おはようございます。お疲れ様です。

 

例の件で木村哲也調教師が調教停止になりました。

同厩舎の管理馬は、岩戸孝樹厩舎に転厩です。

 

調教停止とは、電話やメールを使っての調教指示も禁止でしたっけ?

だとすると木村厩舎のスタッフで話し合って進めるのでしょうね。

 

ノーザン・社台系クラブ馬を多く抱える木村師に対し、岩戸師はラフィアンやノルマンディー、ターファイトですね。

預かっている馬の背景が全く異なります。

 

岩戸師も木村厩舎スタッフに全面的に任せるでしょう。

下手に関与して、同厩舎馬の成績が振るわなかったりしたら批判する人は必ず出ます。

 

それにしても、転厩先が岩戸厩舎でしたか。

勢司和浩厩舎の目は流石になかったのでしょうが、系統的には宮田敬介厩舎などどうだったのかなと思います。

実際には木村厩舎にノーザン・社台系クラブ馬が多くて、同じように多く管理している厩舎では受け入れが難しかったでしょうか。

(外厩と連絡を取っての管理馬の入れ替えなどはスムーズさを欠きそうです)

もちろんどの厩舎であっても現馬房数、現管理頭数との絡みがありますね。

 

今は木村厩舎スタッフの皆さんには、事情が異なりますが、矢作芳人調教師が病気入院した後を預かってしっかり厩舎を守った同厩舎スタッフのように頑張っていただきたいですね。

 

 

シルク募集、『おうちツアー』の配信が今日ではなく、昨日だと勘違いしていました。

今日は仕事を午後半休します。整形外科に予約があります。

 

たびたび書いてきました勤務先の一時帰休導入による金曜日休業は、今月で終わります。

つまり明日はまだ休みです。

 

実質今日の午後から日曜まで連休。

今週末は僕の出資馬はリッターヴォルトが出られるかどうかというところで、週の頭の見通しでは出走予定ゼロでした。


時間もあるし、そろそろシルク申し込み馬の選定にかかりたいです。

 

今回は会社の後輩が新規入会チャレンジするそうです。

今のところプチノワールの20に興味があるようですが、兄姉は僕が出資していたローブティサージュを始め複数のレースを勝っている馬が多い走る血統ですし、杉山晴紀厩舎なので、文字通りチャレンジになりそうか。

 

 

東京だけでなく僕のいる神奈川も日に日にコロナ陽性反応者の数が増えています。

埼玉も千葉も含めて、また緊急事態宣言が出そうです。

それだけ人の動きが活発なところです。

 

今次こそ入手しようと考えていた青春18きっぷも結局買わないままに。


 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。