによって、学習効果が高まりやすくなるはずです。もちろん、真剣に取り組むことが前提になります。逆を言えば、学習意欲の差がでやすいとも言えます。冬期講習に臨むにあたって、そうした意識付けが大事になってくるので、来週はそのことを生徒たちにつたえていかねばなりません。ふわっと講習会に突入しないよう注意が必要です。「冬期講習を頑張るぞ!」という気になっているのが望ましいと思います。次に時間の使い方を決めましょう。授業を頑張るのは当然ですが、本当に理解し、定着させるには個人個人での復習が欠かせません。どの塾でも時間割はすでに提示されていると思います。それに合わせて、どの時間帯に学習するのかを予め決めておく。出来たら、学習する内容も。この場合は、宿題が出されることもありますから、それを踏まえて計画しておきましょう。小6や中3などの受験生にとって、この講習会が最後の総復習の機会になると思います。過去問演習が続いているでしょうが、意外と各単元の内容が抜けているものです。この機会を活用してください。また、小5や中2もまもなく受験生となります。そのつもりで冬期講習に臨む必要があるでしょう。寒さとの戦いにもなるでしょうが、熱い気持ちで冬期講習に取り組みましょう。ちなみに当塾の冬期講習は以下のようになっています。講習生を募集中です。何卒よろしくお願い申し上げます。2020年度 冬期講習会のお知らせ | 相模大野・東林間の中高受験塾”進学館21”進学館21は相模原市東林間にある中学受験・高校受験に向けた進学塾です。少人数制の塾なので一人一人に目を配り、丁寧な指導を行います。東林間駅から徒歩3分なので、電車での通塾も可能です。一緒に合格をつかみ取りましょう。 | 2020年度 冬期講習会のお知らせsingakukan21.com

  • 21Nov
    • 冬期講習開講まで1カ月

      おはようございます。早いもので、本日は11月21日。このところ季節外れの暖かさではありますが、あと1か月ほどすると当塾では冬期講習がスタートします(12月21日から)。講習会は短期間で1か月分以上の学習ができること、さらに短期間なので学習密度が高くなり学習効果が望めます。小学部は小4と小5、中学部は中1と中2の講習生を募集中です。お問い合わせお申し込みをお待ちしております。よろしくお願いいたします。引用元:冬期講習開講まで1カ月

  • 20Nov
    • 受験料の考え方【中学入試】

      今回は出願する際の受験料についてのブログです。結論から申し上げますと、本命校や確実に受ける学校の場合は受験料を出し惜しむべきではないという内容です。出願する前にいくつかの受験スケジュールを作っていると思います。「2/1午前に○○を受験して、午後は△△。2/1午前校に合格していた場合は2/2午前は□□、不合格なら再度○○を…」といった具合にいろいろなシミュレーションもされていると思います。このようなケースでは2/2午前はダブル出願をしている可能性があります。つまり、その日のその時間帯に受験する学校は1つでも出願数は1つではないということがあります。そうしていくと当然受験料は値上がっていきます。しかし、少しでも安く済ませたいというのが人間の心理です。そうなると、結果を見てから出願するか否かを判断するケースも出てくると思います。もちろん、そうしたことも必要になると思います。なぜなら、受験する(受験予定の)学校の全てに出願していたらお金がかかって仕方ないからです。ただ、結果を見てから出願をする場合は志望順位が高くない受験校か完全なチャレンジ校なのではないでしょうか。インターネット(WEB)出願になって事前登録の煩わしさはあっても、それさえクリアすれば出願はしやすくなりました。出願しやすいインターネット出願では、結果みてから出願するか否かを判断するのは、もはや常識だと思います。しかし、私は本命校や確実に受ける学校であれば、最初の出願時に全ての回の出願もしくは受験する可能性のある回の出願をしておくべきだと思います。その理由としては、2つあります。1つは、多くの学校では複数回の出願に対して割引が適応されることがあります。もう1つは、心の準備です。「どんな結果になっても最後まで受験し続ける」という気構えを持つことは重要だと思います。そのために全ての回の出願をしておくことの意味がでてきます。また、受験が始まると気持ちが落ち着きません。自宅ならまだしも保護者控室などで結果をスマホやタブレットで確認してから、他校の出願するというのは精神的にきついと思われます(合格と不合格では雲泥の差ですが)。こうしたことから私は本命校などの学校では最初の出願時にすべての回の出願を勧めております。受験料を多く払うことになっても、そのほうがメリットがあると考えているからです。中学受験ではお金がかかります。少しでも安くしたいのが本音だと思います。しかし、本命校や志望順位の高い学校の受験料は出し惜しむべきではないと思います。入学金などの初回経費の支払い期限なども考慮して、受験スケジュールを念入りに組んでいきましょう。引用元:受験料の考え方【中学入試】

  • 19Nov
    • 受験校どうする?

      早いもので11月も後半に突入しました。東京神奈川の中学入試が始まるまで、あと74日(2020年11月19日)。まだ時間はありますが、千葉や埼玉などの1月入試を受験する場合は2か月ほどしかありません。1月入試の出願は12月からなので、学校によっては出願まで1か月を切っている状況です。小6の生徒にとって、残された模試の回数も減ってきました。しかし、おおよその数値は見えてきていると思いますから、いよいよ受験校を決めていく時期に差し掛かっています。その際に最も大事なことは、親子で志望校の順位が揃っていることです。何度も話し合って決めてほしいと思います。ここがブレてしまうと、受験後に根を残すこともありますので注意が必要です。私も現在、受験日程を毎日考えています。受験生の仕上がり具合、性格、入試問題との相性、例年の倍率や合格最低点、他校の入試日程、移動時間、保護者の方々のご要望などを加味して考えています。そして、私の考えた受験日程を提案させていただき、ほぼその通りの日程を組んでいただけています。それは生徒とそのご家族のご理解とご協力があってのことです。本当にありがとうございます。受験日程を考えるときに複数回入試を実施する学校の受験回数で頭を悩ませることがあります。複数回入試を実施する学校は全ての回の受験者レベルが一定ではありません(上位の学校は別)。つまり、狙いどころがあるということです。そこを狙って注力すべきだと考えていて、そのために段階を踏む必要性を感じています。以前のブログにも書きましたが、東京神奈川の中学入試は超短期決戦がゆえに戦い方があるし、難しいと。とくに2月4日以降はメンタルの勝負にもなっていて、そこまでにメンタルを崩してしまうと立て直すのが大変です。やはり2月2日の夜までに合格を1つでも得ておくことは2月4日以降の受験を考えておいた場合に有効だと思います。そうなると、志望校ではない受験校が作戦上必要になる場合もあります。それは受験生の実力によって、合格を得やすい学校が決まり、それが志望校でない場合もあるからです。その受験校を選ぶのが簡単ではありません。なぜなら、こうした受験に否定的なご家庭も当然いらっしゃるからです。その場合は、塾とご家庭での面談において調整がされると思います。塾としても志望校に合格させることに全力で取り組んでいます。その一方で、無茶に突っ込んでの全滅は避けたいと考えていますし、実力に見合った結果を出させてあげたいとも考えています。まとめますと、①親子で志望順位を揃える②2月4日以降の戦いにも備えておく(メンタルが崩れない工夫をしておく)③志望校ではない受験校も必要になる場合があるこれらを加味して、いくつかのパターンを用意しておきましょう。そして、大筋の作戦を立てたら受験生も保護者の皆様も迷わない。志望校に合格するために受験生は勉強し、実力をつけるだけです。引用元:受験校どうする?

  • 06Nov
    • 2021年度 小学部概要のお知らせ

      2021年度の小学部の概要についてお知らせいたします。【募集学年】・新小6(現小5)受験科…2科のみ※新年度開始日…2021年2月4日(木)・新小5(現小4)受験科…2科/4科※新年度開始日…2021年2月5日(金)・新小4(現小3)受験科…2科/4科※新年度開始日…2021年2月6日(土)【時間割】・新小6受験科(火)16:55~20:00国語・演習(木)16:55~20:00算数・演習(土)10:00~15:00国語・算数(昼食持参)・新小5受験科(月)16:50~19:25国語・算数/食事タイム/19:50~20:50社会(水)17:00~19:00演習(金)16:50~19:25国語・算数/食事タイム/19:50~20:50理科・新小4受験科(水)16:50~18:35算数/18:40~19:30理科(土)15:15~17:00国語/17:05~17:55社会【月謝】・新小6受験科…2科29,000円+税・新小5受験科…2科22,000円+税/4科26,000円+税・新小4受験科…2科16,000円+税/4科20,000円+税※半年ごとに教材費がかかります。以上です。ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。何卒宜しくお願い致します。引用元:2021年度 小学部概要のお知らせ

  • 29Oct
    • 育成には時間がかかる

      昨日(2020年10月28日)、当塾ホームページにて「2020年度 冬期講習会」の概要をアップしました。今回の冬期講習では小4の講座を開設することとしました。それに伴い、通常の時間割のなかにも小4の授業を組み込みました。詳細はこちらをご覧ください。http://singakukan21.com/news01/1500/当塾は私一人で切り盛りしていますし、小5の夏以降に入塾されるケースが多いのが現状です。ですから、私自身も小4の授業を設置するより小5と小6に注力しようと考えていました。そのため、昨年度と今年度は小4の授業を設置しませんでした。しかしながら、指導を通して実感したのは「育成には時間がかかる」ということです。一度注意したり、間違いを指摘されたからといって直ぐに正せることはありません。むしろ、それが当たり前です。子どもも大人も同様ですし、私自身も例外ではありません。なかなか直らないことだらけです。しかし、時間をかけて根気よく付き合っていくと少しずつ変わっていくことを再認識する機会が先日ありました。「1年かけて漸く実を結ぶことがあるんだなぁ。子どもによって成長速度はこんなにも差があるんだなぁ」と。そうであるならば、じっくりと勉強に取り組むというスタンスが必要だと考えるようになりました。どうしても1年程度の準備期間で中学入試に臨むと急かしくなるからです。小4のこの時期なら2年ちょっとの時間を確保できます。このくらいがちょうどいいのかもしれません。2021年度からは小学部は小4~小6までの3学年体制でいきます。何卒宜しくお願い致します!引用元:育成には時間がかかる

    • 小4の募集開始と小5の募集について

      今年度、小学部はここまで小6と小5のみの募集でしたが、時間割を整理し直し、新たに小4の募集を開始します。2020年11月から2021年1月までは国語・算数の2科となります。2021年2月からは2科・4科の選択制になります。また、小5は11月以降2科生のみの募集とします。ただし、これまで4科目を学習してきている方が入塾を希望される場合は4科目で対応させていただきます。何卒宜しくお願い致します。【小4】〇開始日11月11日(水)〇無料体験授業2週間11月11日(水)・13(金)・18(水)・20(金)〇時間割と月謝(月)16:45~17:55補習…自由参加(水)16:45~17:55算数(金)16:45~17:55国語※月謝…8,800円(税込)引用元:小4の募集開始と小5の募集について

  • 28Oct
    • 2020年度 冬期講習会のお知らせ

      12月21日(月)から1月8日(金)にかけて「2020年度 冬期講習会」を実施致します。概要は下記のようになります。【日程と講習料金】〇小5コース…全8日。国語と算数の2科。12/21(月)・23(水)・29(火)・30(水)・1/6(水)・8(金)17:00-19:251/4(月)・5(火)9:00-12:40[料金]23,100円(税込)〇小4コース…全6日。国語と算数の2科。12/25(金)・28(月)・29(火)・1/4(月)・5(火)・6(水)14:30-16:55[料金]11,000円(税込)〇中1&中2冬期講習…全4日。英語と数学。中2…12/25(金)・28(月)・1/6(水)・8(金)19:35-21:40中1…12/26(土)・29(火)・1/5(火)・7(木)19:35-21:40[料金]8,800円(税込)★中1&中2無料体験授業…全2日。英語と数学。中2…12/21(月)・23(水)19:35-21:40中1…12/22(火)・24(木)19:35-21:40【学習内容】〇小5コース国語…漢字テスト、物語文の読解、類義語・対義語。算数…場合の数、速さ。※太字は変更点(2020年12月10日)〇小4コース国語・算数…小4の学習内容(小学校で学習する内容)の復習〇中1&中2英語・数学…2学期までの復習以上となります。ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。お申込みをお待ちしております。引用元:2020年度 冬期講習会のお知らせ

  • 21Oct
    • インターネット(WEB)出願を使いこなそう!【中学入試】

      コロナウイルスの影響を受けるまでもなく、現在の中学入試はインターネット(WEB)出願が主流になりました。このインターネット出願が首都圏の中学入試の戦い方を変えていると、「WEB出願の一般化」というブログにも書きました。http://singakukan21.com/blog/1221/インターネット出願のメリットは手軽さです。これまでは受験校まで願書を貰いに行ったり、必要書類を各校分を手書きしたり、添付用の写真を撮影しに行ったり、願書を受験校まで提出しに行かなくてはなりませんでした。その手間がだいぶ省けます。もちろんインターネット出願にも煩わしさはあるでしょう。しかし、従来の出願に比べたら遥かに楽なのではないでしょうか。また、インターネット出願は不測の事態に対応しやすいこともあります。受験結果が思わしくない場合に受験校を加えたり、変更もしやすい点が挙げられます。その際に受験校まで願書を貰いに行ったり、願書を提出しに行く手間がかかりません。逆に受験結果が好調で、チャレンジ校の受験を加えることも可能です。こうしたこともあって、今年の東京神奈川の中学入試は終盤戦まで激しい戦いが続いたのかもしれません。東京神奈川の中学入試の場合は5日間程度の短期決戦ですし、何が起こるかも予測しがたいところがあります。そのため、インターネット出願を上手に使いこなせるようにしておきたいところです。多くの学校では事前登録画面にメールアドレスを送り、IDを取得、マイページ登録までを事前登録とするタイプを採用しているようです。そうなると、「事前登録(マイページ登録)まで終えること」が大切なのではないでしょうか。以下の2点に注意しておきましょう。①事前登録は早めに行う②事前登録は多めにしておくいくら便利とは言え、学校ごとにフォーマットが異なる場合もあります。複数校を登録するとなると、意外と時間を取られることもあるかもしれません。受験校の出願サイトが稼働したら早めに事前登録をしておくほうが無難だと思います。また、事前登録は多めにしておきましょう。不測の事態や作戦変更に備えるためです。事前登録は無料ですから、受験する可能性のある学校は全て事前登録しておくほうが良いと思います。東京神奈川の学校の願書提出は1月上旬からとなります。しかし、早い学校ではそれよりも2か月前くらいから事前登録をできるところもあります(洗足学園は11月2日からのようです)。準備は早め早めに進めていきましょう。そのほうが気分も上がるかもしれませんね。引用元:インターネット(WEB)出願を使いこなそう!【中学入試】

  • 18Oct
    • 2021年2月の受験スケジュールを考える【中学入試】

      10月も折り返し、10月24日で東京神奈川の中学入試まで残り100日となります。受験生は模試が毎月ありますし、過去問演習もしていかなくてはなりませんし、各単元のまとめもしなくてはなりません。大変だと思いますが、自身の理想とする中学校生活をイメージしながら、頑張ってほしいと思います。また、受験生の保護者の方々も日常生活のサポートに加え、志望校の検討やら出願方法の確認やらと多忙な日々を送られていると思います。特にこの時期は各校とも受験要綱が出揃ってきています。そのことから、模試の成績や過去問演習の得点などを踏まえて再度受験校の検討されているご家庭が多いはずです。今回はそのことを踏まえ、2021年入試の受験スケジュールを考えていきたいと思います。受験スケジュールを考えるポイントは①中学受験の目的は何か②第一志望はゆずらない③最後は気力体力勝負の3つだと考えています。①と②は関連しています。中学受験をしなくても地元の公立中学に進学ができます。それでも、中学受験を志望したのには目的があるはずです。多くのご家庭は「行きたい学校があるから」というものだと思います。その場合は、よほどのことがない限りその学校を軸にしていくことをお勧めします。しかし、受験生の実力とかけ離れた学校を受け続けるのも危険です(詳しくは③でまとめますが、メンタルがやられる可能性があるので)。うまい具合に安全校や実力相当校を織り交ぜて、第一志望校を受けられるように受験スケジュールを複数パターン用意しておきましょう。そうでないと何のために中学受験をするという選択をしたのかわからなくなります。現在模試や過去問演習の点数が伸び悩んでいる受験生も多いと思います。しかし、第一志望は変えるべきではありません。まだ100日以上あります。これから実力をつけていけばいいと考えて、毎日勉強していくことが大きな結果をもたらします。③中学入試は学力だけでは決まりません。直前で体調を崩し、思うような入試にならなかった受験生もいますし、最初の入試でつまずいて調子を落とす受験生もいます。特に東京神奈川の中学受験は短期決戦です。以前よりも日程が詰まってきているように感じます。そうなると2月の序盤戦の結果によってメンタルが左右されるように感じます。以前から2月2日までに1校の合格を!と言われてきましたが、私は出来たら2月1日の段階で1校の合格を得たほうがいいのではないか?とさえ考えるようになってきています。それくらい2月1日・2日の合格は精神面で大きいといえます。東京神奈川の中学入試は序盤でつまずいてしまうと、立て直すにも時間がありません(それでも立て直しにかかりますが…)。いくら持ち偏差値が高くても、不合格が3つ4つ続いたら、疑心暗鬼になり実力を発揮するのは難しくなります。極端に無難な学校を選ぶ必要はありませんが、ある程度の幅をとって考えていくといいのではないでしょうか。また、体力面で不安がある場合には午後入試を受け過ぎないことも考えておかなくてはなりません(出願はしておくほうが良いと思います)。※受験校の組み合わせ方は1月入試の結果にもよります。1月に進学してもよい学校に合格していたら、2月はチャレンジ校を多く受験することもできます。12月や1月の学校説明会に参加した学校に進学される方もいらっしゃいます。まだまだ学校説明会もありますし、もう少し検討されてもよいと思います。これも鉄板ですが「7(志望校)・5(出願校)・3(受験校)」のイメージです。受験結果や調子によって対応できるように受験スケジュールを複数作っておきましょう。少しずつ寒くなってきました。受験が近づいてきていると感じます。皆々様も体調には十分お気を付けください。本当に気力体力が大事ですので。引用元:2021年2月の受験スケジュールを考える【中学入試】

  • 14Oct
    • 小5の始動と冬期講習の日程調整

      今回は塾内の近況報告です。進学館21では小5の夏以降に入塾されるかたが多いのですが、今年度も同様に、10月から小5クラスがスタートしました😄その関係で一部時間割に変更が生じております。毎度申し訳ございませんが、ご理解いただけますと幸いです。小5も入試まで475日。まだ時間はたっぷりありますが、学習内容を定着させるには大人の想像以上に時間がかかります。それは学力の問題もさることながら、メンタルの問題が大きく作用するからだと思います(この辺りの考察に関しては、また別のブログにてしたいと思います)。そうなってくると科目数が多いと学習量も多くなりますので、小5のこの時期から中学受験の勉強を始める方には基本的に2科受験をお勧めしています。もちろん4科でも間に合います。その場合には「それなりの覚悟が必要になる」ということをお伝えした上で、判断して頂いております。※個人の能力や志望校によって異なる点があります。小5生をまだまだ募集中です。クラスレベルとしてはベーシックといえます。初歩的なことから学習をしていますので、これから受験勉強を始める生徒や、成績不振で環境を変えたい生徒など対応可能です。是非お問い合わせください。現在冬期講習の日程サンプルを各ご家庭に配布して、最終調整しております。10月末か11月初旬にはお知らせしたいと考えています。実施期間は12/20(日)~1/8(金)までの予定です。こちらも宜しくお願い致します。引用元:小5の始動と冬期講習の日程調整

  • 01Oct
    • 成長は気づかないもの⁈

      今日から10月です。2020年も残すところ3ヶ月となりました。昼と朝夜の寒暖差があるので風邪を引かないように注意していきましょう。受験までの残り日数は確実に減っているので、風邪でその一日を無駄にしたくないところです。さて、今回のテーマは「成長は気づかないもの⁈」です。これは先日の出来事なんですが、ある生徒が数分遅刻した件から感じたことです。この生徒は昨年の10月末に入塾しました。普段は保護者のかたが送迎してくれていますが、ある曜日だけは自分で来なければなりません。入塾当初は毎回遅刻しました。それも30分でも1時間でも平気で。さらに事前連絡もありませんでした。また、来塾の際に詫びの一言さえなく…。それらを一つずつ一つずつ指導していきました。「家を出発する時間と自分の歩く速さを考えよう」「遅刻しそうなら事前に連絡を入れなさい」「遅れてきたときは『遅れてすみません』と言うように」などと口酸っぱく何度も伝えてきました。今回、久しぶりに自分で来ることになりました。結果、数分遅刻しました。しかし、きちんと事前に電話を入れ、詫びの一言を発したことから見ても、私は「随分と成長したなぁ」と思いました。課題は来週以降に持ち越しとなりましたが、自分自身で改善してほしいと思います。結果的に(数分といえど)遅刻でしたので、大いに褒めるということはできませんでした。しかし、私のなかでの評価は上がっています。本人はその日の行動に成長を感じていることはないように見えます。ここから考えてみたいと思います。人は毎日何らかの変化が生じています。それは成長だったり、劣化だったり、老いであったりもするかもしれません。それらを自分で実感することはなかなかないということ。だから、他人から指摘されないと実感しえにくいものでもあると思います。そうだとするなら、生徒が「良くなった」「成長した」と感じた場合に私はもっと大げさに伝える必要があると感じました。「そんなの当たり前でしょ?」というご指摘もあると思いますが、私には欠落していた(忘れてしまっていた)視点だった気がします。「成長を褒められた」経験の繰り返しがさらに大きな自信につながっていくのではないでしょうか。日常の何気ないことでもいろいろな気づきがあると感じます。これらは人と人との結びつきのなかで気づかされるものでもあります。塾で仕事をする私としては生徒とのふれ合いがメインになります。通塾してくれる生徒がいてくれてこそなので、その感謝を忘れずにこれからも精一杯取り組みます。引用元:成長は気づかないもの⁈

  • 21Sep
    • SW特訓2020

      今年(2020年)のシルバーウィークは4連休となりました。「この機にしっかり勉強しよう!」ということで、小6は19日・20日・21日と3日間をかけてシルバーウィーク(SW)特訓を実施しました。当塾では小6に限らず、土日や祝日に加え、学校の振替休日を活用して、特訓や補講をおこなっています。これらは特別な費用は一切いただかずに実施しています。受験学年では2学期の土日の活用が大切になってきます。自宅では集中力が続かなかったり、親子でけんかになったりすることもあると思いますから、積極的に実施しています。さて、シルバーウィークも明日が最終日です。シルバーウィークが明けた9月23日になると、2020年も残り日数が100日となります。とても早い気がするのは私だけでしょうか(^^;「入試は時間との勝負」でもあることを受験生に伝え続けていきたいと思います。引用元:SW特訓2020

  • 09Sep
    • 真っ白なキャンバスに

      最近の塾用テキストや学習参考書はとても良くできているなぁと感じます。色使いやフォントが工夫され、語句の説明も丁寧なものが増えた気がします。また、動画まで見られるものもでてきました。しかし、それらによって大きく学力を伸ばしているといった話はあまり耳にしません。これは使用する際の集中力や意志の部分が関係してくるからだと思います(子どもは今も昔も変わらないということでしょうか)。こうした優れたテキストや学習参考書や図鑑は眺めているだけでも効果はあると思います。それによって好奇心がくすぐられたり、何度もみるうちに自然と身についていることもあると思います。だから、ただ眺めているという行為を否定することはありません。むしろ、幼児期から小学校の中学年くらいまではそうした行為のほうが大事だと考えています。しかし、受験が近づいてきている学年の生徒たちはそれだけではいけません。やはり、知識を意識的に活用できなくてはなりません。そうなると、基礎となる部分はしっかり覚え、口にできたり文字に書けたりすることを意識していきたいところです。「何となく」といった感覚頼みでは入試には対応できません。そこを切り替えておかなくてはいけないのですが、子どもはこうしたことに無頓着なので、意識付けをしていく必要があります。先日、小6に伝えたのはテストの点数を上げたいなら、「真っ白なキャンバスに何も見ないで、どれだけの図や文字を書き込めて(あるテーマの)絵を描くことできるかが肝心だ」と伝えました。これは、テストのときはテキストもノートも見られない状態なので、それを意識しなさいという意味です。たとえば、国会の主な仕事を8つ挙げよ?という問い(テーマ)に対して「法律の制定・予算の議決・内閣総理大臣の指名・内閣不信任決議・憲法改正の発議・条約の承認・弾劾裁判・国政調査権」という内容を書きだすか口頭に表すといったようにテキストやノートを見ないで白紙に書くことです。口に出すことでも同様です。もちろん、問題文のなかにヒントと答えの道筋がある問題はあります。私が言いたかったは、ずっとテキストやノートなどに頼っていてはいけないということです。最終的には、頭の中に入れたもの・身についたもので勝負しなくてはなりません。覚えるべきことを確認したら、テキストやノートを閉じ、書き出すか、声に出して覚えているかを確かめることです。その際、すべての項目をする必要はありません。すべてを書き出すのは時間がかかり過ぎますし、定着度に応じて部分部分の確認を。口頭での確認でも構いません。地道できつく面白さもありませんが、避けては通れないと思います。また、中学受験の場合、こうしたことは子ども任せにせず、一緒に取り組みたいところです。ただし、もう既に反抗期をむかえているお子さんもいらっしゃると思います。その場合は、塾の先生などに相談してください。ここから入試までは過去問演習と各単元学習を並行していくと思います。単元学習をする際に問題を解いただけで済ませてしまったり、ノートに丸写しにして終わったりといったことがないよう注意していきましょう。引用元:真っ白なキャンバスに