新しいベビー肌着は最高のニットで作ります! | シルクふぁみりぃブログ

シルクふぁみりぃブログ

 シルクふぁみりぃの店主が日々の出来事や、新製品の情報など色々なことをお知らせしております。


テーマ:

スタッフブログで、先にご紹介済みですが、ステキなベビードレスが出来上がって参ります。
ただいつ、出来上がるか……それはまだ未定なんです。

なぜかというと、この生地を編み上げるのがメチャ難しいからなんです。
でも、肌触りも良くて、優しい風合いでコットンと絹なら、編みにくいニットでも、是非頑張って編んでほしい……です。

内側は細い糸で編み上げたスベスベのシルクで、外側はオーガニックコットンで編み上げてあるのです。

弾性糸を一切使わずに、薄地の二重編みになっています。
このニットだったら、赤ちゃんもホントに気持がいいだろうなって思うんです







縫い目や縫い代は外に出してあります!

縁のテープや、ヒモはオーガニックコットンの特注製品なんですよ。


裏がスベスベの光沢もあるシルクで、表側はオーガニックコットンなんです。



足口にはボタンもついていますので、少し大きくなっても肌着としてご利用いただけます。


ステキな生地で、着心地のいいベビードレス……。
私も、もう1人産みたくなりますね。

ちなみに、夏目漱石はお母さんが50才のときの子供で、昔はその年で産むと
『恥かきっ子』と言われ、出産後すぐに養父母にもらわれたそうです。
その後も波乱に満ちた中で育ち、それがよかったのか、彼の運命だったのか、日本を代表するような小説家になった事実は、あまりにも有名です。

私は中学生の頃に『吾輩は猫である』を読みました。
その後、何編かを読みましたが、何をいつの時代に読んだかを覚えていない自分がいます。
40~45年前の話で、早いもので半世紀が過ぎようとしています。

若い頃、大好きだったのはドストエフスキーで、複雑で入り組んだ登場人物がわからなくなってしまうので、関連をメモしながら読んだものです。
カラマーゾフの兄弟
白痴
中でも上の二つが大好きで、何度も読み返しました。
その後の自分の人生に、大きな影響をもらった気もします。

ほとんど中学生から20歳までに読んだかと思います。
ヘルマン・ヘッセも大好きで『デミアン』『車輪の下』や『知と愛 ナルチスとゴルトムント』を読んで、すごく感動した少女時代で、今書いていても懐かしいです。

日本の小説もよく読みましたが、やはり大きな印象が残っているのは海外の作品でした。
長い時代を淘汰されずに残っている作品は、やっぱり大きいのでしょうね。

いっぱい読みましたが、心に残った作品を上げさせてくださいね。

『大地』 パールバック
『嵐が丘』 エミリー・ブロンテ
『風と共に去りぬ』 マーガレット・ミッチェル
『ジェーン・エア』 シャーロット・ブロンテ
『赤と黒』 スタンダール
『狭き門』 ジイド

以上が印象深かった作品ですが……
私が何より好きだったのは実は
赤毛のアン』で、このシリーズは小学生から中学生のころに全巻(8巻ほど)読みました。
グリーンゲイブルズは、私の第二の故郷って感じなんです。
(マリラとマシューは、私のおじさんとおばさんみたいな気持!)

アンの住む世界が大好きでしたが、今、テレビで関連のドラマがやっているそうですね。
終わった頃に、全部をまとめて見たいです!!

話がとんでもない方向に行ってしまって、スミマセン。
今の私は赤毛のアンではなくて、靴下屋さんです。

いつも、本当にありがとうございます。
これからも末永くよろしくお願いします。


 
シルクふぁみりぃブログ できましたら、クリックよろしくお願いします!!
いつもありがとうございますベル