▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

宮古島の人気豪華客船 「モンブラン号」 にて
西村寿彦 が船上生演奏ライブにほぼ毎日出演決定 !!

※ 休暇をいただく日もございます


美しいグランドピアノの音色と共に
宮古島の魅力を全身全霊でお届けします
ピアノ&三線による料理長とのコラボは必聴 !!

 

【日程】
2018 年 4 月 1 日 (日) ~
※ 基本的に毎日出演予定

※ 休暇をいただく日もございます
※ ディナー & サンセットクルーズでの出演となります

 

【時間】
18:00 出航 / 4 月 ~ 9 月
17:00 出航 / 10 月 ~ 3 月

 

【お問い合わせ】
株式会社 はやて
TEL 0980-72-6641
営業時間 (電話受付) 08:00~18:00
WEB : 
https://www.hayate-montblanc.com/

 

宮古島にお越しの際は、是非遊びに来てください !!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

宮古島からこんにちは!
インストラクターの西村です

 

たった人口 55,000 人の小さな島に
年間約 988,000 人の観光客が訪れる宮古島

まさに今、宮古島大ブームといった感じです


中には移住を検討される方も多いようですが
現在は空き物件が殆どなく
宮古島に住むことは非常に困難な状況
です

 

観光地としては大変魅力的な場所ですが
一方で、移住となると話は全く別です

 

宮古島に移住を考える場合
何かを犠牲にしてでも
自分の目標を達成したいという
よっぽどタフな体力と強い意志がない限り
生活し続けるのは厳しい
と感じます

 

観光客は年々増加する一方
様々な職種で人手不足が深刻な印象です


そのため
どの職場も温かく歓迎してくれますし
期待されるほどチャンスも与えてくれます

 

それだけ島の人は
優秀な人材を必死に求めているように感じます

 

しかし宮古は大都市に比べ
雇用条件が決して良いとは言えない のも事実です

 

低賃金なうえに人手不足で休暇もろくに取れず
時間・体力・気力が徐々に奪われていきます

 

沖縄の人は懐深いと言われます
懐深くチャンスをたくさん与えられたのなら
それ相応かそれ以上のお返しをする というのが
ゆいまーる文化が根強い島の礼儀ですし
島の人もその点においては非常に鋭いと感じます

 

そのため移住者にとっては
島の人の懐深さが
かえって重荷になってしまい
生活そのものが困難になってしまう
場合があります

 

結局、地元に帰っていった人を何人も見てきたと
移住して何年も経つ強者達が口々に言います

 

もちろん
島の人の懐深さを味方にすれば
目標達成への近道になることも事実です

宮古島は人も自然も神様も
味方してくれる本当に不思議な場所です


だからこそ僕は此処で
与えられたチャンスを活かしながら
今度は自分の力でチャンスを掴みたいと思っています

 

この島のために何ができるか

観光感覚で移住する人が陥りがちなのは

この問いの答えが曖昧であるという点です

 

音楽も同じで

欲求を満たすことに重きを置くか

周囲と調和することに重きを置くか

演奏する心地よさはまったく異なってきます

 

島の人々から感謝される生き方をすれば
自分が夢へと向かう時
それ相応かそれ以上の力を
島の人々は与えてくれると信じています

 

最後まで読んでくださりありがとうございました

 

2018/05/04
西村