こんばんは!!

 

うつ専門作業療法士

 

島本卓也です。

 

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

「ずっと愛せなかった親父を愛した瞬間」

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

 

 

 

今日は70歳の親父の古希祝い♪

 

プレゼントはタンブラー(^^)

 

 

 

 

 

今は家族も本当に仲が良い。

 

何より私は家族を愛している。

 

 

 

 

 

しかし、

 

以前(5年8カ月より前)の私にとって

 

“家族”は”憎しみ”でしかなかった。

 

 

 

 

 

大人になって初めて流した涙も

 

親父に対するやるせない涙だった...。

 

本当に悲しい涙だった...。

その時のブログはこちら↓

「私は今日、泣いた」

 

 

 

 

 

そんな私を変えた方法。

 

それが「自分と向き合う」という方法だ。

 

つまりワーク。

 

 

 

 

 

 

 

『家族と本当はどんな関係になりたいのか?』

 

『家族から得たものは何か?』

 

 

 

 

 

 

 

本当にシンプルな質問だが、

 

5年8か月前の私にとっては

 

向き合うのがとても苦しい質問だった。

 

 

 

 

 

このような質問を10以上問いかけ、書き出し続けた。

 

もちろん、すぐに何かが変わるわけではなかった。

 

 

 

 

 

でも、私が両親と本当は仲良くなりたいと

 

思っている事実に気付いたときから、

 

少しずつ何年もかけて確実に愛が育ち始めた。

 

 

 

 

 

 

 

家族で苦しい想いをしている人、

 

身近な存在だけに本当に辛いと思う。

 

 

でも、その苦しさの分だけ

 

自分の才能や強みもまた磨かれている。

 

どうかそのことに気付いてほしい。

 

 

 

 

 

どうかその辛い経験を誰かのために

 

活かしてほしい。

 

どうか同じ悩みで悩み苦しんでいる方の

 

支えになってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

無駄な経験はない。

 

経験を無駄にしているだけだ。

 

 

心からの安心や幸せを感じるには、

 

辛く苦しい出来事と

 

本気で向き合わなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

アルコール依存症の親父。

 

酒を飲んでは暴力的になる親父。

 

手が震えて文字も書けない親父。

 

不器用だけど、でも本当は愛のある親父。

 

そんな親父の息子で良かった。

 

 

 

 

 

私の長所は親父からもらったもの。

 

本当にあなたの息子で良かった。

 

不器用すぎるけど、

 

そんなとこも含めて全部愛してる。

 

親父、ありがとう♪

 

 

 

 

 

今日も自由に。

自分と向き合い、自分の才能を最大限発揮して生きる。

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

////////////////////////////////////////////////////

 

 

////////////////////////////////////////////////////

 

 

////////////////////////////////////////////////////

 

 

【島本卓也のミッション】

 

『障害者を含む、すべての人が自分だけが持つ才能を発揮できる世界を作る』

 

 

////////////////////////////////////////////////////