新しいニット生地のカラバリ肌着が生まれてくるかナ?! | シルクふぁみりぃブログ

シルクふぁみりぃブログ

 シルクふぁみりぃの店主が日々の出来事や、新製品の情報など色々なことをお知らせしております。


テーマ:
新しいニット生地のサンプルができてきました!!
まだかまだかと待っていました!

一度ビーカーで染めた(ビーカー染めと言って本格的に染める前に試験的にサンプル染をしてくれるのです)生地を少しずつ持ってきてくれました。
それは、スタッフブログでご紹介しています! こちら

私は、その1段階前の試作までは見せてもらっていたのですが、編みにくい生地で、一旦持ち帰ってしまったそうなのです。

1段階前の生地はすべすべふわふわで私は大好きでしたが、少しだけ伸縮幅が少なくて、ボトム系に向かないということで、やり直しということになっていました。

そ・れ・が、なんとフレンチ袖の肌着に縫製されて、戻って来てくれたのです。
(デザインは仮のデザインです!)

マルベリーを薄地にしてやわらかくした感じのニットです。
肌に当たる部分は、完全に絹100%でフワァ~と伸びる感覚は、とても天然繊維とは思えない独自の風合い

これって、一体何だろう?
例えられない感じですが、聞いてみるとなんと、ストッキングを編むような目の細かい機械で編み上げているとか……。

細い番手の絹とコットンで、ものすごく時間を掛けて、伸縮も出るように工夫して編み上げているらしいのです。
マーガレットや、マルベリー、カモミール、絹腹巻、全部この工場で編んでくれています。
その中でも、一番編みにくい製品だとか

「この機械に絹糸と綿糸をかけて編めって、ほんまは絶対にやりたないんですけど、シルクふぁみりぃさんのためやったら、頑張りますわ~!」

仕事仲間というよりも、もうお友達関係なので、断れなくなってしまっている…のでしょうねぇ。申しわけないです。

私もちゃっかり試着しました。
え、なんで私が着ても、こんなにゆったりしてるの?
マルベリーは、人気商品ですが私にはタイトで着れません……!
なのに、この生地はSサイズの高村が着ても、Mサイズの愛子が着ても、LLサイズの私が着ても大丈夫なのです。

このなめらかな独特の風合いは、シルクふぁみりぃの人気肌着になってくれそうな、そんな将来有望感が溢れています。








内側のシルクが、光って見えます。

カラーの写真は、スタッフブログと同じものしか、まだありませんが、こんなキレイなカラーになったら、夏はアウターに着てしまいそうです。



ピンクとネイビーとグレーがいいかなって愛子が言っておりましたが、スタッフ高村や松田が生成も是非……と言っています。

私は生成は「縫い目外側」を作ってもいいかなって思います。

このニットは、細い糸で編み上げて薄地なのですが、天然繊維の糸は細いほど価格が高いのです
鈎針や、棒針の手編みウール糸は別ですが、機械にかける糸は、良いものでないと細くできないので、原材料がとても上質な絹やウール、コットンになります。

そして目が細かくて糸が細い分、編み上げるための時間が、延々とかかり……、価格がリーズナブルとはいかないらしいのです。

でも生地が良いので、デザインをもっと工夫したブラや、ショーツ、そのほかいろいろな製品を作っていけたらいいですね。

昨年ニューヨークに行きましたが、在住の人たちから、すごく依頼されている肌着があります。
それは、Tバックまではいかないけど、もっと面積を少なくしたシルクのショーツなんです。
ナイロンやポリエステル素材のショーツしか売っていなくて、大切な局部を絹でケアしたい……でも、リラックスショーツやマリーショーツは、パンティラインが出てしまうので、はけないそうです。
(おしゃれ度合いが日本と違うのでしょうねぇ!)

うーん、うちでそんな肌着は作れないよ~と申しておりますが、一度絹を身につけると、もうナイロンには戻れない……でも、このデザインではアメリカでは浮いてしまって、履く気になれない……ということです。

昨年から依頼されていましたが、どの生地で作ったらいいのかなぁって思っているだけで、進んでいません。
この生地なら薄地なので、ラインを気にせずに素適なショーツが作れるかも……!!
(別にアメリカ進出を希望していませんが、友人がたくさんいて、むげに断れないのです


私の場合、どんな商品も全部、こんな調子で作ってきました。
最初はエコシルク5本指靴下だけでした。
でも、すべすべした絹の5本指靴下が欲しいというお客さまに応えて、高級絹紡糸で作りました。
そして、コットンの5本指靴下も作って欲しいというお客さまに応えてオーガニックコットンの糸で作りました。
先丸靴下も同様です!

スパッツは、スパッツ工場の社長さんに、
「この絹のスパッツ、高いけど販売してや~」
と頼まれて販売!
お客さまに、こんなに喜んでいただけて……と、絹コットンスパッツも作って販売!

このスパッツみたいに絹とコットンで編んだ生地の肌着が欲しいというお声が高まり、ニット生地を作って縫製できるようになりました。

うーん、アメリカ在住の方々のご希望は、今も連絡が来ます。
今度、こんな形で作って欲しいというサンプルを送るとまで言ってきています。

アメリカには、シルクの肌着はおしゃれ用の製品しかなくて、それもすごく高価なのだそうです。
すべすべして、きれいな絹ですが、薬品処理がしっかりされていて、健康に良いとはいかないんですね。
健康とシルクが、まだリンクしていない……ということです。

シルクふぁみりぃの製品で、とても体の調子がよくなったという方々からのご要望です。

生まれてくる予定の子(製品)なら、時間がかかっても、きっと生まれ出てくるのだと思います。
私は、自分を製品の産婆(助産婦)さんだと思っているのです。
自分の意思よりも、周りからどんどん進んでくるのです。
生まれてくる子の邪魔だけはしないように、心がけています。

確かに日本でも、肌を覆う面積の少ない(!?)おしゃれなショーツが欲しい方がおられるかも知れません。

カラバリでおしゃれに絹100%を肌にできましたら、現在のこのデザインじゃぁあ着れない……という、これからの若い世代にも絹を着てもらえそうです。

私も、そういえば20代のころは、面積の少ない目のショーツをはいていました。
最近は、生地をたくさん使うショーツが好みになっておりますが……。

ショーツに限らず、おしゃれな製品も、面積を多めに覆う製品も、感動して着用できるいろいろな製品を、これからも作っていきたいです

また、ご意見などよろしくお願いします。



シルクふぁみりぃブログ できましたら、クリックよろしくお願いします!!
いつもありがとうございますベル

シルクふぁみりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります