こんばんは。お疲れ様です。


夕方、衆院選の期日前投票に行ってきました。

投票日当日は用事があるのです。

(天皇賞ではありませんぞ)



さて、今週末の出資愛馬の競走成績は目を覆いたくなるものに。


ここまで負けては何も言い訳できません😅


ほな、さいなら👋というところですが、土曜日の新馬戦についてだけ触れたいと思います。


期待の2歳牡馬ディナースタの初陣は敗戦。

彼のキャリアは黒星スタートになりました。


クラブの先輩で、同じセレクトセール出身である三冠牝馬デアリングタクトに並べませんでした。


今日の菊花賞を圧勝した同じドゥラメンテ産駒のタイトルホルダーにも並べなかったし、初戦 2着の兄貴ジャックドールにも遅れを取りました。


レースが確定した瞬間、僕の頭の中にあったのはこれらのことでした。


パドックを見た時に、勝ち負けに加われると思いましたからね。

460kgという体重以上に馬体を大きく見せていて、頼もしい限りでした。


だから負けたのは本当に残念😢



レースの最後の直線でディナースタが見せてくれた脚は、父ドゥラメンテを彷彿とさせる豪脚を期待させてくれるものです。


潜在能力の片鱗を示したと言えるでしょう。

(次走からは、能力全開でお願いします🙏)


新規開業とはいえ、辻野泰之厩舎には有力馬が集まっているはず。


同厩舎内の2歳馬の“序列”が大事になります。

常に優先順位上位をキープして、気にかけられる存在にならなくてはいけません。


その意味で大きかったのはやはり、ルヴェルディをアタマ差抑えて掲示板に載ったことです。

次走優先出走権を獲得👍


加えてどうやら爆発的なパワーを秘めていそうだということが窺えました。


恐らくディナースタが社台&ノーザン系クラブなら、

「関東に遠征したので」

「力があるのは分かったので」

「リフレッシュさせたいので」

で、優先権あっても放牧ではないでしょうか。

( 5着だし)


しかし、そこは我らが岡スタ系ノルマンディー。

オーナーとして続戦を要望するでしょう。


次走を初戦以上の内容で勝ち負け以上に持ち込むこと。

大いに期待していきます。


辻野先生のコメントから、ゲート試験合格後はゲートを確認してなさそうなので、次走に向けてはやるはず。

次はゲートをきちんと出ると思います。


好位につけて、そこであの脚を使うことができれば、僕たちに大きな夢を見せてくれる存在になるでしょう。


ノルマンディーと辻野厩舎の双方で、エース格になってもらいたい。

初戦を観た僕の願いです☺️


デビュー戦当日に撮った写真です。















最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。