☆ いらっしゃ~い !☆
ロンドンから、『古い感情を手放し、揺るぎない本当の自信を取り戻す』ヒーリング・セッションをお届けしています。エモーションコードという方法で、心のデトックスをお手伝いしています!


◆ ヒーリング・プラクティショナーの自己紹介
◆ エモーションコードってなに?
◆ 「心の壁」を取るセッション
◆ 公式ホームページ 『simple healing』
◆ フェイスブックページが出来ました! 
◆ Twitterでブログ更新情報をアップしてます。

 

 

 

前回の投稿の続きです。

 

そういえば、イギリス人って脱ぐの好きだと思う。笑

 


 

 

 

昨日のブログでは、前立腺がん啓発チャリティーに参加した俳優ジョン・パートリッジの言葉を紹介しました。

 


 

 

このイベントに参加するまで、自身の前立腺がん闘病の経験をずっと秘密にしていたジョン。そして、別の参加者が前立腺がんの経験を語る席で、自分がそのことについて頑なに口を開けないこと、今まで誰にも言えなかった苦しみ、今もその時の恐怖が蘇ってくること、その経験自体を恥じる自分がいる・・・という突然の告白でした。

 

 

これに、私はある意味の共感を覚えました。

 

 

私の場合は、人に言えないということはなかったのですが、無意識に自分が癌になったことを恥じ、責めていたことに気付かされたんです。

 

 

ジョン同様、恥じる必要は全く無いし、自分を責める必要も無いということは、頭ではわかっているんです。でも、思考と感情には大きな隔たりがあって、どうしても自分を責める感情ばかりが浮かんでくる。

 

 

 

私の場合は、「認めたくない、受け入れたくない」という思いが根底にあったように思います。

 

 

 

今やりたいことは山ほどあるのに、本当はもっと思い切り動き回りたいのに、このことでいろいろな活動の休止を余儀なくされることを受け入れるのはやっぱり辛いし、できることなら無かったことにしたい。

 

 

 

「どうして私がこんな目に?」という疑問は常について回りますし、どうしても理由を探そうとしてしまう。

 

 

 

 

それは、納得したいから。

 

○○という理由があるから癌になったんだ、と納得したいんです。

 

そうすれば、少なくとも感じているストレスをぶつける標的を作り出せるから。

 

 

 

 

でも、仮に理由を探し出して納得しようとしても、結局一時的な避難場所にしかならないんです。だって、その理由は本当の理由じゃないから。ただ、「仮想敵」を作り出しているだけだから。

 

 

 

 

これ、ガンに限ったことではないと思うんです。

 

 

 

 

理不尽なこと、突然の不幸、予期せぬ出来事に巻き込まれることって、あるじゃないですか?

 

そう言う出来事や状況って、必ずしも何らかの原因の結果としてあるわけではなく、ただ起こってしまう。なにか悪いことをしたから、間違いを犯したから起こるわけではないんです。

 

 

 

 

でも、納得出来ないまま進むことって、ものすごく辛い。

 

 

 

 

そんな時どうするかというと、人は無意識に自分を責めることがあるんです。

 

 

 

「○○さえしなければ、▲▲にはならなかったかもしれないのに」

 

 

 

または、そこから一歩進んで「そこに理由はない」と頭でわかっていても、なかなかそれを受け入れられない、強い恐怖心や不安にさいなまれる期間が長いと、

 

 

 

「物事を受け入れられない自分を責め始める」

 

 

 

 

自分が弱いから、

 

この現実を受け入れられない。

 

問題に立ち向かえない。

 

いつまでも不安を拭えない。

 

 

 

「作り出した仮想敵」が「自分自身」だとしたら・・・もう負のスパイラル以外の何物でもない!

 

 

 

ヒーリングのセッションで、無意識にご自身を責められているお客様には、「無理やり自分の中に原因を探したり作り出す必要はないんですよ。あなたが悪いわけじゃなかったんですから」とお伝えすることがあるのですが、

 

自分に言ってやりたい。(笑)

 

 

 

ほんとねー、人のことは客観視できるから見えやすいんですけど、自分のことってなかなかねー。

 

しかも、こういう予期せぬ出来事に遭遇した時って、気持ちが揺らぎやすい。

 

 

 

自分の自己肯定感が安定してきてからというもの、無駄に気持ちが揺らいだりすることってなかったんですよ。

 

それが、んまー、びっくりするくらいグラグラ揺らいで!

 

 

「わたし、もうこういう辛さは十分経験したはずじゃない?なんで再履修なの!?」と神なのか宇宙なのか運命なのかよくわからないけど、この流れを恨みました。(苦笑)

 

「この経験が、絶対に後で役に立ってくるんでしょうね?ここから良い方向に向かうんでしょうね?」と悪態もついた。(笑)

 

 

 

でも前を見て歩いていくには、嫌な感情を感じないように麻痺させるのではなく、その時々で感じきって消化して、また立ち上がって歩いていく・・・という繰り返しなんじゃないかと思っています。

 

 

 

 

最後に、ジョンの勇姿を!

 

1分46秒あたりでセンターに飛び出し踊っているのがジョンです。

 

実はこのお方、ロイヤル・バレエ学校出身で、16歳でミュージカル『キャッツ』のオリジナルメンバーになったという経歴の持ち主。舞台での魅せ方はさすがです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界のどこからでもヒーリング・セッションをお受け頂けます。
消化できずに残ってしまった「古い感情」「思い込み」をリリースし、本来の自己肯定感を取り戻すためのヒーリング・セッションはこちらから!


◆ エモーションコード1時間セッション


【遠隔セッション】 65ポンド or 9,750円
スカイプやZoomを通してのセッションです。
インターネットの環境があれば、世界のどこからでもセッションをお受け頂けます。

                                                                    【対面セッション】 70ポンド or 10,500円
ロンドン市内のセラピールーム、もしくはご自宅やご希望の場所への出張も出来ます。
小さなお子様がいらっしゃる方でも、ご自宅にお伺いできますのでお気軽にご相談ください♡


◆ 「心の壁」を取るセッション
古い感情が折り重なって心を覆うように作る「心の壁」。これをリリースすることで、ご自身の心の声がより聞き取りやすくなります。上記のエモーションコード・セッションの中でお受け頂けます。

◆ 公式ホームページ『simple healing』

◆ お問い合わせ・ご予約はこちらから