宮古島からこんにちは!
インストラクターの西村です。

先日は今年最後で一番美しい夕凪を見ることができました!

静まりかえった海の遥か地平線に夕日が沈んでいく様は
本当に神々しく思わず手を合わせるしかありませんでした

今年は色んなことがありましたが
心身ともに何とか健康でいられたことにホッとしています
東京から帰ってきたあと
島の人と話すほうが安心する自分にも気付かされました

強欲や驕りが目につく内地からの移住者に比べ
人情や個性を尊重しゆとりある島の人のほうが
マイペースだけれども愛嬌があって愛おしいと感じました
最近では移住者は怖いと感じてしまうほどです

宮古バブルに便乗して
この島は、この海は俺達のものだと
島のことをなにも知らない移住者が後を絶ちません
ありとあらゆるものを破壊し強欲の限りを尽くす
その愚かな所業には不快感を抱いてしまいます

音楽も同様に
欲を感じる演奏ほど品がなく
逆に、
音楽と共鳴するように自然体で生きている人の演奏は
スッと心に触れる何かを感じさせてくれます

どんな立場に置かれても謙虚な姿勢を保つことが大切ですね
彼らを見て自分も襟を正そうと思います

情報過多な現代社会では短時間に効率性や生産性を求められ
個性や人情といったヒトの心を失いかけているように感じます
島民がナイチャーを警戒する理由がわかった気がします

地平線に沈んでいく夕日のように
清く陰りのない美に触れながら感性を養いたいですね

最後まで読んでくださりありがとうございました

2019/12/27
西村