ヨシベエの観劇感激日記

ヨシベエの観劇感激日記

ミュージカル好きのヨシベエのブログです。特にミュージカル俳優の平方元基くんの大ファンです。映画と音楽も…あ、それからプロ野球の広島カープも大好きで、観劇と映画鑑賞の感想を中心に、時々カープのことも熱く語りたいと思います。よろしくお願いします。

実は先日の呉の「鉄のくじら館」に行った時、主人の職場から緊急の電話が入り、どうやら主人の職場で大変な問題が起こったそうで…

(「鉄のくじら館」の記事はこちら↓)


せっかくのドライブなのに、急遽打ち切り!チーン
その対応のために一旦家に帰り、主人はそのまま職場へ…ショボーン

で、呉からの帰りに一緒に観ようね〜と言っていたのがこの映画なんですが、結局一人で観に行くことに!口笛




【作品紹介】
2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化。カンヌをはじめ数々の広告祭で受賞歴を持つCM界の巨匠・江口カンが監督を務め、「20世紀少年」「GANTZ」の渡辺雄介が脚本を手がける。

【あらすじ】
超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく。。。
相棒ヨウコを木村文乃、ボスを佐藤浩市が演じるほか、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理ら豪華キャストが集結。
(以上、映画.comより)

【キャスト】


……………………………………………………


男の人が好きそうかな〜というのと、岡田准一が出ている(←好きラブラブ)というので選んだんですが、何というか…

いや、狙いはね、面白いと思うんですよ。
完璧すぎる殺しの天才であるファブル(岡田准一)が、「決して殺しはしない!」と自らに課し、あくまでも「普通」の人間として1年間を過ごす…

いや、設定としてはめっちゃ面白いし、どんな「普通人」の日々が描かれるのかと期待したんですけどね…滝汗


「殺し屋」としての生き方しか知らないファブルにとって、「普通」の意味がまずわからない!
そこが笑いのポイントでもあり、その常識はずれの「普通」を大真面目に実行する強面のファブルの姿や行動に、観客は笑ったりびっくりしたりちょっと微笑ましく思ったり…てへぺろ

という展開になるかなと(勝手に)思ったんですが…ショボーン


いや、そういうところもあるし、そこは笑えて良かったんですけどね、なんかね、中途半端なんですよね!

シリアス路線を狙っているのか、コメディ系路線を狙っているのか…どうもはっきりしなくて、ちょっとイライラしました。

また、「売り」であるアクションシーンや銃撃シーンなんです、最初はなかなかカッコいいと思ったし、特にファブルの登場シーンなんか岡田くんの動きといい演出といい本当に計算し尽くされたキレの良さと迫力で、グイグイ魅せるものがあったと思います。
(ちょっとグロ過ぎて目を背けたくなるところもあったけど…あせる

でもね、ちょっとしつこいというか…ショボーン

ファブルが殺しを封印するのはいいんです!
でも、その分、そのファブルを狙う殺し屋たちの殺しがね、全く何の美学もないというか…(いや、殺しに「美学」を求めてはいけないんでしょうけど…汗)
殺しのための殺しに過ぎず、しかもあまりにも簡単に人を殺しすぎる!ガーン
そのシーンも、とにかくグロすぎてエゲツすぎて、もうやめて〜!と叫びたくなったほど…えーん

せっかくのファブルのほのぼのとした!?キャラクターが全然活かせていなくて、私的にはほんと残念…

 
登場人物はね、それぞれよくキャラが立っていて良かったと思うんですよ!
(ムダに豪華キャストだし…σ^_^; )

ファブルの岡田准一のキレキレのアクションや、本人大真面目のすっとぼけた「普通」の表現とか、さすがだな〜って思うし(ただ、やっぱりちょっとおっさんくさくなったかな…あせる)、その「相棒」にして「妹」として暮らすことになるヨウコ役の木村文乃も、いつもの?クールビューティ系ではなくコメディエンヌ系の可愛さと存在感で、美味しいとこを持って行っていました。ニヤリ
(原作知らない人間にはもう少し親切にそのキャラ設定の説明を映画の中でやってほしかったけど…キョロキョロ

山本美月も、この前のドラマ『パーフェクト・ワールド』ほどあざとい演技じゃなかったし(←おいっ!^^; )、素直で可愛くでちょっと薄幸そうなヒロインがよく似合っていました。おねがい


でもね、やっぱり何といっても柳楽優弥!

この人、もう天才?デレデレ

出てきた瞬間に「やばいやつ」のオーラ全開で、もう目が離せない!爆笑

デビュー作からずっと注目していましたが、特にNHKの大河ドラマ『女城主直虎』の「親方」役でその魅力のトリコとなり、映画『銀魂』の土方十四郎役も大好きでしたが、その作品での小島役も、ほんとにしょーもない嫌な悪役なのに、なんか憎めなくて…アセアセ


「いっちゃってる」感で言えば、向井理もなかなかでした!ニヤリ

この前のドラマ『私、定時で帰ります』で一皮向けたかも〜?!なんて思ってましたが、柳楽優弥に負けず劣らず!?ヤバイ感がめっちゃ出ていてゾクッとしました…爆笑


それに比べると、福士蒼汰はね…
うん、「ヤバイ感」出そうと頑張ってるんだけど、もう一つ突き抜けられないの爽やかすぎるそのお顔のせい?!滝汗
小物感がすごくて、あのラストにも納得…かな?キョロキョロ

他にもいろいろ大物!?の殺人鬼とか出てくるんですが、なかなか見分けつかないし、もったいない使い方の人が多かったような…?キョロキョロ


いずれにせよ、やたらバイオレンス的なシーンが多くて食傷気味になり、敵役のキャラを楽しむ?!どころではなかったのが本当にもったいなくて…

もっと「ザ・エンターテイメント」的な作り方ができなかったかな〜と、残念な気持ちになっちゃった…というのが正直な感想です。アセアセ


あ、でも観終わった後の満足感?としては実はそこまで悪くはなくて、続編があるなら観たいな〜とも思っちゃって…ニヤリ

これもやっぱり岡田准一マジック!?ウインク


あ、エンドロールが流れ始めても退席しちゃダメですよ!(実際に何人もいたけど!)

このシーンが一番面白かったかも…てへぺろ