■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

才能の見つけ方④ ~才能と科学~

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

 

 

こんにちは!!

 

うつ専門作業療法士

 

島本卓也です。

 

 

 

 

 

 

 

前回は

 

“才能の違いが気づきの違い”

 

というお話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

人生を充実させるカギは、

 

あなたの価値観・才能が発揮できる

 

仕事や生活をすることだとお伝えさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

今日は

 

『才能と科学』

 

についてお話させていただきます!

 

 

 

 

 

 

///////////////今日のテーマ///////////////

 

才能と科学

 

//////////////////////////////////////////

 

 

私は生まれつきアトピー・アレルギーがひどく、

 

高卒で働き始めましたが

 

21歳の時にアトピーが原因で退職。

 

 

 

 

 

 

 

お医者さんに入院を勧められたこともありましたが

 

自宅療養していました。

 

 

 

 

 

 

 

仕事も辞めて、お金も無く、

 

「この先、

 

この体とこの不安定な精神状態で

 

まともな仕事につけるんだろうか...

 

普通に生きていけるんだろうか...」と

 

 

仕事に対する大きな不安から

 

うつ状態となりました...。

 

 

 

 

 

 

 

今はおかげさまで、

 

本当に精神的にも安定を超えて充実していますし、

 

身体的にもアスリートにも負けないほど

 

健康だという自負があるほどです(^^)♪

 

 

 

 

 

 

 

で、ここでひとつ疑問があります...。

 

 

才能や強みを発揮して生きることが

 

メンタルヘルスに良いという

 

ちゃんとした根拠はあるのだろうか?...

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

私の場合はたまたま

 

自分の才能や強みを活かせたことと、

 

メンタルヘルスが良くなった時期が一致しただけ

 

だったんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

私が関わってきた数百名の方々が

 

心から充実した仕事や生活をしているのも

 

たまたまだったんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

私は作業療法士という医療従事職ですから

 

ちゃんとしたエビデンス(科学的根拠)がある!

 

ということがとても大事だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと話が脱線しますが、

 

私は科学的根拠のない

 

「○○コーチング」みたいなものが

 

あまり好きではありません。

 

 

 

 

 

 

 

人を支援するには“想い”は当然ですが、

 

科学的な根拠も必要だと思っているからです。

 

 

もちろん科学ですべて

 

説明できることばかりではありませんし、

 

 

人の支援は科学よりも情熱や想いのほうが

 

大切だとも思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、

 

書籍やセミナー等で学んだことを

 

そのまま「○○コーチング」とか言って

 

お客様に提供するのどうなのかな、と思っています。

 

 

書籍やセミナーなどからだけ学ぶのではなく、

 

ちゃんと研究論文を読む必要があると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

そのコーチングを行うとお客様の将来が変化する、

 

という“数値的な根拠”があるのかどうか。

 

とても大切なことだと思います。

 

 

 

 

 

 

ちょっとアツくなってしまいました。

 

長々とすいません。

 

 

 

 

 

 

 

「では才能・強み・価値観を仕事や生活に取り入れたら

 

メンタルヘルスが改善するという

 

科学的根拠はあるのか?」ということになりますが、、、

 

もちろんあります!!

 

 

 

 

 

 

 

調べた結果、才能や強みに関する

 

多くの論文が見つかりました!!

 

 

 

 

 

 

 

一例ですが、

 

------------

 

・QOL(quality of life)という

 

生活・人生・生命の質について、

 

自分の強みに取り組む人は

 

「生活の質がとても高い」と述べる傾向が

 

自分の強みに意識的に取り組んでいない人に比べて

 

3倍以上高い

 

 

 

・毎日自分の強みに取り組む機会がある人は、

 

機会がない人に比べて6倍も意欲的かつ

 

生産的に仕事や生活に打ち込む傾向がある。

 

 

------------

 

 

さらに、

 

ストレングスモデルという

 

精神障害者の治療モデルもあります。

 

 

 

・ストレングスモデルのケースマネジメントを

 

受けている方は、受けていない方に比べて

 

気分・思考の障害が少なく、

 

精神的により安定している。

 

 

抑うつもあまり認められず、

 

思考がはっきりしていて合理的である。

(Macias et al.1994)

 

 

 

・ストレングスモデルのケースマネジメントを

 

受けている方は、受けていない方に比べて

 

ストレス耐性の明らかな向上が認められている。

(Modrcin et al.1988)

 

------------

 

 

メンタルだけでなく、

 

仕事・収入・スキルアップ・恋愛・人間関係。

 

集中力・記憶力・探求心・好奇心。

 

 

すべてにおいて

 

“才能・強みを発揮しているかどうか”

 

人生に大きな影響を与えていることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、

 

自分だけが持つ才能・強みを発揮して生きる人を

 

ひとりでも多く増やしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

私自身もそれで救われましたから。

 

 

収入面はもちろん、

 

自信や自己肯定感を高めるためにも

 

自分だけが持つ才能・強みを発揮して生きること。

 

 

それを身をもって体験させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

自分の才能や強みを発揮して自分への自信を

 

取り戻していく方と数百名以上関わってきました。

 

 

 

 

 

 

 

厚生労働省のデータを見てもらえばわかりますが、

 

この20年で精神疾患の患者数はかなり増加しています↓。

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/data.html

 

 

 

 

 

 

 

メンタルヘルスで悩む方を

 

その人が持つ才能・強み・長所など

 

その人がすでに持っている良い部分を伸ばして

 

支援する社会を作りたい!

 

 

 

 

 

 

 

私は本気でそう思っています!!

 

 

 

 

 

 

 

もし私と同じく、

 

本気でそう思われている方がいれば

 

ぜひ一緒に仕事をしましょう!!

 

 

下記にメールを送ってください↓

info@jibunto-mukiau.com

 

 

 

 

 

 

 

ご質問がある方も

 

お気軽に上記のメアドにご連絡ください♪

 

 

 

 

 

 

 

それでは今日はこのへんで失礼します。

 

 

次回は、

 

『なぜ才能を発揮する人が少ないのか?』について

 

お話させていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

 

 

 

 

 

今日も自由に。

自分と向き合い、自分の才能を最大限発揮して生きる。

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

////////////////////////////////////////////////////

 

////////////////////////////////////////////////////

 

////////////////////////////////////////////////////

 

【島本卓也のミッション】

 

『障害者を含む、すべての人が自分だけが持つ才能を発揮して自由に生きる世界を作ること』

 

////////////////////////////////////////////////////