税務調査・円満解決から撃退作戦までの完全対応マニュアル | 鹿児島の林税理士事務所
2010年12月17日

税務調査・円満解決から撃退作戦までの完全対応マニュアル

テーマ:著書の紹介
鹿児島の林税理士事務所ガイド

『16作目』






紳士的な調査官には丁寧な応対を

高圧的な調査官にはそれなりの対応を

出版会社 エール出版社 

現在発売中





税務調査・円満解決から撃退作戦

までの完全対応マニュアル



税務調査を受けずにすますための指南書です。


●高圧的な「こわもて調査官」にどう対応したらいいか
●元税務調査官が教える税務調査の裏の裏と対策集
●最近の税務調査はここがおかしい
●イヤな思いや、損をさせられないために、税務調査当日の注意点を教えます
●崇高な理念を掲げた国税庁はいつから変身したのか
●知っておくと役に立つ税務関連の法律知識


税務調査で指摘を受けないようにするためには、日々の記帳をキチンとするしか対策はありません。

それを分かりやすく具体的に証明したつもりです。


はしがきより抜粋


 この本は、「税務調査」を分かりやすく説明し、なるべく調査を受けずにすむためにはどうすればいいか-この点に主眼を置き、日々の記帳、申告書の書き方の注意点を解説した本です。

 前半では、皆さんが一番知りたい「税務調査」について説明しました。
・ 税務署はどうやって調査対象を選ぶのか
・ あなたが提出した申告書のどこを税務署はチェックするのか
・ 税務調査があった場合、どう対処すればいいか
ーこういったテーマに、ひとつずつ実例をまじえながら丁寧に説明したつもりです。

 後半では、その対策編と応用編を紹介しています。

 税務調査で、是認と否認を分けるのは、正しい帳簿の記帳と証拠書類の保存です。

この本を読むことにより、皆さんが帳簿の達人になること、また、決算書の中身を理解し、巧みな舵取りで、今後の厳しい経営環境をうまく乗り切って頂くことを心から期待しています。


では内容は・・・



●高圧的な「こわもて調査官」にどう対応したらいいか
 こわもて調査官の税務調査はどこが問題なのか

●元税務調査官が教える税務調査の裏の裏と対策集
 私の経験によると、不正の臭いは調査初日の午前中にピンと勘が働きます
 銀行預金をしつこく調べると、隠した不正があぶり出される
 帳簿なんかより、請求書控、レシートなど原始記録に不正の臭いがプンプンする
 調査官は売上記録のここを調べる
 給料、外注費、接待交際費はここを調べる
 
●最近の税務調査はここがおかしい
 納税者が威圧を受ける税務調査官の態度、五つのケース

●イヤな思いや、損をさせられないために、税務調査当日の注意点を教えます
 普通の調査官とこわもて調査官では応対の仕方を変えよう

●崇高な理念を掲げた国税庁はいつから変身したのか
 最近の税務行政は理想と正反対のことばかり行っている

●知っておくと役に立つ税務関連の法律知識


この本は、今まで毎年1冊だったものを2冊に衣替えし、

「予防編」と「調査当日編」に昨年より分けて書いています。

できれば姉妹編も併せてご覧ください!



鹿児島の林税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス