秋葉原に行った人と行ってない人と喧嘩をすると | シンシアリーのブログ

シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

 

 

 

今日は、ちょっとマイナーですが、韓国の諺を一つ紹介しましょう。

 

「ソウルに行ったことある人と行ったことない人が喧嘩をすると、行ったことない人が勝つ」です。

 

ソウルというのは後で改変されたもので、もともとは「南大門行ったことある人と~」だったそうです。多分、ソウルという言葉が出来る前からあった表現なのでしょう。

 

 

 

 

まだソウルだの南大門だのというのが「死ぬ前に一度みてみたい」憧れの的だった頃、ある田舎の人Aが、思い切ってソウルに行ってきました。

 

ソウルって凄いな。あ、あれが南大門か。Aはとても満足しました。

 

 

村に帰ったAは、人たちにソウルのことを話しました。ソウルに行くとこんなものがあって、あんなものがあって、南大門にも行ってみた。凄かった、と。

 

 

でも、ソウルにも南大門にも行ったことない村人Bが、「それは違う。デタラメだ。南大門は別のところにある」と反論しました。

 

Aは「えっ、何を言う。僕が見てきたんだぞ?」と言いましたが、無駄でした。Bは「嘘だ。間違いない。僕が知っているのと全然違う。Aは嘘をついている」と必死に反論し、喧嘩になりました。

 

そういう場合、なぜかBが勝つ、という意味の諺です。

 

 

 

 

いつだったか、韓国人は「知り合いの教授から聞いた話しだが」「有名な論文から読んだ」「~から聞いたから間違いない」などという話法をよく使うと書いたことがありますが、それも同じ類の「勝因」です。

 

韓国人は、そんな話をすぐ信じてしまいます。「自分で見た」より、そんな類の話のほうが、認められやすいです。

 

 

 

 

 

幼かった頃から上下を比べる社会になれているせいか、どうしても「上か、下か」で物事を考えているため、誰かと比べて、自分のほうが上でないと、自分自身に「自信」という言葉を適用することすらできなくなっています。

 

だから、韓国人が自分に自信を持つためにもっとも手軽な手段は、誰かを罵って、見下して、誰か別の人の格を下げることです。そうすれば、自分の格が上がると信じ込んでいます。同時に、相手の格が上がると、自分の格が下がると信じ込んでいます。

 

 

 

 

そう考えると、韓国で力を発揮する「格上」は、虛張聲勢(空威張り)、または自画自賛、または嘘とともに存在できるのかもしれません。

 

実際の力を身につけるより、そのほうが「勝つ」から、格も上がるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ 書籍関連のお知らせ クローバー

 

 

NEW シンシアリー+扶桑社の9冊目、「韓国人による末韓論」が発売中です! AMAZONリンク

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ クローバー

 

 

うさぎ IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

ひまわりただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

もみじ 他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

かに座 なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーはその8まで来ました!

 

カレー 議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス