宮古島からこんにちは!
インストラクターの西村です

音楽ばかりやってきた僕にとって
他人とコミュニケーションを図りながら
人の力を借りたり、人を動かすことは
本当に苦手な分野でした
ですが
自分の才能や技術は他人の手によって活かされると
気付かされてからは責任のある立場を任されるようになり
誰かと仕事をしたり自分の意見を強く通さなければならない機会も
多く求められるようになりました

これまで僕はあまり自分の意見を主張することなく
極度の人見知りということもあって
周囲との摩擦を避けるようにして生きてきました
ですが、そこで周囲と育まれたのは「無関心」だったということに
宮古島に来てから気付かされたのです

「この人のために」と思って腹を割って話したり
ときには叱ったりすることもその人に対する愛情だと知りました
人を動かす立場になってから
主張する機会が増える一方、人との対立も避けられず
陰で悪口を言われたり避けられることも多くなりました
それで僕のもとを離れていく人もいますが
それらを失ってでも大切なものを守りたいと願う
強い覚悟と信念を持つことのほうが
今の僕にとって必要なことだと思っています

そして
愛をもって意見することと、傲慢な態度で意見することは紙一重です
自分の主義主張が正しいか間違っているかより
その想いや言葉の中に相手への愛や礼儀、尊敬が含まれているか
何度も自問自答しながら意見するようにしています

すると不協和音を奏でる人は向こうから去っていき
逆に人情深く謙虚で才能ある人達との縁を引き寄せます
そういうネットワークこそが将来の自分にとって
とても大切な人脈になると信じています

想いを愛で奏でるか
我欲に頼って奏でるか
やはりここでも音楽との共通点があったわけですが
なかなか思うようには行かず苦戦続きで
毎日が学びと改善の日々です

人生、死ぬまで勉強
頑張って取り組んで参ります

最後まで読んでくださりありがとうございました

2019/11/26
西村