縞栗鼠の虫部屋

縞栗鼠の虫部屋

コメの関係でヤフブロから移行します


テーマ:
この日は後翅の美しいヤガの仲間,カトカラの中でも出現が早めなフシキキシタバを得るべく,夜間採集に行きました.

ポイントに到着し最初に目に入ったのがこれ.
オオミズアオ

そこから山を登っていき…

樹液に集まるノコメセダカヨトウ.
実は同じ樹液にフシキらしきカトカラも2〜3匹付いていたのですが,懐中電灯の明かりに驚いたのかすぐに飛んでいってしまいました.

その後は比較的開けた場所でライトトラップを実施しました.以下は飛来した虫です.

恐らくヨトウガ亜科の何か…お手上げ状態です.

オオコフキコガネ

今回のお目当ての虫,フシキキシタバ.

ノコギリクワガタ
もう夏ですね…

アケビコノハ

キマダラミヤマカミキリ

ボロ&ピンボケのウラジロミドリシジミ
まさかこれが飛来するとは思ってませんでした…
完品だったら飛んで喜んだんですけどね.


色々飛来して楽しかったのですが,蛾を個別に入れられる物を忘れてしまい
この状態でのお持ち帰り…

家に着いた頃には一部の蛾が擦れてしまっていました…

早速フシキキシタバを展翅しましたが,やはりカトカラは最高ですね.

そしてマダラウスズミケンモン.
局地分布の希少種なようです.


甲虫の飛来はこんな感じ.
見事な普通種パラダイスですが,アメイロカミキリが初採集で個人的にGOODでした.



テーマ:
大阪で大きな地震があった翌日,知り合いのNさんに誘われて兵庫県南部の某所にヒラズゲンセイを探しに行きました.

連れて行ってもらった既知の有名産地で,早速Nさんが1匹発見.小型の♂でした.
この個体はいただけるということでひとまずボーズは回避,その後追加を得ようと2人で辺りを探し回るものの見つからず,そのポイントの近くで採れるという,とある虫を求めて移動する事に.

しかし,簡単に見つかるだろうと思っていたその虫は一向に見つからず,代わりにヒラズゲンセイにぴったりな熊蜂の巣がたくさんの物件が.

近づいてみるとすぐにNさんが1♂発見.
ぼくも負けじと必死に探していると,なんと足元に2♀1♂が…しかも♂はかなり大型の個体!
嬉しすぎてつい叫んでしまいました.
1♀は先程の♂をいただいたお礼に差し上げ,手元には2♂1♀が残りました.

それにしても良い虫です…そして見た目もそうなのですが,なんとコイツ匂いまでトウガラシそっくり.まさに「脚付きトウガラシ」です.

テーマ:

さて、高校三年生という事で思いっ切りセンター前なのですが、1か月前から「糖蜜採集」にハマりました。

糖蜜採集については他でいくらでも紹介されているので、最近の成果を。

 

まずは糖蜜関係無い(キリガじゃない)蛾から

 

 

キノカワガ Blenina senex (Butler, 1878)

 

幸運にも、糖蜜をかけようと思った木の幹にたまたま付いてました。

結構色彩変異があるらしいですが、これは緑色帯びていて綺麗な個体です。

 

 

ナンキンキノカワガ Gadirtha impingens Walker, [1858]

 

これは市内の公園で、トイレの天井に貼り付いていました。

キノカワガと本種は、ヤガの様に見えますが実際はコブガ科シンジュガ亜科に属する蛾です。

ここから下の蛾は全てヤガ科になります。

 

 

フサヤガ Eutelia geyeri (Felder & Rogenhofer, 1874)

 

正直、格好良すぎますね。

この個体は高槻市で採集したものですが、こんな格好良い蛾が大阪市内でも採集出来ました。最&高です。両方ともトイレの壁に貼り付いていましたが、普通はどこで越冬しているんでしょう…

 

 

ヒメエグリバ Oraesia emarginata (Fabricius, 1794)

 

写真だとただの黄土色の蛾ですが、採集した時は金色に輝いて見えたので、一瞬キンウワバ亜科の蛾かと思いました。なお、晩秋のウスタビガ採集の時に外灯に飛んできたものです。

とは言え、肝心なウスタビガ採集の記事がまだ書けてないのでその内書こうと思います…

 

 

カラスヨトウ Amphipyra livida corvina Motschulsky, 1866

 

これはキリガでは無いのですが、たまに糖蜜にも来ます。

夏にもよく見かけたので結構いつでも採れる蛾みたいですね。

新鮮な個体は前翅がのっぺりした黒で光沢が有り、独特な怪しい雰囲気の蛾です。

 

 

それでは、オマケが尽きたのでメインのキリガを。

 

 

ミドリハガタヨトウ Meganephria extensa (Butler, 1879)

 

最初の方は名前にキリガと付かないキリガが並びます。

そして名前にミドリと付いているのですが、実際は前翅の一部がうっすら緑がかって見える程度で、

初めて見つけた時はただ「白っぽい大型のキリガ」といった印象でした。

 

 

ホソバハガタヨトウ Meganephria funesta (Leech, [1889])

 

全種と同じMeganephria属のキリガでサイズは同じぐらいなのですが、こちらは黒いキリガです。

これも写真ではあまり良さが伝わらないと思いますが、実物を一言で表すならば「黒の芸術」です。

 

 

アオバハガタヨトウ Antivaleria viridimacula (Graeser, 1889)

 

Meganephria属と比べるとサイズでは劣りますが、此方は新鮮な個体はかなり綺麗な緑色をしています。

とは言え、今シーズンはボロしか採れていないので結局「うっすら緑がかった茶色いヤガ」ですね…

 

 

ヘーネアオハガタヨトウ Nyctycia hoenei (Boursin, 1958)

 

これも前種と同じような感じですが、サイズは前種より更に二回りほど小型です。

後は白い腎状紋がチャームポイントな可愛らしいキリガです。

 

 

Nyctycia属の一種(恐らく)

 

採った時はボロい前種かと思ったのですが、帰ってじっくり見てみると各所の特徴がヤマトハガタヨトウの様に見えるんですよね。

しかしヤマトハガタヨトウは図鑑でかなりの珍品とされているので、実際はどうなんでしょうね…

 

 

ケンモンミドリキリガ Daseochaeta viridis (Leech, [1889])

 

ただひたすら苔のような見た目のキリガです。

酢酸エチルを用いて〆たので黄色っぽくなっていますが、元は薄緑って感じの美麗種です。

 

 

ウスキトガリキリガ Telorta acuminata (Butler, 1878)

 

11月前半、トイレの壁や外灯にキリガが貼り付いてると思ったら殆どこの蛾でした。

図鑑には、擦れやすく綺麗な個体を採るのは難しいと書いてありましたが、ド完品含め比較的綺麗な個体ばかりでした。

 

 

キトガリキリガ Telorta edentata (Leech, [1889])

 

全種と同属で見た目も似ていますが、前翅外縁が波打たない事と、全種より一回り小さい事で判別できます。僕は逆にこちらをボロしか採った事が無いので、来年は完品を狙ってみようと思います。

 

 

ノコメトガリキリガ Telorta divergens (Butler, 1879)

 

Telorta属の中では、雰囲気が全く違ったり後翅が一色だったりして一番判別しやすい種類だと思います。越冬キリガでは無いのですが、比較的早く見られなくなるウスキトガリキリガに対し、この種は年が明けても平気で飛来してきます。

 

 

ヨスジノコメキリガ Eupsilia quadrilinea (Leech, [1889])

 

雰囲気は前種に似ていますがTelorta属ではなく、「隠れミッキー」のミツボシキリガに近い種類です。

普通種ですが、前翅の4本の筋と波打った前翅外縁が格好良いので、個人的には好きです。

 

 

キマエキリガ Hemiglaea costalis (Butler, 1879)

 

前翅前縁の黄色い模様が最高に格好良い小型のキリガです。

1回1匹ぐらいの感覚で糖蜜に飛来してきますが、まだ擦れた個体しか採った事が無いです。

 

 

スギタニモンキリガ Sugitania lepida (Butler, 1879)

 

Sugitania属の中では最もよく見かけます。まぁ、Sugitaniaですもんね。スギタニですもんね。

初めて採った時はこの模様に釘付けになりましたが、場所によってはかなり飛来します。

 

 

ヤマノモンキリガ Sugitania clara Sugi, 1990

 

最初の頃は前種と区別が付きませんでしたが…今でも十分怪しいですね。

微妙な色合いと模様の違いで判別できるのですが、奈何せん微妙なので…

この属の最高峰、スミレモンキリガはまだ展翅出来ていないのでまた後程。

 

 

チャマダラキリガ Rhynchaglaea scitula (Butler, 1879)

 

普通種で、非常に変異に富んだキリガです。

上の2個体でもスギタニモンとヤマノモン以上の違いは有りますよね。

実際はもっと色んな模様のが居るのですが、それもまだ展翅出来ていないので後程。

 

 

クロチャマダラキリガ Rhynchaglaea fuscipennis Sugi , 1958

 

これも普通種で非常に変異に富んだキリガなのですが、まだこの1個体しか採れていません。

前種と酷似しますが、前翅外縁が波打たない事と前翅前縁の黒っぽい斑紋が無い事で判別できます。

 

 

カシワキボシキリガ Lithophane pruinosa (Butler, 1878)

 

灰色っぽく地味な割に格好良いキリガで、石に停まっていると結構分かりづらいです。

糖蜜にも普通に飛来するそうですが、街灯下やトイレの壁でしか採った事が有りません。

 

 

フサヒゲオビキリガ Agrochola evelina (Butler, 1879)

 

「ふわふわした感じの小さいキリガ」といった印象のキリガなのですが、図鑑の記述を考慮するとこれはこの辺りに生息する個体群特有の特徴なのかも知れません。

糖蜜にも多く飛来しますが、少し開けた叢でとんでもない数の本種が乱舞しているのを発見しました。

 

 

ナワキリガ Conistra nawae Matsumura, 1926

 

酷似した種が多いConistra属の中では、かなり分かりやすい見た目のキリガです。

この個体は茶色ですが、ほぼ真っ黒な個体も見かけます。

 

 

テンスジキリガ Conistra fletcheri Sugi, 1958

 

これもConistra属の中では分かりやすい部類のキリガなのですが、時々下の個体の様な翅脈の目立たない個体が居るそうで、僕自身この個体は結構困惑しました。

 

 

カシワオビキリガ Conistra ardescens (Butler, 1879)

 

よく行くポイントではConistra属の中でもかなり個体数が多いようで、気象条件が良いととんでもない数の本種が飛来します。この仲間は本当に似ているので、正直合ってるか不安です。

 

 

ホシオビキリガ Conistra albipuncta (Leech, 1889)

 

この種には3タイプの「型」が存在し、これは「黒点型」と呼ばれるタイプですが、前種と一緒にしか見えませんよね。前種より翅が細く赤みが少ないのが特徴ですが、差異はかなり微妙です。

 

 

ミヤマオビキリガ Conistra grisescens Draudt, 1950

 

これもパッと見一緒にしか見えませんよね…

内横線が明瞭になるのが前2種との主な違いですが、野外では細かく見れないので一緒に見えます。

 

 

ゴマダラキリガ Conistra castaneofasciata (Motschulsky, 1861)

 

とても鮮やかな美麗種で、糖蜜に来た本種が視界に入った瞬間とても興奮しました。

ホシオビキリガの「ゴマダラ型」と似ているらしいですが、そちらは未採集です。

 

 

キバラモクメキリガ Xylena formosa (Butler, 1878)

 

停まっている姿が枝のように見える、比較的大型のキリガです。

比較的どこでも居る種類のようですが、縁が無いようで全然見かけません…

Xylena属はあと2種類持っているので、展翅してから紹介します。

 

 

 

と、こんな感じです。冬なのに蛾が飛んでくるという感覚が新鮮で楽しいので、是非やってみましょう。


テーマ:
この日は雨の予報だったので、未だ手を出せずにいた水生昆虫を探す事に。

ポイントはグーグルマップの衛星写真を眺めて良さげな場所を見つけていたので、始発で直行です。

なんとも馬鹿な事に現地写真を撮り忘れてしまったのですが、水田横の良さげな水路をガサります。


すると





初のガサ採集なので、シマドジョウは初めて見ました。正直に言うとお持ち帰りして飼育したいところですが、親が魚は飼育させてくれないので渋々リリースです。


次に入ったのが




タイコウチ Laccotrephes japonensis


おお!!!
今回の本命の一つがこんなにアッサリと採れてしまいました…

しかし、この個体はまだ幼虫なので成虫を求めてガサを続けます。





ミズカマキリ Ranatra chinensis


よっしゃ!これも本命の一つです。
こちらは成虫だったので即毒ビンに(その後毒ビンの中でゴマダラカミキリに満身創痍にされる事に…)

ふと思ったのですが、タイコウチの学名は日本でミズカマキリの学名は中国なんですね。なんとなく面白い…?




イトアメンボ Hydrometra albolineata


うおおお!!!!!これは素晴らしい!
小さくて地味なのであまり知名度は有りませんが、ゲンゴロウやタガメと比べても珍しい虫です。近縁のヒメイトアメンボはそれなりに棲息地の残っている虫なのですが、こちらは正直言ってヤバいです…



その後もひたすらガサり、ミズカマキリとタイコウチ幼虫複数を追加。残念ながら結局成虫は採れませんでした…


そして愛知住みの知り合い2人(なんと電車に乗り間違えたそうで、予定より一時間強遅刻…)と合流し、場所を変えます。


すると

見るからに良さげな素晴らしい湿地が。
しかし、今年は降水量が少なかったためか、かなり浅くなっています…

池の周りにはトンボが多数

特に多かったのが


キイトトンボ Ceriagrion melanurum

発色がはっきりとしたレモンイエローで、かなり綺麗です。
※画像は家で撮ったものです


他にもホソミオツネントンボやハラビロトンボなど数々のトンボが舞う中、可愛らしい朱色のトンボが…




ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea

日本最小という事で有名なトンボです。
本来なら喜ぶ所なのですが、実はこの2週間前にも思わぬ場所で多産地を発見していたので、感動は少なかったです。

前回の場所も今回の場所も恐らく知ってる人はかなり少ないと思うので、気が向けばいつでも観察しに行く事が出来そうです。


で、肝心の水生昆虫なのですが、ここでは残念ながら何も得られませんでした…


湿地での採集を切り上げて、近くの水田でオオコオイムシを採集する事に。幼虫は大量に居たのですが、成虫は3人で4匹しか得られませんでした。



タイコウチとオオコオイムシの幼虫(オオコオイムシは一匹だけ幼虫を持ち帰りました)


水生昆虫以外では駅でコクワガタ♀とコフキコガネ、ゴマダラカミキリを拾ったのと、道端をスジクワガタ♀(21.5mmの大型)が歩いていたぐらいでした。




採集の後は、ラーメンを食べて京都観光に行きました。以下その写真です。












因みにまだまだ採集記事が溜まっているので、時間の有る時に遡りつつ更新します。

テーマ:
最近、採集に行きまくっているので書くことは沢山有るのですが、なんせ忙しいので時間のかからない飼育系の記事から…





と、いうことで以前、三重県は松阪市まで遠路遥々採りに行ったこの芋の様な塊…




割ってみると、中から宝石…ではなく
フェモラータオオモモブトハムシ(フ○ラと略してはいけませんよ、絶対に。)が。
(実は、知らない間に羽化していたようで、家の壁や床を徘徊している個体が居たので割ってみました)




手のひらほどの大きさのゴール(虫こぶ)が半分に割れた物に、なんと12匹も入っていました。

こりゃ沢山のゴールを持って帰った人はとんでもない数が羽化してきているだろうと思ったのですが、皆さん何故か管理に失敗て(?)死滅してしまっているようで…

馬鹿みたいに重い思いをして、しかも周りの人から変な目で見られながら持ち帰ったのに、無駄になるとはご苦労な事です()








オマケ

集団飼育していたネブトクワガタが羽化して歩き回っていたので取り出しました。
他にも羽化している個体が居るかも知れませんが、まだ幼虫も多いのでもう暫くの間は放置です。

テーマ:
最近、北関東の某遊水地で野焼きが有ったという事で野焼き後採集に赴き成果を出している方が多いので、何も野焼き後採集が出来るのはW遊水地だけではない!という事を思い知らせるべく、前回と同じ3人で淀川流域で唯一(?)野焼きが行われている高槻市の鵜殿地区へ行ってきました。

流石に某遊水地ほどの広範囲が焼かれているわけでは無いので野焼き後採集が行える範囲は限られていますが、それでも石捲りや倒木割りなどでそれなりに虫を得る事は出来ました。(必死になり過ぎて採集中の写真を撮るのは完全に忘れていましたがね)


という事で以下、成果です。

チャバネクビナガゴミムシ(Odacantha aegrota Bates)。普通種ですが今まで採集した事が無く、兵庫県のポイントに採りに行こうかと迷っていたので、思いがけず淀川で採集する事が出来て良かったです。



キクビアオアトキリゴミムシ(Lachnolebia cribricollis Morawitz)。前回も登場しましたが、また採れました。今回はちゃんと欠けの無い完品です!因みに前回も今回も石捲りで得られました。



チビアオゴミムシ(Eochlaenius suvorovi Semenov)。淀川ではかなり良く見かける普通種ですが、他の地域では少ないとかなんとか…まぁ淀川をゴミムシ採集のメインとしている人からすれば「いつものやつ」です。



タンゴヒラタゴミムシ(Agonum leucopus Bates)。前に木津川で採集した事が有りますが、もしかしたら淀川では初だったかも知れません。なんとなく上のチビアオゴミムシと形が似てますよね…チビアオゴミムシを黒く塗ったみたいな…



此方はナガゴミムシの仲間が2種です。まだ全く調べていませんが、どうせいつものアシミゾとかコガシラでしょう…



ミズギワゴミムシの一種。まだこれも調べていません。1種なのか2種なのか…



キイロマルコミズギワゴミムシ(Tychys bifoveatus MacLeay)。2mm有るか無いかぐらいの小さなゴミムシです。焼けたゴミの下から出てきましたが、吸虫管を持って行ってなかったので、かなり苦労して採集しました…
珍しい虫では無いですが初採集です。



ヨツボシテントウダマシ(Ancylopus pictus Wiedemann)。これまでは河川敷でたまに見かける程度の虫でしたが、ここではかなり湧いていました。ほぼスルーしてきましたが、全て採っていたら展足がかなり面倒だった事でしょう…



フタホシ的なメダカハネカクシですが、これもまだ調べていません。居る所では採りきれないほど大量に見かける虫なので敢えて採集する必要も無かったのですが、何となく気分で拾ってきました。



キアシシリグロハネカクシ(Astenus latifrons Sharp)。初採集。石捲りで1匹だけ採れましたが、このタイプの細長いハネカクシは結構好きなので嬉しいです。



ヒメシリグロハネカクシ(Astenus brevipes Sharp)。石捲りでヨツボシテントウダマシの次ぐらいに多く見られました。



ハネカクシの仲間ですが…何でしょう…



これはニセユミセミゾハネカクシとかの仲間?小さくて良く分かりませんが格好良いので良しとします。その内、種類は然るべき時に調べる事にしましょう…


セスジハネカクシの一種。これも種類までは分かりませんが、確実に初採集です。








帰る頃にはもう夜だったので、大日のイオンでラーメンを食べて帰りました。

テーマ:
この日は、笹や葦をポキポキすると得られる、とある虫を採るために採集仲間2人と大阪市内にある淀川河川敷のポイントへ。




まずは軽く、辺りの切り株から次々と湧いてくるオオヨツボシゴミムシ(Dischissus mirandus Bates)を拾って行きます。
大阪府内ではあまり見られないゴミムシなのですが、ここのポイントでは何故かアオゴミムシよりも多いのです…
実はこのオオヨツボシゴミムシ、殆どが集団、しかも大きい集団だと一度に50匹近くが出て来るのですが、逃げ足が途轍も無く早いので撮影は出来ませんでした…


そして、充分過ぎる数のオオヨツボシを回収し、お目当ての虫を探すべく葦や笹を割っていきます。




すると…






見難いですが、居ました。
カミキリ界のかぐや姫ことハイイロヤハズカミキリ(Niphoma (Niphoma) furcata Bates)です。
この後もポキポキしましたが、他の2人に比べると少ししか出せませんでした…






帰って見てみると、思っていたより多くのオオヨツボシゴミムシが採れていました。
1時間半程度しか探していないのにも拘らず、採集仲間たちとの合計で600匹ものオオヨツボシが採れていました。ここのポイント、オオヨツボシの個体数では某有名遊水地すらも凌駕するのでは…?


お目当てのハイイロヤハズは結局、3人の合計で25匹程度割り出せました。


ここからは副産品です。

淀川の特産品、クロスジチャイロテントウ(MIicraspis kiotoensis Nakane)。淀川でしか採れないという事では無いのですが、他の地域ではかなり少なく、採りづらい種類です。
今回は名前の由来の「クロスジ」が消失している個体が採れたので満足しました。



ゴモクムシダマシ(Pedinus japonicus Seidlitz)。特に珍しい虫というわけでも無いのですが、3年ほど前に1個体採ったきりだったので、久々に追加出来て良かったです。


キクビアオアトキリゴミムシ(Lachnolebia cribricollis Morawitz)。これも珍しい虫では有りませんが、あまり見かけないので、左触覚が欠損している事を差し引いても嬉しかったです。





シブイロカヤキリ(Xestophrys javanicus  Redtenbacher)。今回の採集の同行者の1人である夜美さんが笹から割り出しました。普通種らしいですが初めて見たので、標本にするため有難く頂きました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス