アトリエにて | うみかぜの部屋 うみかぜ工房つくりびと

うみかぜの部屋 うみかぜ工房つくりびと

ふるさとの海の風景画を描きたくて
生まれ故郷の志摩へと
大阪からリタイヤしてきましたが
10年経って状況も変わり
たいした絵描きになれなかった、
そんな日常を綴ってます

        

 

 

  いつも ノルマは迫って来る

 

新作を描いてます

 

 

 

 

 

明日には仕上がるだろうかな?

 

歯医者さんのロビーに飾らせてもらって

 

不定期に  新作を届けています

 

クリスマスも近いし

 

そんなバージョンにしたいけど

 

中心には何を描こうかな

 

 

。。。。。。。。。。

 

 

毎日

 

海を見て過ごしています

 

今日の訪問者の化粧品の美容部員の方は

 

   「部屋から海が見えて良いね

 

   まるで 別荘だね  」って言ってくれたが

 

実は  

 

太平洋沿岸は住むには  少し厳しくて

 

 

 

本当に別荘として考えた方がいい

 

それでも

 

天気が良いと   別荘みたいに良い景色

 

 

なので

複雑にうなずく

 

 

。。。。。。。。。

 

家の前の畑に置いた

 

石に描いた風景を

 

通りがかりの海女さんが

 

イイネ  わたしも描いて欲しいというので

 

石絵を描く  張り合いが出来ました

 

。。。。。。。。

 

 

 

 

何だかうまく言えないけど

 

人にはそれぞれ

 

役割分担のようなものがあって

 

生きてる限り

 

自分の役目を果たさなければいけない

 

不思議な義務があるんだろうな?

 

今頃  気がつきました

 

 

 

 

今日は国産小麦粉で

 

たこ焼きをいっぱい焼いて冷凍して

 

自分のエサを確保した

 

知恵は生きるためのアイテム

 

冷凍たこ焼きは便利です

 

。。。。。。