国産繭で作るシルク毛布は、シルクふぁみりぃ特製です!! | シルクふぁみりぃブログ

シルクふぁみりぃブログ

 シルクふぁみりぃの店主が日々の出来事や、新製品の情報など色々なことをお知らせしております。


テーマ:

これから夏真っ盛りという、この時期に、温かすぎる情報でスミマセン!!


お庭では、ヒマワリやハイビスカスが毎日咲いていますよ~~♪

シルクふぁみりぃブログ


数年前から、お客様に聞かれました。

「シルクの毛布、無いんですか?」


いつもお答えしていました。

「うちは、作って販売していますので、広陵町に毛布を作れる工場はありませ~ん^^;」


でも、何度も、たくさんの方が言われました。

「シルクふぁみりぃさんが選んだシルク毛布を買いたいので、良いものを、なんとか探してください」


それじゃ~と、昨年から7~8枚のシルク毛布を取り寄せました。

「こんなん違う!これでもない!これはアカン!」


どうしても、「これ!こんな毛布を販売したい!」というのがありません。


そんな中、どうしても取り寄せできない、ある工場が気になりました!


私、なぜか「ここで作った毛布しかない!」そう思ったのです。

製品も見ていないのに、なぜか?

直感でしょうねぇ!すごい製品だという匂い(?)がしました!!


そして昨日、毛布の本場大阪の泉州へ行ってきました。


ものすごく、たくさんある工場のなかで、私はその工場を目指しました!!

工場の名前はシークレットです。わかってはいけないそうです。


訪問のお約束をするために、お電話をしたときのことです。


「なんで、うちを知ってるんですか?うちは、どこにも名前出してませんけども」

まず、そう聞かれました。


「はい、たくさんの資料の中で、お宅を選ばせていただきました。

よろしくお願いします!でも、お宅の製品は取り寄せできないので、していません」


「なんで、うちが一番いいもの作ってるって、わかったんですか?」


「やっぱり、そうですか?それは、カンです!」

本当に、それしかなかったのです。

いいもの好きのカンですね。
シルクふぁみりぃブログ

上は商品サンプル毛布のほんの一部です。


皇室献上品もあり、海外の超有名ブランドのロゴ入りもありました。


でも、絶対に表には出ない工場なんです。


「うちは、国内で最高のもんを作ってる。絹糸かて、中国へ行って直接ええもんを買い占めてきてる。

でも、わしら工場のもんが前に出たらアカンねん。

販売する人が前に出んとアカン。

うちのシルク毛布は10万円で売ってる人もいる製品や。でもな、5万円で売る人もおる。

そやから、工場を特定されたら販売する人が困るからアカンねん!」


写真も、特定できないように!ということです。
シルクふぁみりぃブログ
上の毛布は、ここでも初めて作る、国産繭で作ったシルク毛布です。

国産の繭は数が限られているので、数量は決まっています。

この繭は福井の繭です。


まだ1枚だけのサンプルです。


私は、そんなこと知らずに、価格も説明も書いていない、た~くさんのサンプルの中から、これをチョイスしました!

そして縁も絹の布でくるんで欲しいとお願いしました!

絹100%では弱いので、縦糸綿、横糸絹で織った生地でくるんでもらうことにしました。

毛羽部分がシルク100%でも、縁がゴワゴワした化繊だとイヤなんです。


この毛布は、サンプルとして出来上がったところだったみたいです。

下の紙が挟まれていました。

シルクふぁみりぃブログ

最高級品という毛布なんです。

布を織るところから作るので、シルクふぁみりぃのネームを付けてくださるそうです(^-^*)


この毛布を、私、できるだけリーズナブルに販売させていただきたいんです!!


下の写真の毛布は、もう一つの製品です。

こちらは、ワイルドシルクの毛布で、縁は綿100%のブレード使いです。

上でご紹介した毛布よりも、少し薄地で軽い高級毛布です。

シルクふぁみりぃブログ

最後に、工場も見せていただきました。

毛布は、元の絹糸と、起毛がすべてなんですね。

もとの生地は、高級な光沢シルクで織られたデニム地のような生地なんです。

それをすご~く大きな機械で、何度も何度も起毛します。


生地を織る、元の絹糸の品質が、できあがった毛布の風合いを大きく左右するそうです。


「いつも、わし、客に言うねん。うちの絹毛布は1回裸で使え!」ってな。

すごく、わかりやすいお言葉でした!!

シルクふぁみりぃブログ
工場では、たくさんのロール状の機械があり、た~くさんの生地が起毛されていました。

シルクふぁみりぃブログ

絹のことも教えていただきました。

毛布のことも、教えていただきました。


すごい社長さんで、話していると、楽しくていくらでも時間が経ってしまい、申し訳なかったです。


生地を織って、起毛して、絹布の縁を縫いつける。


1ヶ月以上かかる作業ですので、早めにお願いしてきました。


他には、真綿ふとんがありました!!

こちらも、私、大好きなんです。


一番外側上下が絹ガーゼで内側の4層が綿ガーゼの6重層ガーゼケットもありましたが、普通の掛け布団と同じサイズで、少し大きいかなって思いました。


取材と仕事で行きましたが、とっても楽しい一日になりました。

個性豊かな社長さんの、一言一言がとっても貴重な言葉ばかりで、本当に楽しかったです。


秋ごろから販売開始させていただきます。


よろしくお願いします♪


シルク毛布のことで、いろいろなご意見をくださった方、ご要望くださった方、本当にありがとうございま~す。


納得できる製品を販売できますこと、本当に嬉しい限りです。


シルクふぁみりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります