#2 最初に目指すべき、英会話のゴール地点とは? | アホみたいに楽しく★100%英会話を身につける方法

アホみたいに楽しく★100%英会話を身につける方法

=【初心者でも100%英会話を身につけられる方法】
2年間のアメリカ生活で見いだした、たった350個だけの単語を使い、
瞬間英作文、海外ドラマ、映画で楽しく続ける、新しい英会話習得法を提案しています。著書”海外ドラマはたった350の単語でできている”を出版しました。

こんにちは〜

 

英会話のゴールについて、続きです。

 

 

ーーー

 

 

 

●初心者が目指すべき、最初のゴール

 

 

 

魔女「おまえにとって英会話できるとはなんじゃ?」

 

 

 

王子「、、、自分でもどこを目指してるのか、よくわからなくなってます。。」

 

 

 

魔女「よし、じゃあ英会話のゴールを教えてやろう」

 

 

 

 

魔女が杖を振りかざすと、、、

 

 

 

魔女「このキャッチボールじゃ。(ブログ本 p. 64参考)

 

 

 

王子「ネイティブの速い英語を聞き取れるリスニング力と、350単語を使ったスピーキング力ですか?」

 

 

 

魔女「そう。これが最初のゴール。ある程度のスピードの英語をリスニングできないと会話が成立しないし、中学校の単語も知らないレベルだと、やはり会話が成立しないし楽しくない。これが英会話の必要条件ということ」

 

 

 

王子「たしかに、、、僕も最初はこんな感じで英会話できてました」

 

 

 

魔女「そのとき、どうだった?」

 

 

 

王子「すごく楽しかったです!ペラペラじゃないけど相手の言ってることもだいたいわかるし、簡単な単語でもゆっくりはっきり話せば通じるし、聞き取れなくても聞き返せば会話が続くし、、、、外国人と会話できてる!!ってワクワクしました」

 

 

 

魔女「そうじゃろ?これがスノボで言うところの、ターンしながら転ばずに下まで降りて楽しめるレベルじゃ」

 

 

 

王子「なるほど〜」

 

 

 

魔女「いいか王子よ。この世界には、はじめて何かできるようになった時はめっちゃ楽しい~の法則が働いておる」

 

 

 

王子「、、、はじめてチャリに乗れた時とかですか?」

 

 

 

魔女「はじめてギターでFコードが弾けた時とかな」

 

 

 

王子「はじめて25mクロールで泳ぎきれた時」

 

 

 

魔女「はじめて告白が成功した時」

 

 

 

王子「はじめてブラインドタッチで手元を見なくてタイピングできた時」

 

 

 

魔女「はじめて%%$&**(#(((***の時」

 

 

 

王子「、、、、、、、」

 

 

 

魔女できないことがちょっとできるようになった状態。この状態ってめっちゃ楽しいんじゃ。嬉しくてなんどもなんどもリフトに乗ってスノボを滑りまくったやろ?」

 

 

 

王子「自分は天才じゃないのかと思いました、、、楽しすぎてやばかったです」

 

 

 

 

魔女「そう、だからこれ」

 

 

魔女「これが英会話できると言える、ひとつのゴールじゃ。初心者の人はまずこれを目標にしてほしい。全然英会話できなかったレベルからこのゴールにたどり着けると本当に楽しい。間違いなくな」

 

 

 

王子「うん!!僕もそう思います」

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

●次のゴールはどこに?

 

 

 

王子「でも、先生。。最近は、自分の英会話力にやっぱり満足できないっていうか、、、そこまで楽しくないんです」

 

 

 

魔女「もうひとつの法則がある」

 

 

 

王子「なんですか?」

 

 

 

魔女はじめてできるようになった時はめっちゃ楽しいけれど、それはやがて当たり前になるの法則じゃ」

 

 

 

王子「、、、要するに、慣れてくるということですね」

 

 

 

魔女「そう。チャリに乗れるのも、車の運転も、英会話も。ちょっとできるようになった時は最高に楽しいけど、やがて慣れてきて、できるのが当たり前になってきて、、、そこから先は、もうそれで良しとするか、さらに上を目指すかのどちらかとなる

 

 

 

王子「そこで終わりってことですか?」

 

 

 

魔女「チャリも車も移動できればいい。別にドリフトしたり曲芸をできる必要はない。ケガしながらダブルコークを練習するオリンピック選手よりも、年に2−3回スノボで楽しく遊んでる方が実は幸せかも知れん」

 

 

 

王子「たしかに、そうかも。。」

 

 

 

王子様は少し考えてから言いました。

 

 

 

王子「でも、、、もっと英会話、うまくなりたいです!!」

 

 

 

魔女「さらにレベルをあげようと思ったら、時間もかかるし、努力も必要じゃ。英語に何100時間もかけなくても人生には他に楽しいことは山ほどあるぞ。”それなりに英会話できる”というゴールに達しているのであれば、それ以上を目指さないというのもひとつの選択肢じゃ。よく考えるのじゃ王子よ」

 

 

 

王子「、、、、、、」

 

 

 

 

王子さまは答えました。

 

 

 

 

王子「ここまで来れて、前よりも英語が好きになってて、、、もっと上にいきたいって思うんです。字幕なしで映画をラク〜に見れたら楽しそうだし、もっと自由に英語話したいし、、、なによりブロンド美女も口説けてないじゃないですか!!!ここで終了とかバカヤローですか、あなたは」

 

 

 

 

魔女「うひょひょひょひょひょ、、、じゃあはじめるぞ!」

 

 

 

 

 

 

続く

 

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

まずはやさしい中学校単語を使いこなせる&

ネイティブの英語をある程度聞き取れるところを目指す。

 

 

すると、とりあえず海外旅行に行った時

知らない外国人と間違いながらでも

会話を楽しめるようになる。

 

 

そして、その先のゴールは、、

 

 

それぞれ見つけていきましょう。

 

 

綺麗な発音で、完璧な文法で

ネイティブにできるだけ近づけて

ボキャブラリーを可能な限り増やして

バイリンガルになることをゴールとするのか?

 

 

留学したいから、、とか

仕事で使いたいから、、とか

それぞれの夢や理想に近づけるように

できるだけ個別化していければな〜と思ってます。

 

 

Thank you very much!

 

 

 

 

 

 

 

↑ジブリフレーズの音声リスニング&瞬間英作文の無料講座

毎週水曜日の朝、2,666人に配信中。

 

3/14の配信の第53号のテーマは"〜するとすぐに"です。

日常会話での使い方について

耳をすませばのセリフを使ってシェアします。

 

こちらからご登録ください!