次に読む人への架け橋

テーマ:

大の読書好きでよく小説に夢中になり、寝る時間を忘れるくらい没頭してします。特に、読書の秋と呼ばれている秋の季節には更に夢中になってしまう。
小説の内容に読み更けていると、日常生活の現実とは違う世界へと誘ってくれる気がして、悩んだら小説を手に取り、読み漁っている。
本には、読む人の気持ちが投影されると思う。本は、古本屋でも新品で書店に並んでいたりするが、内容は同じものでも、新品、中古と良さを持っていると思う。
例えば、感動の小説なら、ぐっと胸の奥からこみ上げてくるものがあり、無意識に涙してしまうことがあると思う。そんな時、涙が頬を伝い、紙にシミを作る。そのシミをネットオフで買った小説にあると、私は、ぐっとくるものがある。
それは、小説の内容と、前に読んだ人の感情がすっと私の心に入り込んでさらなる感動を生み出してくれるのである。そんな良き部分が古本の良い部分だと思う。
そんな感情や、自分の思いを私以外の人も感じている人もいるだろうし、古本がいいという人がいるかもしれない。初めて古本屋に足を運び、小説を手に取り、作品に読み受ける人でも感じて欲しいから、読み終え、もう読まない作品はネットオフに持ち込む。
ネットオフのいいところは、しっかりと作品を丁寧に新品までとはいかないが、綺麗にしてくれるが、独特の古本の感じもある。それは、紙の匂いだったりするわけである。
査定をしっかりしてくれ、そして、自分が売った作品に価値を付けてくれる。もちろん、新品同様の価値はないけれど、そこには、きっちりと自分の想いを投影した作品の価値が十分にあると私は思っている。
次に読む人のために、いい状態で、気持ちよく作品を読めて、自分が読んだ同じ場所で涙をしたり、喜怒哀楽を感じてくれればと。そんな架け橋になる場所がネットオフだと私は思っている。さまざまな感情が、あふれていてつい手に取って読み出したくなる。
ネットオフで良い作品に出会い、自分の心にある教養をつけて欲しいから、私は、ネットオフに不要の書籍を、自分の心を投影し、その方を触れて、読んで、私と同じ場所で同じ気持ちを感じ取って欲しいし、ネットオフに売る本の行き着く先を見ていると、ずっと作品の想いが漂っているように私は感じられるのである。
私がネットオフに出会った理由は中古本買取比較.comで紹介されていた、ネット中古本買取の業者サイトで見たことが切っ掛けでした。そのサイトで中古本買取業者の比較ランキングで上位に位置していて、開いたサイトを読んでみて分かりやすく、試しに電話をしてみたら、想像以上に簡単に私の中古本を買い取りに来てくれて、信用しやすかったからです。実際に利用してみれば、簡単、安心、素早い、、、etc,,,,など実際の店舗での買取より利用しやすい事が分かるのでお勧めします。